フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 蓮舫はいつ辞めるのか? | トップページ | 慶応「広告学研究会」の驚愕 »

2016年10月16日 (日)

新潟でも脱原発知事


任期満了に伴う新潟県知事選は16日投開票され、無所属新人で
医師の米山隆一氏(49)=共産、自由、社民推薦=が、
前同県長岡市長、森民夫氏(67)=自民、公明推薦
▽元団体職員の三村誉一氏(70)▽海事代理士の後藤浩昌氏(55)
の3新人を破り、初当選が確実になった。
米山氏は現状での東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に反対している。
7月の鹿児島県知事選でも九州電力川内(せんだい)原発の
一時停止を求める三反園訓(みたぞのさとし)氏が当選しており、
政府の原発政策に影響を与える可能性が出てきた。
(毎日新聞 10月16日(日)21時55分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161016-00000051-mai-pol

新潟のメディアがどのように報じたのかは知らないが、
ここでも脱原発を主張する知事が誕生してしまった。

「羮に懲りて膾を吹く」とでもいうのだろうか、
福島原発は地震や津波で壊れたのではなく、
全電源喪失という極めて特殊な事情で
事故が起こってしまった。

米GM社製の原発だったことも不幸であった。

確かドイツの原発だったと思うが、
ここの原発は大丈夫か、と問われて、その担当者は
「この原発は大丈夫」と太鼓判を押したという。
そして「なぜか?」という問いに対して
「日本製だから」と答えたという。

日本の原発は、それほどまでに信頼性が高い。

しかしながら、原発再稼働ができないとなると、
新規原発建設は夢のまた夢ということになる。

ここでも日本の大切な技術が
失われていくのだろうか?

中国製の危険な原発がどんどん建設されているようだから、
日本も輸出によって技術だけは維持してもらいたい。

新幹線のような高速鉄道はまだしも、
中国製原発が世界中に拡散するような事態だけは
避けなければいけないと思う。

それにしても日本人というのは、
もう終わりなのでしょうか?


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« 蓮舫はいつ辞めるのか? | トップページ | 慶応「広告学研究会」の驚愕 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64358634

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟でも脱原発知事:

« 蓮舫はいつ辞めるのか? | トップページ | 慶応「広告学研究会」の驚愕 »