フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 穴が開いた日章旗を掲揚 | トップページ | トランプ大統領と安倍総理 »

2017年3月 8日 (水)

小池都知事は拳を下ろすとき

都知事選の前、小池候補のことを良く言う人は
あまりいなかった。

僕が信用している評論家たちも、
これまで国会議員であった小池候補の活動に
懐疑的というか批判的だった。

しかしながら、都議会自民党が酷すぎた。

猪瀬直樹氏を引きずり下ろし、
舛添要一を知事に据え、彼が馬脚を現わしたら
またもや反日の増田寬也を擁立した。

だから、僕は小池候補を応援したのだ。

彼女が拳を振り上げた気持ちは分かる。

彼女が当選した後の都議会自民党の対決姿勢。
うかうかしていたら、何もできないままに
都知事の座を追われる可能性だってなくはなかった。

東京五輪も利権集団が蠢いていることは確かだったし、
小池都知事が見直しの最後のチャンスといったのも
頷ける話ではあった。

しかしながら、豊洲の問題は最初から無理筋だった。

地下水から環境基準を上回る有害物質が出たからといって、
それは飲むわけでも使うわけでもなく、浄化して捨てる
システムになっていた。

しかも、彼女は築地の土壌が汚染されていることも
知っていたのである。

築地の汚染が問題になったとき、
彼女はなんと「盛り土とコンクリートで遮蔽されているから
大丈夫」と言ったらしい。

豊洲は、地下が遮蔽されているだけでなく、
コンクリートの建物で密閉されているのだ。

どちらが安全かは、誰の目にも明らかだろう。

都議会議員選挙に勝ちたい気持ちは分かる。
勝って自分のやりたい政策を進めたい気持ちも分かる。

でも「豊洲が危険」というのは
論理破綻しているのだ。

このまま市場で働く業者への補償金を膨らませ、
都の税金を注ぎ込み続けることになれば、
小池都知事への支持は一気に萎んでしまうだろう。

ここは引き時だと思う。

拳を下ろして豊洲への移転を早期に決定し、
建設的な都政を行なってもらいたい。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 穴が開いた日章旗を掲揚 | トップページ | トランプ大統領と安倍総理 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私は一応問題無いと思っています。

というのは、築地もそうでしたが、やはり地下や地下水の汚染問題というのは随分前から問題視されていて、だから反対派が根強く残っていて最後迄抵抗していたので。

ここで大切なのは寧ろ科学的な事実という客観的な安全性ではなく風評やイメージと言った心理的な安心の問題だという事です。
豊洲市場の最大の問題は、必要な手続きを履行すべき手順で行わなかった事だと考えています。

特に自分達がやると言った水質検査を全て終えずに五輪の道路整備のスケジュールに合わせる形で強引に開場を繰り上げた事が致命的でした。
つまり、普段あれだけ融通が効かない程手順や手続きに拘る行政(都)が、何故かこの件に関してだけは例外的に何があっても守ってきた規則や前例を無視して強行した事が原因だと思います。

では、この豊洲の問題について何故小池都知事がここまで拘るのかというと、勿論自身が掲げた都民ファーストによって支持率を~というのも理由の1つだとは思いますが、寧ろこれは自身の抵抗勢力の権力と影響力の剥落に他なりません。
豊洲市場は以前から決定迄の経緯や実態が不明で、何らかの力が働いているという噂があってもそれが具体的にどういったものなのかよく分かっていませんでした。
ところが、都議会のドンと呼ばれる内田茂都議が役員を勤める会社の関わりや工事を請け負った大手ゼネコン3社の入札に於ける落札率が軒並み99%以上と、談合を疑われるレベルで高かった事から、かなりの高確率で内田都議が関わり利益を始めとした調整役をしていた疑いが強い事が明らかになりました。
そして更にこれは五輪会場も同様の形で進められてきました。
要するに、如何に内田都議が長年に渡って権力の中枢にいて都知事や首相以上に都庁や都議会に影響力を持ちその権勢を振るってきたかが分かるかと思います。

小池都知事はよく小泉劇場を踏襲していると言われますが、正しくその通りなのです。
小泉元首相は郵政民営化を推し進めましたが、果たして本当に郵政は民営化する必要があったのでしょうか?
本来的にはそんな必要など全然無く、公務員の削減を謳っていましたが実はあの郵政民営化で削減された公務員の数は然程変わっていない為、無意味な改革でした。(細かい話しは省きますが、要は数字の操作です)
ではあの郵政民営化による改革は何だったのかというと、当時絶大な権力を誇っていた竹下派の弱体化であり自民党内のパワーバランスの是正にありました。
当時の竹下派は郵政関連の団体を牛耳っていた為、実質的な権力基盤の源泉を手中に収めていました。(ゆうちょを始め財政面に於いては郡を抜いていて他の省庁の比ではない事からも明確です)

つまり小池都知事の真の狙い、本命は内田茂都議であり彼が小池都知事の改革の本丸なのだと言っても過言ではないという事です。

だからこそ負け戦覚悟で果敢に豊洲や五輪会場の問題を提起し、復活予算を都知事権限に移譲し、都議会自民党内の離間工作に励んでいるのです。
尤も小池都知事は立ち回りが上手く、今の所どちらに転んでもダメージを最小限に抑えたり自身に有利に働く様動いているので、大したものだなと思います。


豊洲問題の落とし所は、水質検査等の調査と平行して地下水対策を推進すると共に科学的な安全性の証明(こちらはほぼ完了しているので前述の地下水対策として地下をコンクリートで覆う等の対策のみで容易に可能)と、踏むべき手順を実施する事によって安心を謳う事で、都知事の責任を以て安心安全宣言を出せば移設可能となるでしょう。
もしかしたら何も対策しないまま検査の結果を受けて宣言を出す可能性もあるとは思いますが、それをやったら都民もメディアも小池都知事を叩きまくる事は必定ですから恐らく何らかの対応はすると思いますけど、その辺は実は私にもまだ確信を持てません。

とにもかくにも小池都知事の主敵である内田都議は都議としては引退する様ですが、現在の役職は維持するという事で、これからも彼との対決は続いていくものと思われます。


コメントありがとうございます。くり返しになりますが、豊洲は安全であり、築地の方が危険なのです。豊洲市場に利権の問題や疑惑があれば、移転してから解明すべきでした。市場業者への補償金は百億円単位に膨らみ、移転が延びるにつれてその額はさらに拡大します。なんとか落としどころを見つけて、小池都知事は一刻も早く移転を決めるべきです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64989282

この記事へのトラックバック一覧です: 小池都知事は拳を下ろすとき:

« 穴が開いた日章旗を掲揚 | トップページ | トランプ大統領と安倍総理 »