フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« どうせもうすぐ消える国 | トップページ | ダイバーシティにご用心 »

2017年1月 8日 (日)

害獣が暴れ出す

今日は一日早い成人式があり、
暴れて式典をぶち壊す大馬鹿者もいたらしい。

また、各地で放火と思われる火災も頻発し、
被害に遭われた方も多いようだ。

こうした犯罪が起こるのは政府の責任と
断定して間違いない。

そうした輩を放置しているのが
いけないからだ。

沖縄でも、あれだけ公務執行妨害をくり返している
極左老人をなぜ逮捕できないのか?

逮捕して刑罰を与え、重犯にはさらに重い刑罰を
課すことによってしか、犯罪は抑止できない。

初犯はともかく再犯を重ねたものには、
釈放後もGPS発信器を付けたブレスレットを
一定期間付けさせるべきだと思う。

これは人権侵害には当たらない。

人権とは犯罪被害者にこそ尊重されるべきで、
我々は犯罪者とならない限り、
人権を侵害されることはないのである。

もし、犯罪者に対する位置情報を把握することが
人権侵害だとするなら、留置や懲役刑は
さらに酷い人権侵害になってしまうではないか?

犯罪者の人権は、もっともっと制限される
べきだと僕は思う。

そして、法を遵守し、真面目に生きる人の人権こそ
守られる社会を築かなければならないのです。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« どうせもうすぐ消える国 | トップページ | ダイバーシティにご用心 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

法令はどこの国でも国民住民の倫理道徳や伝統的な社会通念をベースに作られるものだと思います。
不文律のない国は、よほど歴史が浅くて複数の移民が主体の国家なのでしょう。日本には、それがあったはずです。

次の記事の内容からも言えることですが、無検証なグローバリズムや無計画な多様性賞賛推進が、社会の基礎を破壊しています。法治社会を根底から覆しかねません。

問題なのは、法曹の側にいながら、法の隙間や限界やグレイゾーンを反社会的勢力や反抗期の屁理屈小僧に教えてあおる愚かな弁護士なんかがいることです。
日本の社会に立脚点を置く仕事のはずなのに、反日本、日本らしさを否定することを仕事の一部(変な使命感?)にしている者が少なからずいることです。
特に、ご指摘のとおり、被害者の人権を軽んじ、加害者の人権を弁護したがる者は、反社会的な存在としか思えません。

少年法なんかも性善説でOKの時代感覚がベースでしょうから無理がきています。もし権利の拡大を言うのなら、責任も重くなって実害に応じて厳罰でいいはずです。公的に運用される成人式を妨害したり破壊行為をしたらさっさと逮捕すればいいですね。

コメントありがとうございます。徳川時代には、犯罪は極端に少なかったといいます。それは日本人の道徳心が極めて高かったことと、殿中での刃傷沙汰で切腹・お家断絶という厳しい法律が敷かれていたからだと思います。大切なことは、犯罪を抑止し、真面目に生きている人の人権を守り、犯罪被害者を出さないことなのです。犯罪者の人権ばかりを守ろうという今の日本は、かなり狂っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64738023

この記事へのトラックバック一覧です: 害獣が暴れ出す:

» 急げ!スパイ防止法・盗聴法・憲法9 条改正・・・ [母さんによる徒然・・・]
◯共謀罪に反対している連中は特定機密 保護法や安保法制にも反対してきた。もち ろん彼らはスパイ防止法も盗聴法も憲法9 条改正も反対で死刑も廃止したい。 彼らの目指す日本の姿は、犯罪天国、ス パイ天国、テロや内乱が起きやすい国、 つまり侵略しやすい弱い国だ。。。(# ゚Д゚)!!! http://blog.with2.net/out.php?1825661;http%3A%2F%2Fameblo.jp%2Fsikihanana156%2Fentry-12236355001...... [続きを読む]

« どうせもうすぐ消える国 | トップページ | ダイバーシティにご用心 »