フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 日本死ね!は反日の合い言葉 | トップページ | 民進党・初鹿明博議員の日常 »

2016年12月21日 (水)

日韓断交への道

日本ではずいぶん評判の悪かった昨年暮れの「慰安婦」日韓合意だが、
それまで日本に「とにかく韓国に謝罪しろ」と命じていた米国が
はじめて韓国に「日本批判はいい加減にしろ」と言ったものだったようだ。

あの日韓合意以来、挺対協のような親北の民間組織はともかく、
韓国政府が慰安婦問題で日本批判をすることはなくなった。

しかしながら朴槿恵が失脚すれば、次の政権が日韓合意を破棄することは確実で、
そうなれば日本はめでたく韓国と断交することが可能になるのではないか?

韓国はもはや、日本と共通の価値観を持つ民主国家でもなければ
法治国家でもない。

韓国人の悪評は世界中に広まっている。

韓国と日本が断交して、日本が困ることは何もないし、
メリットを数え上げればきりがないだろう。

まず、韓国人を強制送還することで、
犯罪が劇的に減る。

生活保護をはじめとする社会保障へのただ乗り、
税金に関する優遇措置など
日本人が持っている不信感も解消される。

また、大腸菌にまみれた韓国食材が入ってこなくなることで、
ノロウィルスに悩まされることもなくなるだろう。

昨年暮れの日韓合意には、韓国の日本批判を抑えるだけでなく、
そうした断交への布石が打たれていたのではないか?

最近の韓国のあまりに低レベルなお家騒動を見ていると、
ますます期待は高まってきます。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« 日本死ね!は反日の合い言葉 | トップページ | 民進党・初鹿明博議員の日常 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64652124

この記事へのトラックバック一覧です: 日韓断交への道:

» ニダ・シナのプロバガンダ放送局解体すべし・・・ [母さんによる徒然・・・]
◯テレビがあるだけで受信契約の義務が 生じるなどという放送法64条がおかしい。 これはテレビ放送黎明期にNHKを受信料 制にして日本の放送業務を支えていこう、 という発想から出たもので、テレビ所有が 当たりまえの今の時代にはそぐわない。。(# ゚Д゚)!!! http://ryotaroneko.ti-da.net/e9208526.html... [続きを読む]

« 日本死ね!は反日の合い言葉 | トップページ | 民進党・初鹿明博議員の日常 »