フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 絶望的な日本の財界レベル | トップページ | 日韓断交へさらに前進 »

2017年1月 4日 (水)

日本メディアは世界最低レベル

『TBSは3日までに、同局のニュースサイトで
安倍首相のハワイ訪問に関する誤表記を謝罪した。
同局はハワイ州知事の発言を
「真珠湾訪問を決めた安倍総理には刺激を受けます」とすべきところを
「真珠湾攻撃を決めた安倍総理には刺激を受けます」と表記。
「お詫びして訂正します」とした。』
(スポーツ報知 1/3(火) 11:53配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170103-00000076-sph-ent

こんな誤表記があったことすら知らない人が多いと思うが、
TBSの仕業だけに意図的な誤表記だと想像される。

反日マスコミは、もうこんな誤表記で喜ぶことしか
できないのだろうか?

本当に小学生低学年レベルです。

安倍総理の活躍がまぶしくて、それが悔しくて
仕方がないのだろう。

民進党などの野党は、安倍政権の足を引っ張ろうとするだけで、
建設的な提案はゼロであり、日本にとってマイナスの存在。

国籍法違反・公職選挙法違反容疑をいまだに払拭できない人間を
党首にしている政党が政権を奪取する可能性などまったくない。

反日勢力のそんな絶望感が、こうした愚かな誤表記を
意図的に行なわせるのだろうが、あまりにも幼稚で、
日本人にはあり得ない行為だ。

話は変わるが、年始の挨拶に戴いたタオルが、
最初から思い切りほつれていた。

中国などで作られる繊維製品が出回るようになってから、
その品質管理の出鱈目さは目を覆うばかりで、
ナイキのスポーツウェアでも縫い目が乱れているものが
平気で売られていたりする。

「安かろう悪かろう」というのを昔の日本人は馬鹿にしていたものだが、
最近は「安けりゃいいじゃん」になってしまっていて、
有名ブランドの商品を買っても、あまりの低品質に驚かされる。

中国で安くつくらせて、
それを逆輸入して儲かるのはメーカーだけだ。

それによって日本人の職が奪われ、
繊維産業は壊滅的な打撃を受け、
消費者は粗悪品を買わされる。

そんなことが20年続けば
日本もダメになりますよね。

アメリカ・ファーストもいいし、都民ファーストもいいが、
今年は何より日本ファーストであってほしい。

衣類も、鍋やフライパンも、食品も、
可能な限り日本製を買うようにしているが(米や酒は福島県産)、
スーパーなどでも日本製が選べるように、
日本の製造業が一日も早く復活してもらいたいと思います。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 絶望的な日本の財界レベル | トップページ | 日韓断交へさらに前進 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

東北産を応援しています。三陸のめかぶ大好きです。
福島のお米おいしそうですね。外国産は言うまでもなく、質がよい国内でも基準の目が厳しいぶん、安全安心とか。

震災や原発事故に関連しなくても、全国の老舗の企業が倒産したり、地場産業が廃れるニュースを目にすると、切なくなります。

全国展開の大資本が有利な大店舗立地法(自民)の影響。
安全基準や衛生管理の緩そうな中韓産を安売り店の円高誘導に乗った攻勢(民主)の影響。

日本の消費者は購入ポイントをしっかり持ちたいものですね。

コメントありがとうございます。「安かろう、悪かろう」という戒めを忘れた日本人の責任ですね。バブルに踊り、デフレで安物買いに走った日本人の行動は愚かでした。我々は消費者であると同時に生産者です。安いものしか売れなくなれば、必然的に我々の収入も減るし、生産拠点が海外に移れば失業者も増大します。確かな品質のものを適切な価格で購入することが、国民を豊かに、幸せにするという当たり前のことを忘れていたんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64721416

この記事へのトラックバック一覧です: 日本メディアは世界最低レベル:

» マスゴミに巣食うニダ・アルを成敗すべし・・・ [母さんによる徒然・・・]
◯政府資産が数百兆円以上もの国家に 於いて、国債発行を恐れ、財政出動を恐 れる理由が分かりません。消費税率を増 やしたがるのもおかしな話で、この経済 状況が絶望的な少子化をも招いていると 安倍首相は知らねばなりません。... [続きを読む]

« 絶望的な日本の財界レベル | トップページ | 日韓断交へさらに前進 »