フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 流行らない流行語大賞 | トップページ | 何のためのカジノ法案 »

2016年12月 3日 (土)

「日本死ね」大炎上!

今日のブログで、「流行語大賞」に「保育園落ちた日本死ね」が
選ばれたことを記事にされた方が、ものすごく多かったことに驚いた。

僕がこれまで目にした中で、同じテーマで書かれた記事としては
最も多かったのではないかと思う。

そもそもの最初から、「日本死ね」という言葉は異常で、
保育園がどうのこうので出てくるようなものではなく、
反日臭がプンプン漂うヘイトスピーチであった訳だけれど、
今度はこれを「流行語大賞」に選んでしまった、
「ユーキャン」もしくは「現代用語の基礎知識」が
標的になっているわけだ。

まあ「中国」や「北朝鮮」では考えられないにしても、
同様の発言を「韓国」や「米国」、「欧州」でしたら
どうなるだろう?

それを議員が国会で取り上げることもなかっただろうし、
(悪い意味ではあるかも知れないが…)
その年の「流行語」に選ばれるなどあり得ないだろう。

「ユーキャン新語・流行語大賞」とは、
『1年の間に発生したさまざまな「ことば」のなかで、
軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって、
広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語を選ぶとともに、
その「ことば」に深くかかわった人物・団体を
毎年顕彰するもの。』だという。

「軽妙に世相を衝いた表現とニュアンス」など
ほとんど見当たらないのは如何なることか?

ある人は『「現代用語のクソ知識」など紙資源の無駄』と叫び、
ある人は『株式会社ユーキャン死ね』と叫び、
ある人は『「新語・流行語大賞」は今年で打ち切りにしよう』と叫んだ。

とにかくこの年末イベントが、通信教育の「ユーキャン」にとっても、
現代用語の基礎知識を発行する「自由国民社」にとっても、
イメージアップに繋がらなかったことは確かなようだ。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« 流行らない流行語大賞 | トップページ | 何のためのカジノ法案 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私家版、炎上大賞候補です。
・ゆーきゃん流行語大賞が日本呪詛で炎上。
・蓮舫「私は日本人です」。ごまかし炎上。
・鳥越語録、たわけすぎて炎上。
・シールズ解散したのかしないのか炎上。
・都合が悪いと「ネトウヨ」。トランプも「ネトウヨ」。
(最後のは創作です。失礼しました。)

いろいろありましたが、今年も早いもので、師走です。
風邪などお召しになりませんようご自愛くださいませ。

コメントありがとうございます。一年のスピードは増すばかりですが、今年はこれまで隠れていたさまざまなことが明らかになった年だと思います。来年はこれがひとりでも多くの日本人に広がる年になってもらいたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64577302

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本死ね」大炎上!:

« 流行らない流行語大賞 | トップページ | 何のためのカジノ法案 »