フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 経産省施錠問題の異常 | トップページ | 森友学園と日教組 »

2017年3月 3日 (金)

功罪相半ばする森友学園

現在の日本の問題を突き詰めると、
メディアの偏向報道と教育問題に行き着く。

そんな中で森友学園の教育方針は
素晴らしいと感じた。

僕が初めて見たのは、
園児たちが「教育勅語」や「五箇条のご誓文」を
みんなで暗唱するシーンだったのだが、
子供たちが声を揃えて元気に暗唱する姿は
頼もしく思えた。

今テレビで「安倍総理、日本を守ってください」
というような、ちょっとやりすぎかな、と思えるシーンを
くり返し見せられると、その教育方針すら歪んで見えてしまうが、
最近の小学生たちの、席に大人しく座ってさえいられない
学習態度を見ていると、厳しくしつけることの重要性を
思い知らされる。

森友学園の問題は「安倍晋三記念小学校」と名付けようとしたり、
その名前を使って寄付金を集めたことだろう。

安倍総理が仰る通り、現役の政治家の名を学校名にすることは
違和感が大きいし、断わられてからも、その名を使って寄付金を
募ったことは本来許されることではない。

土地取得等については、法令違反があったかどうか
というだけの話で、会計検査院の調査を待てば良い。

鴻池議員の突然の会見は、自分に火の粉がかかることを
未然に防ごうという意図が見え見えで、
見苦しいことこの上なかった。

安倍総理の冷静な対応と比べると、
人間として、議員としての小ささが垣間見えて
哀れですらあった。

いずれにしても、森友学園の存続は
厳しくなったと言わざるを得ない。

愛国教育が今ほど必要とされるときは
ないというのに…。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 経産省施錠問題の異常 | トップページ | 森友学園と日教組 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

森友学園の件は、私もネットレベルで注目しています。特あ国の祖国愛ナショナリズムと反日がセットになった教育も異常ですが、我が国の日教組などの赤い教師いよるカリキュラム無視の身勝手な振る舞いも目に余ります。

教育は、いずれも、なにかしらの型を身につけさせるものですから、良い型であるべきですね。
今般は家庭の躾けさえあぶなっかしいようで、親が子供子どもしていたり、素養が足りない面があるように見受けます。教師も親も子供に嫌われたくないとか、一人前の人間として扱うだので、型を身に着けさせないところが多々あるのではないでしょうか。

これでは、学校での愛国教育あどはやりにくいことでしょう。理事長夫婦には、運営の焦りと安倍総理への期待から、多少の勇み足はあったのかも知れませんね。

過激な愛国心とまでいかずとも、健全な祖国愛や先祖への感謝などはちゃんと費用をかけて多くの学校で教えられるようになってほしいものです。

コメントありがとうございます。戦後70年間の反日教育とメディアの洗脳で生まれたのが、現在の私たちであるわけです。それを正しい方向へ軌道修正しようと思えば、相当な力技が必要です。森友学園の籠池さんは、少なくともそれを自分の力で行なおうとされたと思うんですね。

私も全く同じ感想を持ちました。

教育勅語や五箇条の御誓文の暗唱なんて、私なら例え多少の期間を貰ってもきっと暗唱する事は出来ないでしょう。
それを難なくこなす園児達の姿を見て素直に感心しました。
所が知識人を標榜するコメンテーター達は何故かこれを戦前の軍国主義の崇拝と批判し、レッテル貼りをしていますが、そもそも日本がそうなったのは太平洋戦争の少し前で、しかもそれは軍部の権力闘争を背景とした分裂と暴走が原因です。
そしてその事を以て日本の戦争が一方的に悪いという見方はあまりに浅慮で不見識だという事は言うまでもありません。

日本は本当に奇妙な国で、何故か太平洋戦争に関する肯定的な意見を否定するばかりか封殺する風潮が強く、そういった勢力が強い所為か中立的な意見でさえ軍国主義とかまた戦争をしたいのかと言った稚拙な批判をする国になってしまいました。
海外では寧ろ自国は仮に悪い所があったとしても基本的には自国を擁護する形で学校教育はしていますし、国内世論も同様にそれに沿う意見が大多数を占めます。
つまり逆説的な言い方になってしまいますが、そういった論調は世界中どの国でも多かれ少なかれあるので、日本だけ100%悪かった様な論調がまかり通っているのは不自然だし意図的なものを感じます。


森友学園の問題でも本来は土地取得の過程がどうだったかが問題の本質である筈なのに、学園運営や理事長夫妻の言動等、然して大きな問題でもない事を大袈裟に問題視する報道には悪意と害意を感じます。
マスコミは態と事態を大きくして悪化させ、解決不能な状況を作る事で部数や視聴率を稼ごうという意図があると捉えられても仕方がないと思います。
そして実際現状はそれがある程度成功していると見る事が出来ますし、寧ろ特亜勢力やその支持者にとって好ましい結末に向かって進んでいます。

私はマスコミのこの様な姿勢は大嫌いです。
何か問題が発生するとすぐに善悪や功罪を前面に押し出し皆で一斉に叩くというやり方は問題があります。
これまでにも芸能人や政治家に留まらず一般人迄も大勢の人がマスコミ報道によって人生を大きく狂わされてきました。
知る権利と報道の自由は大事ですが、一方で実質的な社会制裁の側面があるのは厳然たる事実で、マスコミはそこをいつも軽視しますが非常に危険です。

森友学園の学園運営に問題が無かった訳ではありませんが、少なくともこれは行政が指導する等の措置を講じて対処すべき問題であって、マスコミや世論が妄りに一私立学校法人を制裁して良い理由にはならないと思います。

勿論報道するなという意味ではないですが、それでもやはりあまりに過熱し過ぎと言わざるを得ず、しかもその内容が偏向していて世論が誤誘導されている様に感じます。
問題の本質を究明するのではなく枝葉末節の些末事に腐心する有り様は本当に歪な業界だなと思います。

今回の問題の結末は最悪森友学園の閉鎖という悲劇に終わりかねません。
あんな訳の分からない危ない夫妻のやる小学校なんか許可するなとかあんな学校法人は潰せという声がありますが(街頭インタビューで高齢者を中心に何人か言ってました)、私は今回の一件だけで果たしてそこ迄過酷な制裁を課す程の問題だったのか、疑問に思います。(本当にそうするなら隣の精神異常者大国の様だと感じます)


コメントありがとうございます。メディアの暴力は凄いですね。森友学園の教育方針を絶賛していた人でさえも、今では手放しで賞賛できなくなっています。小学校の今春開校はほぼ絶望的だし、幼稚園に入園させようとしていた親たちも二の足を踏むのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64964567

この記事へのトラックバック一覧です: 功罪相半ばする森友学園:

« 経産省施錠問題の異常 | トップページ | 森友学園と日教組 »