フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 働くことが生きがいの国 | トップページ | 早朝の地震・津波速報 »

2016年11月21日 (月)

悠仁親王殿下の交通事故

紀子さまと悠仁さまが乗られた車が渋滞中に追突事故を起こした背景には、
天皇、皇后両陛下や皇太子ご一家とは異なる宮家の皇族方の警備事情がある。
両陛下や皇太子ご一家が車で出かけられる場合、前方を白バイなどが先導し、
後方に警備車両が続く。通過する一般道の信号を全て青信号にし、
高速道路も交通規制するため、渋滞に巻き込まれることはない。
一方、皇位継承順位第2位の秋篠宮さま、第3位の悠仁さまがおられる
秋篠宮ご一家であっても例外ではなく、宮家の皇族方には後方に警察の車両が
1台配置されるだけで、交通規制も敷かれない。
両陛下をはじめ皇族方は交通規制で一般社会に迷惑をかけたくないとの意向を
持たれているが、警備関係者は「重大事故に遭われてからでは遅い。
今後、態勢を見直す必要があるかもしれない」と話している。
(産経新聞 11/20(日) 19:14配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161120-00000538-san-soci

ご皇室の日常生活は、我々一般人には分からないことが多いが、
皇位継承順位第3位の悠仁親王殿下に対する警備が、
これほど手薄なことに驚かされる。

今回の交通事故はご無事で何よりであったが、
偶然の事故であったのかどうか、いやな情報もある。

今年8月27日のテレビ朝日「朝まで生テレビ」で、
司会の田原総一郎が皇位継承に関して
「悠仁様は事故に遭う可能性があるから愛子様でいい」と
何度もしつこく発言しているのだ。
https://www.youtube.com/watch?v=kaemBWOEmgI

「事故に遭う可能性」などと不敬なことこの上ないが、
ご無事ではあったがその事故が実際に起こったのである。

田原総一郎の予言は、当たってしまったのだ。

田原総一郎には、霊感は備わっていないと思われるため、
「そうした企みがあったのではないか」ということすら
邪推される。

なぜ、田原総一郎が「朝まで生テレビ」で何度もくり返し
「悠仁親王殿下が事故に遭う可能性」に言及したのか、
彼に問いただす必要があるのではないか?

もちろん彼が事実を話すとは思えないが、
(ちょっと惚けてきているので話してしまうかも知れないが)
皇室に不穏な勢力が入り込んでいる可能性もある。

今上陛下の譲位に関するお言葉といい、
それに対する政府の対応に関してもそうであるが、
国民の無関心に乗じて、皇室が内部から崩壊の危機に
晒されているのではないかと心配される。

しかも、こうした事態が起こっても、
宮内庁の西村泰彦次長は
「警備体制の見直しは考えていない」という。

いったいどういう事態が起こったら、
皇位継承順位第2位の秋篠宮文仁親王殿下、
皇位継承順位第3位の悠仁親王殿下の
警備体制を見直すというのだろう?


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« 働くことが生きがいの国 | トップページ | 早朝の地震・津波速報 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64525569

この記事へのトラックバック一覧です: 悠仁親王殿下の交通事故:

« 働くことが生きがいの国 | トップページ | 早朝の地震・津波速報 »