フォト

おすすめ本

  • ねずさんと語る古事記
  • 閉された言語空間
  • 変見自在
  • メタルレジスタンス
  • ねずさんの百人一首

« 言論の自由その2 | トップページ | サクラ咲く村上春樹現象 »

2017年4月 1日 (土)

僕がチャイナと書く理由

最近このブログでは、
いわゆる中国のことをチャイナと表記している。

以前は中国と書いていたのだが、
これが差別語であるために使用するのをやめた。

中国(中華人民共和国)という名称は中華思想から来ている。

『中国人の考える中華思想では、「自分たちが世界の中心であり、
離れたところの人間は愚かで服も着用しなかったり獣の皮だったりし、秩序もない」
ということから、四方の異民族について四夷という蔑称を付けた。

東夷(とうい)-古代は漠然と中国大陸沿岸部、後には日本・朝鮮などの東方諸国。
          貉(むじな)の同類。
西戎(せいじゅう)-所謂西域と呼ばれた諸国など。羊を放牧する人で、人と羊の同類。
北狄(ほくてき)-匈奴・鮮卑・契丹・蒙古などの北方諸国。犬の同類。
南蛮(なんばん)-東南アジア諸国や南方から渡航してきた西洋人など。虫の同類。』
(以上ウィキペディアより)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E6%80%9D%E6%83%B3

要するに日本人が中国と呼ぶことは「中国様」と呼んでいるに等しく、
自らを中国の属国と認めているようなものなのだ。

チャイナは戦後、日本が主権すら回復していない状態にあったとき、
日本に対してのみ「今後は我が国を中華民国と呼び、略称は中国とするよう」主張し、
日本は放送・出版物において中国のことを「支那」と呼称することを
自粛することになったわけである。

世界は、チャイナの最初の統一王朝である「秦」にちなみ
Chinaもしくはそれに類する言葉で呼んでいる。

だから、本来は日本も「支那」と呼んで何の差し支えもないのだが、
なぜか日本においてのみ、この呼称が差別的ニュアンスを含むように
思い込まされているのだ。

僕もこのブログで「支那」と書こうと思ったのだが、
それを見ただけで脊髄反射的にレイシストと感じられる方もいるので、
「チャイナ」に落ち着いたわけ。

特亜の日本に対する優越意識は筋金入りで、
だからこそ日本に対してどんなに酷いことをしても構わないと信じており、
我々は用心の上にも用心する必要があるのです。

森友なんてやっている場合じゃないんですがね…。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 言論の自由その2 | トップページ | サクラ咲く村上春樹現象 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

公的な場でもシナと表明した存命者では石原慎太郎が思い浮かびます。西尾寛治氏もかな。

「中国」は、国を指すのか、地域なのか、漠然と通史全般を指すのか、曖昧で正確性を欠きます。日本の親「中国」派は、日本人から真実を隠すために、漠然とさせておきたいのかも知れません。

シナを差別的と言いだしたら、世界中が差別者で、中国自身もSINAと言うのに、日本だけが「中国」。逆差別の根幹です。
「差別」と言えば日本人は黙る習性に悪乗りさせているようなものです。

ネット検索すると、
事の始まりは、昭和21年(1946)の外務省が出した通達です。 当時連合軍の管理下にあった外務省は、 東京都内の主要マスコミに対して「支那」の使用をやめるように通達しました。
と出てきました。
これは、(戦勝国)中華民国の蒋介石の要請だったとかで、厳密に言えば台湾のことになるでしょう。それが、いつの間にか、中共の国を指すようになりました。中共は、人民も国土も優越呼称も国共内戦の戦利品で横取りしたのです。

たしかに、「中国」だけはやめるべきですね。

コメントありがとうございます。最近は支那と呼ぶ人も増えてきましたが、まだそれを差別的呼称だと思っている人もいます。もう戦後70年経ったのだから、様々なことを見直すべきです。中華思想では、日本人は東夷と呼ばれ、貉扱いされているんですけどね…。

私も面倒でよく中国という呼称を使ってしまいますが、個人的な心情としては「中国(嘲笑)」という気持ちです。
あまりに荒唐無稽で理不尽で、現代の感覚で言えばはっきり言って厨二病的な発想でしかなく、こんな馬鹿げた思想を後生大事に、少なくとも2000年以上も前から永々脈々と守り続けている事に只々驚きで、比喩抜きに吐き気を催してしまいます。

こうした中華思想や華夷思想の実態は数年前から知る事になりましたが、正直当初は然程重くは受け止めておらず、古代から現代にかけてその思想は様々な変遷と共に昔よりも酷い訳では無いのではないかと思っていました。
ですが、この数年の中国の動きや発言、反日的な態度の理由がずっと疑問だったのが、こうした思想を背景とした差別意識や選民思想的な本質を知るにつれ、其れ迄バラバラだったピースが嵌まる様に全てが矛盾無く腑に落ちたのをはっきりと覚えています。(それ以前は個々のものを結びつけていなかったというか繋げて考えていた訳ではありませんでした)

中国人は否定しますが、彼らは放っておいたら現在日本を始め世界中で危惧されている様な武力と経済力を背景とした影響力の拡大と独占的権益の確立、実質的な(多数の国の)支配と支配地域の拡大路線を間違い無く歩む筈です。
これは古代から続く冊封体勢、朝貢関係の復活、歴代中華王朝の復古を目指すもので、これを現政権の中国共産党で樹立する事で中国共産党の絶対支配の確立を最終的な目標とするものです。
現時点でも十分絶対支配の体勢は確立してる様に見えますが、中国共産党はクーデターや国民的な民主主義運動を極端に恐れています。
そういう意味でも実質的とは言え他国も支配していれば自分達の地位は盤石なものになります。
何故なら正統性の主張が出来るからです。
中国・韓国の反日教育の本質は彼ら自身が統治の正統性を正当に証明出来ない事が最大の原因です。
そしてそれは彼ら特亜諸国に連面と受け継がれる易姓革命の文化に溶け込み、今日の複雑な関係を生み出す結果となったのだと思います。

ですがそれが彼らにとっての致命傷になるでしょうし、現在大きな足枷になっています。
個人的には日本は真綿で絞める様にじわじわと追い詰めて欲しいなと思っています。

何故なら彼らの支配欲と飽くなき渇望は限りが無いので世界を支配する迄は止まないと思うからです。

どこかでそれは止めなければならないし、それが阻止出来る国は事実上日米以外に存在しないので、今後の国際関係に於いて日本の役割と責任は益々大きくなっていくのではと思っています。


話しが逸れるので戻すと、中国の呼称についてはポリティカルコレクトネスの観点からも大きな問題だと思うので、是非とも嬉々として言葉狩りをしてる人達にはきちんと声を上げて欲しいなと思っています。

赤い組と繋がりのある人達は絶対にしない事は分かっていますけどね。


コメントありがとうございます。「差別」を騒ぎ立てる人は、日本人による「差別」が問題であって、日本人への「差別」はむしろ歓迎しているんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/65095138

この記事へのトラックバック一覧です: 僕がチャイナと書く理由:

» ミンシン党全ての疑惑明確にすべし・・・ [母さんによる徒然・・・]
☆リーダーは辻本清美である。彼女と手下で あるピースボートは皆の善意の救援物資を集 積地に足止めさせ、そこで勝手に箱の中身を 仕分けし、売れそうな物とそうでない物とをよ り分け、残った救援物資は指定した避難所だ けへ運ぶよう、トラック運転手に強要している。  ボランティア大臣と言う公的立場の悪用だ。 各運送会社へもFAXで指示しており、会社側 は激怒していると言う。。。(# ゚Д゚)????!! http://e-vis.hatenablog.com/entry/2017...... [続きを読む]

« 言論の自由その2 | トップページ | サクラ咲く村上春樹現象 »