フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 朝日「生前退位」から「退位」へ | トップページ | 蓮舫はなぜ嘘をつくのか? »

2016年10月30日 (日)

意味を問わぬ国


クリスマスは、ケーキを食べ、
子供の枕元にプレゼントを置く日。

バレンタインデーは、女から男へ
チョコレートを贈る日。

そして、ハロウィンは仮装をして
馬鹿騒ぎをする日。

こうした現代の日本の風潮は、幼いときから、
日本の伝統・文化について、その意味を教えられることが
なかったからではないだろうか?

日本の祝祭日は、そのほとんどが皇室に由来するものだが
その本来の意味を知る人がどれだけいるだろう?

日本の初代天皇の名を言える人が、
どれだけいるだろう?

日本の国の成り立ちを記した
古事記や日本書紀を読んだことのある人が
どれだけいるだろう?

意味を問わぬと言うことは
大きな問題をはらむ。

日本人が海外に出て、「日本とはどのような国?」
と聞かれた際に、日本人はどのように答えるのだろう?

従軍慰安婦や南京大虐殺についても歴史の真実を学ばねば、
怒る中韓の人々に謝るしかなくなってしまう。

いま米国では、残虐な日本軍を止めるためには
原爆投下は正しかったという
「KILLING THE RISING SUN」という本が
ベストセラーになっているらしい。

この本が翻訳され、それを読んだとき、
多くの日本人は「日本は悪かったんだな」
と思うのではないか?

意味を考えないことは、それほど恐ろしい結果を招く
ということなのです。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« 朝日「生前退位」から「退位」へ | トップページ | 蓮舫はなぜ嘘をつくのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

物事の本質、根源、時間経過の変遷、それらの知識は必要です。記憶していないまでも、その感覚でも身につけていないと、すぐに惑わされて騙されます。
ちょっとした「権威」めいた者からもっともらしいことを教えられると、すぐに「悪い意味で素直に」飛びつきます。

公共の場で、他人の迷惑を考えない、押しつけがましいバカ騒ぎにしか見えないハロウィンは象徴的ですね。価値観の共有もなく、解放感に共感もできるものではありません。
実際のところ、商売戦略のマーケティングの結果でしょうから、「日本独自」の現象という分析も聞かれて頷けます。

GHQ残滓のような傍若無人の白人たちにもむかつきますが、それに調子を合せる日本人(なぜか女性が多い印象)も情けなく感じています。

コメントありがとうございます。仰ることはよく分かります。まあ、僕もあまり偉そうなことを言えた義理ではないのですが、恵方巻きとか言って、太巻きをくわえて丸かぶりする習慣が定着したあたりから「日本人って大丈夫なの?」と心配になってきました。「右向いて歩けばいいことあるよ」と言われたら、渋谷のスクランブル交差点を、みんな右向いて歩き出すんじゃないか。少しは「それってどういう意味があるの?」って考えようよ、と思うんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64418792

この記事へのトラックバック一覧です: 意味を問わぬ国:

» 歴史の真実を学ばねば謝り続けるしかなくなる・・・ [母さんによる徒然・・・]
◯戦後日本に残って「在日」になったのは外 務省によれば245人だけでした。それ以外は 白丁(ペクチョン)と言われて極端な差別から 逃れてきた多くの人たちと貧しい韓国から脱 出し、経済的なチャンスを求めて日本に渡っ てきた少数の人たちです。。。(# ゚Д゚)!!! http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1125.html... [続きを読む]

« 朝日「生前退位」から「退位」へ | トップページ | 蓮舫はなぜ嘘をつくのか? »