フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« なじめぬ言葉 | トップページ | 過労自殺の闇 »

2016年10月 9日 (日)

追い詰められたトランプ

米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が、
低俗で性的に過激な言葉を使い女性について語る映像が7日、
米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)により公開された。
トランプ氏が女性を蔑視しているとの主張がさらに裏付けられた形だ。
3分間にわたる映像は2005年9月撮影とされ、米国のケーブルテレビ各局で
直ちに放送された。その中でトランプ氏は、女性の体を触ったり、
既婚女性に性的関係を持ちかけたりしたことについて自慢げに話している。
トランプ氏は卑猥な言葉を使い、自分はとがめられることなく
女性の体に触れられると豪語。「スターなら、女性はやらせてくれるんだ」
「プッシー(女性器を指す俗語)をつかんでね。何だってできる」と語っている。
AFP=時事 10月8日(土)7時40分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161008-00000004-jij_afp-int

ジョークにしても、確かに品がなさ過ぎますね。

トランプは、グローバリズムにより生み出された超格差社会を解消し、
アメリカファーストの政策を実現してくれるという期待から、
米大統領としての資質には目をつぶる形で熱狂的な支持を受けてきました。

しかしながら、米国はグローバリストに完全に乗っ取られているため、
そのグローバリストとの妥協なしに大統領になることは難しいだろう
と予想されてきました。

今回の件を見ると、まだトランプとグローバリスト、
つまりキングメーカーとの話はついていないようですね。

これでトランプは終わってしまうのでしょうか?

まあヒラリー・クリントンも、脛にいくつもの傷を持っているので、
まだどんな醜聞が出てくるか分かりません。

それにしても今回の米大統領選は酷いですね。

1%の大富豪と99%の貧困層という米社会の理不尽さは理解できる。
そこに溜まりに溜まった米国民の不満のマグマが
爆発的に噴出しているのも分かる。

しかしながら、その理不尽な米社会を正すヒーローとして、
トランプという男はあまりに相応しくない印象があります。

もっとも彼のようなイカレタ男でなければ、
キングメーカーにケンカを売るような恐ろしいことは
できなかったかも知れません。

このまま大統領になって、キングメーカーを無視すれば、
最悪の事態さえ想像されるのですから。

共産主義による世界同時革命は実現しませんでしたが、
グローバリズム、つまり金の力による世界統一も、
どうやらうまくいかないようです。

支配階級と被支配階級に二分化された世界は、
いずれにしても長続きしないと
いうことなのでしょう。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« なじめぬ言葉 | トップページ | 過労自殺の闇 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64323603

この記事へのトラックバック一覧です: 追い詰められたトランプ:

« なじめぬ言葉 | トップページ | 過労自殺の闇 »