フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 安倍首相のフィリピンでの歓迎 | トップページ | 世界を狂わせるメディアの洗脳 »

2017年1月16日 (月)

36億人と富豪8人の資産が同額

『貧困撲滅に取り組む国際NGO「オックスファム(Oxfam)」は16日、
世界人口のうち所得の低い半分に相当する36億人の資産額と、
世界で最も裕福な富豪8人の資産額が同じだとする報告書を発表し、
格差が「社会を分断する脅威」となるレベルにまで拡大している
と警鐘を鳴らした。(後略)』
(AFP=時事1/16(月) 13:01配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000015-jij_afp-bus_all

日本でも格差は広がっていますが、
世界的に見ればマシな方なのでしょう。

かつて日本の経営者は、自分だけが儲かれば良いとは
考えませんでした。

日本最大の企業であるトヨタ自動車・豊田章男社長の年収は
約3.5億、日産のカルロスゴーン社長は10億を超え、
ソフトバンクの孫正義の年収は約93億だといいます。

以前このブログで取り上げたときは
豊田社長の年収は約2億円と今よりかなり少なかったですが、
外国人経営者と比べれば今でも断然低いです。

「会社は社員のもの」、社員を幸せにすることが社長の責任
という考え方が日本人経営者の経営理念の根本にありましたが、
いつ頃からか「会社は株主のもの」というおかしな考えが輸入され、
企業は短期の業績とそれを成果とする自己の収入増ばかりを
気にするようになりました。

そして会社の利益を社員の給与に振り向けず、
株主配当と役員報酬の拡大ばかりを図るようになったのです。

富豪というと、いつもマイクロソフトのビルゲイツがトップに上がりますが、
もっと稼いでいる金融資本家がいるはずですね。

発表された内容だけでも驚くべきものですが、
事態はもっと深刻なのかも知れません。

日本的な、みんなで力を合わせて、分かち合って生きていこう
ということが、世界を救う唯一の考え方だと思います。

ブレグジットも、トランプのアメリカファーストも、
白人の反乱でしかなく、
世界を幸せにするものではないでしょう。

しかしながら、格差を今以上に広げていく
グローバリズムよりはマシです。

この混乱の中で、日本がどこまで復権できるかが、
その後の世界を決定づけるのではないか
と僕は思います。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 安倍首相のフィリピンでの歓迎 | トップページ | 世界を狂わせるメディアの洗脳 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>かつて日本の経営者は、自分だけが儲かれば良いとは考えませんでした。

そうですね。「社会的使命」というのが大きな柱としてあったと思います。会社の使命で、売上至上主義やシェア争奪戦が目立ち始めると、「資本主義」的「拝金主義」とか非難されていた記憶があります。
この基準で、マスコミが最近の企業を非難することなどあるのでしょうか。非難されない空気の醸成と期を同じくして、新興企業(SBとか)が出てきた印象があります。儲けた者の勝ち、奪ったものの勝ち、消費者を(ダマしてでも)抱え込んだ者が勝ちです。勝利至上主義です。
もう、ほんとうに小売店舗は、大資本に飲みこまれるばかりです。
都市化個人主義化と近隣のコミュニティの瓦解ともつながるのでしょうけれど。

ステークホルダー(株主)の尊重も良いのですが、何かを置き去りにしてはいけませんし、マスコミによって公正な競争が阻害されていないかと思います。

コメントありがとうございます。狂った世界の中で、それでもまだ日本が一番まともです。メディアの洗脳もネットの発信力によって解けつつあります。それがブレグジットであり、トランプでした。敗戦国のくびきさえ抜け出せば、世界に範を示せるのは日本だけだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64772316

この記事へのトラックバック一覧です: 36億人と富豪8人の資産が同額:

» 在日特権・入管特例法を廃止すべし・・・ [母さんによる徒然・・・]
◯「会社は社員のもの」、社員を幸せに することが社長の責任という考え方が日 本人経営者の経営理念の根本にありま したが、いつ頃からか「会社は株主のも の」というおかしな考えが輸入され、企業 は短期の業績とそれを成果とする自己 の収入増ばかりを気にするようになりま した。... [続きを読む]

« 安倍首相のフィリピンでの歓迎 | トップページ | 世界を狂わせるメディアの洗脳 »