フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« トランプ米大統領就任の反応 | トップページ | トランプと稀勢の里と平野美宇 »

2017年1月21日 (土)

トランプの大統領就任演説


ロバーツ最高裁長官、カーター大統領、クリントン大統領、ブッシュ大統領、
オバマ大統領、同胞のアメリカ国民の皆さん、世界の人々、ありがとうございます。

私たちアメリカ市民は今、この国を再建し、国民全員への約束を復活させるため、
大いなる国家的事業に取り組むべく団結しています。

私たちは一緒になって、今後何年も続くアメリカと世界の進路を、定めていきます。

課題に直面するでしょう。困難に直面するでしょう。しかし、私たちはやり遂げます。

4年ごとに私たちはこの階段に集まり、秩序ある平和的な権限の移行を行います。
この政権移行の間、寛大に支援してくれたオバマ大統領とファーストレディの
ミシェル・オバマ夫人に感謝しています。お2人は素晴らしかった。

けれども今日の式典には特別な意味があります。なぜなら私たちは今日、
単にひとつの政権から次の政権に、あるいはひとつの政党から別の政党に、
権力を移しているだけではないからです。私たちは権力をワシントンから、
国民の皆さんにお返しするのです。

今まであまりに長いこと、この国の首都の少数の人たちが政府の恩恵にあずかり、
国民がその負担を担ってきました。

ワシントンは栄えたが、国民はその富を共有しなかった。

政治家たちは豊かになったが、仕事はなくなり、工場は閉鎖した。

国の主流派は自分たちを守ったが、この国の市民は守らなかった。

彼らの勝利はあなたたちの勝利ではなかった。彼らの成功はあなたたちの成功では
なかった。彼らはこの国の首都で祝っていたものの、国中各地で苦しむ家族たちに
とって祝うに値することはほとんどありませんでした。

それは一切変わります。まさに今、ここで。なぜならこの瞬間は皆さんの瞬間
だからです。これはあなたたちのものです。

今日ここに集まった全員のもの、アメリカ全土で見守っているすべての人のものです。

今日はあなたの日です。これはあなたのお祝いです。

そしてこの、アメリカ合衆国は、あなたの国なのです。

本当に大事なのは、どちらの党が私たちの政府を仕切っているかではなく、
私たちの政府を国民が仕切っているかどうかです。

2017年1月20日は、国民が再びこの国の指導者となった日として記憶されるでしょう。

この国の忘れられた人々は、もうこれ以上、忘れられることはありません。

誰もが皆さんに耳を傾けています。

何千万人もの皆さんは、世界が今まで見たこともない歴史的な運動の一部になるため、
参加しました。

この運動の中心には、不可欠な確信があります。国は市民に奉仕するために
存在するのだという確信です。

アメリカ人は子供たちのために最高の学校が欲しい。家族のために安全な地域が
欲しい。そして自分たちのために良い仕事が欲しい。

正義の人々、そして正義の社会にとって、これは正当で道理のある要求です。

しかしこの国の市民のあまりに多くが、これとは別の現実の中にいます。
都市の中心部では母親と子供たちが、貧困に囚われている。この国のあちこちで、
さびついた工場が墓石のように散らばっている。資金を大量につぎこまれた
教育制度は、若く美しい生徒たちに何の知識も与えないままだ。
そして犯罪とギャングと麻薬が、あまりにも多くの命を奪い、
あまりにも多くの可能性を実現しないままこの国から奪い去った。

このアメリカ内部の殺戮(さつりく)は、まさにここで、たった今、終わります。

私たちはひとつの国です。苦しむ人々の痛みは、私たちの痛みです。彼らの夢は、
私たちの夢です。その成功は、私たちの成功となるでしょう。私たちはひとつの心、
ひとつの家、そしてひとつの栄光ある運命を共有しているのです。

私が今日行う就任の宣誓は、すべてのアメリカ人に対する忠誠の誓いです。

何十年も前から私たちは、アメリカの産業を犠牲にして外国の産業を豊かにしてきました。

この国の軍隊が悲しくも消耗していくのを許しながら、外国の軍隊を援助してきました。

自分たちの国境防衛を拒否しつつも、外国の国境を守ってきました。

そしてアメリカのインフラが荒廃し衰退する一方で、海外では何兆も何兆もの金を
使ってきました。

我々は、この国の富と力と自信が地平線の向こうで衰退していく間に、
よその国々を金持ちにしてきたのです。

工場はひとつひとつ、次々と閉鎖し、この国を出て行きました。取り残された
何百万人ものアメリカの労働者のことなど、何ひとつ考えないまま。

この国の中産階級の富は無理やり奪い取られ、世界中に再配分されていきました。

しかしそれは過去のことです。そして今の私たちは、ただひたすら未来だけを
見つめています。

今日ここに集まった私たちは、すべての都市、すべての外国の首都、
そしてすべての権力の回廊に聞かせるため、新しい布告を発します。

今日から今後は、新しいビジョンがこの国を統治します。

今日から今後は、ただひたすら「アメリカ第一、アメリカ第一」です。

貿易、税金、移民、外交に関するすべての決断は、アメリカの有権者と
アメリカの家族の利益となるよう行われます。

私たちは、私たちの製品を作り、私たちの企業から盗み、私たちの職を破壊する
外国の侵害から、この国の国境を守らなくてはならない。保護によって、
繁栄と力は拡大します。

私は自分の命すべてをかけて皆さんのために闘います。そして決して、絶対に、
がっかりさせません。

アメリカはまた勝ち始めます。かつてないほど勝ち始めます。

この国の仕事を回復させます。国境を回復します。富を回復させます。
そして私たちの夢を復活させます。

私たちはこの素晴らしい国の全土で、新しい道路、高速道路、橋、空港、
トンネル、鉄道を造ります。

国民がもう生活保護を必要としないように、仕事に戻れるようにします。
この国をアメリカ人の手とアメリカ人の労働で再建します。

私たちは2つの素朴なルールに従います。アメリカのものを買い、
アメリカ人を雇うのです。

私たちは世界の国々との間に友情、そして友好を求めます。しかしその前提には、
すべての国は自国の利益を優先する権利があるという認識があります。

私たちは自分たちの生き方をほかの誰にも押し付けようとはしませんが、
むしろお手本として輝くように、私たちは輝きますから、ほかの人たちが
見習うべきお手本として輝くようにします。

私たちは古い同盟関係を強化し、新しい同盟を結びます。そして、文明世界を
一致団結させて、イスラム過激主義のテロと戦います。イスラム過激主義のテロは、
この地上から完全に消し去ります。

私たちの政治の礎となるのは、アメリカ合衆国に対する完全な中世です。そして
自分たちの国への忠誠心を通じて、私たちはお互いへの忠誠心を再発見するでしょう。

自分の心を愛国心に向けて開けば、偏見が入り込む余地はありません。

聖書はこう教えています。「神の人々がひとつになって暮らすのは、なんて善い、
心地良いことでしょう」と。

私たちは思ったことを自由に発言し、意見が違えば議論しなくてはなりませんが、
常に連帯を目指すべきです。

アメリカが団結すれば、アメリカを食い止めることなど不可能です。

恐れるべきではありません。私たちは守られているし、常に守られていくので。

私たちは軍隊と法の執行機関の偉大な人々に守られているし、何よりも神が私たちを
守ってくれます。

最後に、私たちは大きく考え、さらに大きく夢見なくてはなりません。

アメリカの私たちは、国とは努力し続けなければ生き続けられないものだと
理解しています。

私たちは、口先だけで行動しない政治家をもうこれ以上受け入れません。
文句を言うだけで何もしない政治家など。

空虚なお話の時間はもう終わりです。

行動の時がやってきました。

そんなことは無理だと誰かに言われても、決して信じてはいけません。
アメリカの心とファイトとスピリットに勝る挑戦などありません。

私たちは失敗しません。私たちの国は再び、栄えて繁栄します。

私たちは新しい千年紀の誕生と共にあります。宇宙の神秘の扉を開き、
病の苦しみから地球を解き放ち、未来のエネルギーや産業や技術を活用しよう
という、その時に立っています。

国民としての新しい誇りが私たちの魂でうごめき、展望を引き上げ、
分断を癒してくれるでしょう。

この国の兵士たちが決して忘れない古い格言を思い出すべき時です。
黒だろうが茶色だろうが白だろうが、私たちは全員が、赤い愛国者の血を
流すのだと。全員が同じ素晴らしい自由を享受し、全員が同じ偉大なる
アメリカ国旗に敬礼するのだと。

そして大都市デトロイトの裾野(すその)で生まれようが、
風吹きすさぶネブラスカの平原で生まれようが、同じ夜空を見上げた子供は、
同じ夢で心を満たし、同じ偉大なる創造主によって生命を吹き込まれるのです。

なのですべてのアメリカ人は、この言葉を聞いて下さい。あらゆる都市にいる人、
遠い近いを問わず、大小を問わず、山から山へ、海から海へ、聞いて下さい。

あなたは二度と無視されたりしません。

あなたの声、あなたの希望、あなたの夢は、私たちアメリカの運命を決定するものです。

そしてあなたの勇気と善と愛が、永遠に私たちを導いてくれます。

一緒に、アメリカをまた強くします。

アメリカをまた豊かにします。

アメリカをまた誇り高くします。

アメリカをまた安全にします。

そしてそうです。一緒に、私たちはアメリカをまた偉大にするのです。

ありがとう。神様の祝福を。神様がアメリカを祝福しますように。
ありがとう。神様がアメリカを祝福しますように。

(英語記事 Trump inauguration: Full text of new president's speech)
(c) BBC News 1/21(土) 14:28配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-38702737-bbc-int

朝から、このトランプの大統領就任演説を、「選挙中と同じ話」「大統領就任演説に
相応しくない」と批判している批評家がいました。

「どこが?」と思いませんか?

「新しい道路、高速道路、橋、空港、トンネル、鉄道を造る」という部分を引いて
「ロボットや人工知能の時代に、まだそんなことを言っているのか」と
馬鹿にしたように語る批評家までいました。

ロボットや人工知能の時代には、橋や道路はいらないのでしょうか?
いま米国のインフラは驚くほど荒廃しているようなのです。

僕がツッコミを入れるとしたら、アメリカがただひたすら外国の産業を豊かにし、
外国の軍隊を援助してきた、というところでしょうか。

しかしながら、この大統領就任演説は、グローバリズムに疲弊した米国において、
実に時宜を得た、米国民を奮い立たせるようなものだったと僕は思います。

「分断された米国を和解に導くものではなかった」という批評家もいたが、
グローバリズムで利益を得ていた人と和解するのは困難でしょう。

素晴らしい演説だったし、多くの米国民は満足したのではないでしょうか?

トランプは米国支配層と妥協しなかった。

本気で新しい時代の扉を開こうとしているのだと…。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« トランプ米大統領就任の反応 | トップページ | トランプと稀勢の里と平野美宇 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

演説でひっかった点は私も同じです。
>何十年も前から私たちは、アメリカの産業を犠牲にして外国の産業を豊かにしてきました。
>この国の軍隊が悲しくも消耗していくのを許しながら、外国の軍隊を援助してきました。
>そしてアメリカのインフラが荒廃し衰退する一方で、海外では何兆も何兆もの金を
使ってきました。

これは事実の一部であり偏見です。まるで、自分たちが一方的に血縁のない他国に慈善を施して、損ばかりさせられてきた被害者であるかのようです。
実際は、これらの見返りと期待によって、米国は米国企業の市場を確保してブランドを維持することでメリットを享受してきました。米国人は楽をして国内で泰平と裕福さを享受してきたのです。米国自身がメリットを得るために、自ら主導的に行ってきた間違いの報いでもあります。

それを就任演説で露骨に言うはずはないのですが、米国人がその裏をよめないと、少し怖い展開もあり得ると思います。グローバル企業が他国で展開しているビジネスの優位性を手放すはずはないので、過去になかった治外法権を主張するようなトラブルが世界各地で起きるのではないかと心配です。そのとき、米国企業は傲慢な強者として振る舞うことでしょう。

コメントありがとうございます。僕はトランプを支持しているからあまり感じませんが、普通に外国人が聞けば自己中心的で、傲慢さが鼻につく演説ですね。米大統領による米国民向けの演説だから、仕方がないかも知れません。世界がどう変わるかには楽観はできませんが、グローバリストの食い物にされ続けるよりはマシかもしれません。とにかく、すべてはこれからです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64791337

この記事へのトラックバック一覧です: トランプの大統領就任演説:

« トランプ米大統領就任の反応 | トップページ | トランプと稀勢の里と平野美宇 »