フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 早朝の地震・津波速報 | トップページ | いつまでかかる米選挙集計 »

2016年11月23日 (水)

トランプ勝利に今なお異論


今月8日に投開票された米大統領選をめぐり、激戦となった一部の州で
票数が不正に操作されたり、コンピューターシステムへの不正侵入が
あったりした可能性を、著名な専門家らのグループが指摘していることが
23日までに分かった。
ミシガン大学のコンピューター科学者、アレックス・ホルダーマン教授らに
よると、大統領選で民主党地盤とされながら共和党の
ドナルド・トランプ氏が制したウィスコンシン、ミシガン、ペンシルベニア
各州の集計結果に不審な傾向がみられるという。
同教授らのグループは17日、敗北した民主党候補、ヒラリー・クリントン氏の
陣営幹部らに対し、3州の再集計を要請するべきだと申し入れた。
(CNN.co.jp 11/23(水) 14:29配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-35092618-cnn-int

いまだにこんなニュースをCNNが取り上げるということは、
米支配層とトランプとの話がついていないことを物語っている。

トランプは本気で米国を変えるつもりのようだ。

選挙結果を認めない。

すでにヒラリーが敗北宣言をしたにもかかわらず、
再集計を求めよという。

CNNを誰が所有しているのかがよく分かる。

しかしながら、もし不正があったとしたら、
それはヒラリーサイドではなかっただろうか?

トランプが圧倒的優位な情勢の中で、
集計が全く動かなくなった約2時間の謎。

集計開始から常に得票数ではトランプが100万票程度
上回っていた票差が、最終集計ではまさかの逆転。

トランプが60,375,691票(約47.3%)
ヒラリーが61,047,207票(約47.8%)
とヒラリーが約67万票上回った。

選挙人獲得数はトランプが306人、ヒラリーが232人と
圧倒したにもかかわらずだ。

得票数と選挙人獲得数が逆転したのは、
ブッシュvsゴア以来だが、あの時は選挙人獲得数も
ブッシュ271人、ゴア266人と大接戦だった。

まあ、大票田の州で大差をつけて勝てば有り得ることだが、
選挙人獲得数でヒラリーが上回っているときも、
つねに得票数では100万票差を保ち続けているのを
見ていた僕としては、釈然としない結果だった。

異様なデモや誹謗中傷など
とにかく米支配層は、これからもトランプに対し、
さまざまな揺さぶりをかけてくるだろう。

トランプが大統領に就任し、実際に政治活動を
始めるまで目が離せません。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon


« 早朝の地震・津波速報 | トップページ | いつまでかかる米選挙集計 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64533571

この記事へのトラックバック一覧です: トランプ勝利に今なお異論:

« 早朝の地震・津波速報 | トップページ | いつまでかかる米選挙集計 »