フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 36億人と富豪8人の資産が同額 | トップページ | ニコール・キッドマンの憂鬱 »

2017年1月17日 (火)

世界を狂わせるメディアの洗脳

韓国の反日を見ていると、
「アタマおかしいんじゃないか?」
と日本人は思う。

しかしながら、ドイツの難民受け入れを
見ていても、本当は同じなのだ。

トランプに対する米国民の反応も、
異常に思える。

で、我が身を振り返ってみても、
「なぜ米国がつくった悪意に満ちた占領憲法を
日本は破棄しないのか?」
世界は不思議に思っているだろう。

これらはすべて、メディア及び教育の
洗脳によるものだと僕は思う。

韓国があそこまで酷くなったのは、
メディアをはじめ国の主要機関が、
北に乗っ取られているためだ。

米国と共に、北朝鮮・中国と戦ったのに、
今では誰が敵で誰が味方かも
分からなくなってしまっている。

他国の異常は分かるのに、
自国の異常は分からない。

洗脳というのはそのように行なわれ、
国家を危うくする。

そうした観点から見ると、徹底した洗脳が行なわれる中
EU離脱を決めた英国民やトランプを選んだ米国民は
優れた判断力を有していたと言えるかも知れない。

まあ、問題がそこまで切迫していたからとも
言えるだろう。

ところで、日本。

中国の脅威がここまで迫っているのに、
憲法改正・自衛隊の国軍化が勢いを持たないのは
いかなることか?

まさか「憲法9条が日本を守ってくれる」
と信じているわけではないだろう。

「70年間攻められなかったから、これからも大丈夫」
「いざとなったら米国が守ってくれる」

まだ、そんなところなんでしょうかね…。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 36億人と富豪8人の資産が同額 | トップページ | ニコール・キッドマンの憂鬱 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64775225

この記事へのトラックバック一覧です: 世界を狂わせるメディアの洗脳:

« 36億人と富豪8人の資産が同額 | トップページ | ニコール・キッドマンの憂鬱 »