フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 「毎日新聞」墓穴を掘って赤っ恥 | トップページ | 「毎日新聞」は告訴せよ »

2016年12月15日 (木)

本当に死にそうな民進党

カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備を政府に促す議員立法
「カジノ解禁法案」が14日夜の参院本会議で可決された。
参院で修正が加わったため、再び衆院に送られ、
15日未明の衆院本会議で可決、成立した。
いずれも、自民党や日本維新の会の賛成多数だった。
年金制度改革法案は14日の参院本会議で与党や維新の賛成多数で可決、成立した。 
民進、共産、自由、社民の野党4党が両法案に反対した。
強引な国会運営などを問題視し、同日夜、安倍内閣不信任決議案を衆院に
共同提出したが、15日未明、与党などの反対多数で否決された。
自民は内閣不信任案などの提出でカジノ法案の採決が15日未明にずれ込むと見越し、
14日までの今国会の会期を17日まで再延長したが、
同法の成立で臨時国会は事実上閉幕する。
(朝日新聞デジタル 12/14(水) 19:03配信)
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000085-asahi-pol

カジノを含む統合型リゾート法案の可決、成立は
15日の未明までずれ込んだようだ。

これによって遅くまで拘束されるのは、
国会議員だけではない。

国会運営に従事する様々な関係者が、
帰れなくなってしまうのだ。

余分にかかる経費も億単位だという。

どうしても通してはならないと考える法案を
全力で阻止しようというなら話は分かるが、
民進党を含む野党のそれは、自民党の邪魔がしたいだけ。

無意味な内閣不信任決議案まで提出して時間を引き延ばし、
「自分たちも頑張っていますよ」という
下らない、本当に下らないパフォーマンスに過ぎない。

だいたいカジノができてギャンブル依存症が増えるなど
ほとんどあり得ない。

日本中の各都市にカジノを含む統合型リゾートが
できるわけではないのだ。

ギャンブル依存症を云々するなら、
あらゆる都市のほとんどの駅前に存在する
パチンコ規制の話を避けては通れないだろう。

そのことについては全く触れずに、
基本的に海外からの旅行者を対象にしたカジノに対して、
おかしなイチャモンを付けているのだ。

国籍法と公職選挙法違反の疑いが極めて濃厚な
謝蓮舫を党首に戴く民進党など、
政党としてとっくに終わっている。

日本人らしい潔さというのが露程も見られないのは、
やはり日本人ではないからなんでしょうね。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« 「毎日新聞」墓穴を掘って赤っ恥 | トップページ | 「毎日新聞」は告訴せよ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64628749

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に死にそうな民進党:

« 「毎日新聞」墓穴を掘って赤っ恥 | トップページ | 「毎日新聞」は告訴せよ »