フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 令状なしGPS捜査は違法 | トップページ | 日本をグチャグチャにする会 »

2017年3月16日 (木)

森友問題の場外乱闘

お隣、韓国のニュースかと思ったら、
森友の籠池氏と国会議員の現地調査のようすを
多くのメディアが取り囲んでいる映像だった。

どうでもいい問題を、どうしようもない奴らが
騒ぎ続けているわけだが、
もう何が問題なのかすら分からなくなっている。

本来は、小学校の土地取引の問題だった。

つまり土地取得価格が適正だったかどうか、
もし不適正だったとするなら政治家や官僚が関与し、
賄賂をもらったりしたのか、ということだろう。

しかしながら、いま騒いでいるのは、
稲田防衛相と籠池氏が知り合いだったかどうかとか、
安倍総理と面識があったかどうかなど、
どうでもいい話ばかりだ。

先ほどは、安倍総理が森友学園に100万円寄付した
というニュースが出ていたが、
これが、もし事実であっても何ら問題はない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000057-asahi-soci

土地取引で便宜を図り、
森友側から賄賂を受け取ったわけではなく、
逆に寄付しているのだ。

このことについて、僕の知っている事実を書くと、
評論家の竹田恒泰さんが森友学園で講演を頼まれたあと、
「寄付を求められた上で、勝手に小学校の推薦者にされた」と、
かなり前に虎ノ門ニュースで不満を述べておられた。

「勝手に小学校の名誉校長にされた」という安倍昭恵夫人が、
寄付までしていたとなると、竹田恒泰さんのケースと
極めて似ていることが分かるだろう。

竹田恒泰さんの推薦者という表記も、
安倍晋三記念小学校という校名も
許可を得ずに行なっており、
塚本幼稚園の教育方針は別にして、
籠池氏は責めを負うべき点が多い。

いま籠池氏は、このままでは社会的に抹殺され、
莫大な借金を背負うことになるので
必死なのだろう。

もう、やっていることは支離滅裂で、
詐欺師のような人間に騙されて
右往左往しているようにしか見えない。

国政に責任を持たない野党議員は
呑気でいいなあと思うが、
彼らを選んだのは日本人であるわけで、
このテレビの映像を見て
大いに反省してもらいたいと思います。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


« 令状なしGPS捜査は違法 | トップページ | 日本をグチャグチャにする会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私は今のこの状況になる事をとても危惧していました。

これ迄も度々こうした劇場型政変を演出してきたのが官僚達です。

今や安倍政権の屋台骨を揺るがしかねない重大な問題としてメディアには取り上げられています。

丁度昨夜TBSで耐震擬装問題に関する番組が放映されていました。
そこでは施工主の不動産会社の社長が出演していて、当時の映像を元に事件の全容が語られていましたが、当初報道されていた様な構図(不動産会社が擬装した建築士と共犯関係にあって不正に金儲けしていた等)は無く、また意図してか意図せずか誤報があった事や報道により誤解を生んだ事が語られていました。

勿論全てを信じた訳ではありませんが、確かに元社長の言葉や彼が番組に提供した音声録音等の証拠には説得力があり、また信じるに足ると思わせる事実と思われる事柄がありました。

こうした事後に明らかになる事実や証拠資料は、何故か事件当時には全く世間には出ず、何年何十年も後になって初めて世間に出ますが必ずと言っていい程然程話題にはならず、有耶無耶になってしまいます。

ここが日本人の悪い癖で、なあなあに済ませたりもう済んだ事だからと歯牙にも掛けません。
これは屡々波風立てない様にとか空気を読んでとか事無かれ主義等と揶揄されますが、類似性は高くても根本が違います。
それを潔しとする向きや情けと言った部類のものですが、その他の多くは執着心が希薄な事に起因します。
良くない印象の言い方をすると無関心とも言えます。
それは後から更に追い込む事は日本人としての良心が許さないという点が大きいです。(どちらが悪かったとしても)
その代わり事が起きたその時は徹底的に追い込む傾向が強い事もまた事実なので、今回の騒動の様に簡単に煽動に乗せられてしまいます。

籠池理事長は今、暴走状態になっている様に感じられます。
その中で注目される発言がありました。
小学校建設について現役閣僚が寄付を含む関与があったとする旨の内容です。
そしてそれは何故か与党ではなく自分を批判してたらしいフリージャーナリストに打ち明け、更には自民党の山本一太議員もいたものの野党議員をぞろぞろ引き連れ、態とらしくメディアに映像と音声を拾わせる様に校庭と思しき場所で話しをしたり自宅に呼んで会談をする様子は何だか醜かったです。
特に昨日の東京でのフリージャーナリスト宅への訪問後の理事長夫人の手を振る姿は、何か色々勘違いをしてる痛い人の様に見えました。
ともあれそんな風にしてどんどん関係無い方向へ話しへ騒動が波及し、今後の流れとしては最悪大臣辞任、安倍政権の失脚という流れが既にお膳立てされた様に感じました。

ですが私は籠池理事長の発言については正直半信半疑です。
彼に関わった人の多くが一様に同様の印象を受ける様な発言をし、似たり寄ったりな証言を呈しています。

あくまで個人的な印象としての意見ですが、やはり財務省主導の政権下ろしに見えて仕方ありません。
ぼろぼろと出てくる物証はいずれも役所絡みで、政治家に関する証拠は基本的に発言のみです。
そしてそれらはもし仮にある程度真実であってもある意味適当にあしらう為の詭弁であり本心ではないという意図が一連の報道を通して各関係者(政治家)の共通する心情が読み取れます。

つまり付き合いは持っても深入りはせず、相手を立てる事でやり過ごすというやり方をしていたのではないかという事です。


この問題の本質はkanataさんが言及してた通り土地取得の正当性と土地価格の妥当性です。

下らない枝葉末節の議論は既に議論の体を成しておらず、只々政権下ろしの為の政争の具に成り果ててしまいました。
籠池理事長は参考人招致だか証人喚問だかに応じて国会で話すそうです。
そして自民党もそれを了承するらしいので、恐らく理事長を連れてくるのでしょう。

ただ、籠池理事長は今本当に味方がいなくて自棄を起こして自民党を見限り民進党を中心とした野党に乗り換えたのなら、それは自身の立場を更に悪化させ、事態の複雑化と深刻化を招くだけなのでお奨め出来ません。
また、繰り返しになりますが、この問題の核心的な部分にいるのは間違い無く官僚です。
本気で自分達を守り徹底抗戦をするのなら、敵を見謝ってる時点で既に負け戦に出掛ける様なものです。
この辺の認識や理解力が無い上に、法的な防衛を担当する弁護士を欠いた状態で何をしても有効な手は打てないでしょう。

まぁ野党にはヤクザまがいの武闘派と深い仲の優秀な弁護士先生が多数在籍してるみたいなので、本当に乗り換えたなら心配は要らないのでしょうけど…。


コメントありがとうございます。官僚が絡んでいることは間違いありません。それに野党とメディアがグルになって、いつものバカ騒ぎ。メディアの報道は、ちょっと常軌を逸していますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/65023041

この記事へのトラックバック一覧です: 森友問題の場外乱闘:

« 令状なしGPS捜査は違法 | トップページ | 日本をグチャグチャにする会 »