フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 電通に異例の強制捜査 | トップページ | 米大統領選の不思議な結末 »

2016年11月 8日 (火)

報道Sの反トランプ報道

夜、家に帰ってきて、チラッと報道ステーションを見たら、
異様なほどの反トランプキャンペーンをやっていた。

明日にも結果が分かるというこのタイミングで、
なぜ極端な反トランプ報道をするのか、
不思議だと思いませんか?

トランプは米国を分断しようとしている。
ヒラリーはそれを一つにしようと呼びかけた。

トランプは移民を排除しようとする差別主義者。
ヒラリーはオバマ政策の継承者。

こうした論調は、事実を完全に歪めている。

1%の富豪と99%の貧困層と言われるように、
米国を分断しているのはヒラリーを支持している
グローバリストだ。

トランプが排除しようとしているのは不法移民で、
そもそも米国が多様な人種のるつぼともいうべき
移民国家であることは間違いない。

そして、ヒラリーのメール問題の根深さや、
米国民の大多数が感じている不公平・不公正に対する
不満のマグマにはほとんど触れようとしない。

これは何があろうとヒラリーを当選させるという
米国支配層の意思表示なのではないか?

報道ステーションは、そうした米国支配層の
片棒を担ごうとしているだけなのではないか?

ニューハンプシャー州ディックスノルビック村では
全米に先駆けて投票がはじまり、ヒラリー4票、
トランプ2票でヒラリーが勝利したという。

公正な選挙を望みたいが、今夜の報道ステーションを見ると
何となく不穏な事態が起こりそうな気もする。

とにかく第45代大統領は、明日の午後1時頃には
決定するようです。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« 電通に異例の強制捜査 | トップページ | 米大統領選の不思議な結末 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64463369

この記事へのトラックバック一覧です: 報道Sの反トランプ報道:

« 電通に異例の強制捜査 | トップページ | 米大統領選の不思議な結末 »