フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 豊洲新市場と東京五輪 | トップページ | 小池都政、今のところ100点 »

2016年10月 1日 (土)

田母神俊雄氏、やっと保釈

平成26年2月の東京都知事選をめぐる元航空幕僚長、
田母神俊雄被告(68)陣営による運動員買収事件で、
選挙運動員に現金を配ったとして公職選挙法違反(運動員買収)罪に
問われた田母神被告について、東京地裁は29日、保釈を認める決定をした。
田母神被告は保釈保証金600万円を即日納付し、保釈された。
(産経新聞 9月29日(木)16時51分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-00000549-san-soci

4月に逮捕されて約半年、一体いつになったら保釈されるのか
と気になっていたのだが、ようやく保釈となったようだ。

通常2カ月の拘留期間の所、裁判官の判断で1カ月ずつ
延長されてきたのだという。

保守系の政治家が逮捕されると、
左翼メディアは激しく叩くが、今回のケースはメディアではなく、
司法の対応が異常であったということだろうか。

この件は都知事選を共に戦ったチャンネル桜の水島氏が、
田母神氏を横領の罪で告発したことに端を発しているが、
結局のところ横領では起訴されず、運動員買収という
あまり聞き慣れない罪で起訴されている。

チャンネル桜の水島聡という人は、
元在特会の桜井誠氏を批判したり、田母神氏を告発したり、
考え方が近いはずの保守の人間を攻撃ばかりしている。

こうした「自分だけが正しい」というような態度では
仲間を失うだけで、保守勢力をまとめて国を動かすことなど
とてもできない。

今回の件は、保守勢力の期待の星であった田母神氏が
不用意にも嵌められてしまった事件だと僕は想像する。

根拠を示せと言われると困るが、
それ以外に考えられない。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« 豊洲新市場と東京五輪 | トップページ | 小池都政、今のところ100点 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64281407

この記事へのトラックバック一覧です: 田母神俊雄氏、やっと保釈:

« 豊洲新市場と東京五輪 | トップページ | 小池都政、今のところ100点 »