フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 大使帰任と朝鮮有事 | トップページ | NHKのフェイクニュース9 »

2017年4月 5日 (水)

梅毒患者はなぜ激増したのか?

国立感染症研究所は4日、今年の梅毒の感染者が3月26日までに
1013人(速報値)となったと発表した。
42年ぶりに感染者が4000人を超えた昨年同時期(796人)を上回るペースで、
現行の統計方法になった平成11年以降、最も速い。
厚生労働省は体の不調があったら早めに受診するよう呼びかけている。(中略)
梅毒の感染者は戦後間もない時期には年間20万人を超えたが、
抗菌剤治療が普及して激減。22年は621人にまで減ったが、
昨年は昭和49年以来となる4000人を超え4559人(男性3174人、女性1385人)
と激増した。特に20代前半の女性での感染増加が目立つ。(後略)
(産経ニュース 2017.4.4 22:14)
http://www.sankei.com/life/news/170404/lif1704040020-n1.html

平成22年には621人にまで減った梅毒患者が、
昨年は7倍以上の4559人まで激増した。

産経新聞は原因不明の拡大と書いているが、
患者が激増した時期と20代前半の若い女性中心とを考えれば
中国人観光客の急増が原因と考えるのが普通だろう。

中国では梅毒患者が40万人以上と日本とは桁違いに多く、
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20141009/frn1410091550001-n1.htm
そうした患者から爆買いにより日本在住の女性が感染し、
そこからさらに日本に在住する男性が感染したのだろう。

いま歌舞伎町の風俗では、どこも「中国人客お断り」になっており、
旅行者の爆買いも激減しているようだから、
今後、梅毒の増加は終息に向かうだろう。

梅毒患者が、みんな病院に行けばの話だが…。

中国からはPM2.5、有害食品、マフィア、梅毒と
碌なものがやってこない。

反日の特亜がなぜ日本に来るのだ?

政府はインバウンドを成長戦略に位置づけているようだが、
マナーも守れない特亜を入れないことこそが、
良質な観光資源を維持する必須条件ではないか?

悪貨は良貨を駆逐する。

特亜の観光客が増えることで、
良質な観光客が減ってしまったら
元も子もない。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


« 大使帰任と朝鮮有事 | トップページ | NHKのフェイクニュース9 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/65112491

この記事へのトラックバック一覧です: 梅毒患者はなぜ激増したのか?:

« 大使帰任と朝鮮有事 | トップページ | NHKのフェイクニュース9 »