フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 安倍総理と国連食い違いなし | トップページ | どうでもいい話 »

2017年5月30日 (火)

前川喜平と山口敬之

前川喜平の買春疑惑については
本ブログで何度も取り上げた。

マジックミラー越しに女子高生風の女性を品定めし、
外に連れ出すという出会い系バー(売春斡旋所)に通い詰め、
それを「女性の貧困の視察調査」と言い放った喜平は、
まさにゲスの極みとも言うべき人物だが、
山口敬之氏の場合はどうか?

時節柄、安倍総理に近い人物が嵌められたようにも思えるが、
この事件は2年以上も前の2015年4月4日に起こっている。

被害者の詩織という女性は、就職の相談で山口氏と会い、
東京・恵比寿の串焼き店、そして2軒目のすし店に入って
1時間ほどしてからトイレで記憶がなくなったそうだ。

そして翌朝午前5時ごろ、ホテルのベッドで目が覚めると、
裸にされ、山口氏が体の上にまたがっていたという。

テレビでチラッと見ただけなので確かではないが、
ビールとワイン、日本酒を少々飲んだらしい。

彼女は酒に強く、酔って前後不覚になったことはないといい、
「酒に薬を入れられたのではないか」と話していたようだ。

山口氏は関係があったことは認めているが
「私は法に触れる事は一切していない」
と話しているという。

この事件は詩織さんが2015年の4月9日に警察に相談し、
4月30日に告訴状が受理され、8月26日に書類送検。
そして2016年7月22日付で不起訴処分となっている。

山口氏がフェイスブックで述べているように、
もし不起訴という判断に不満があるのなら、
なぜそのタイミングで検察審査会に
不服を申し立てなかったのか?

なぜ山口氏がテレビに露出するようになってから
行動を起こしたのか?

さらに怪しいのは詩織さんの代理人弁護士が
民進党と関係の深い「松尾千代田法律事務所」の
弁護士であること。

その法律事務所の代表弁護士である松尾明弘氏は、
山尾志桜里の夫(山尾恭生)の友人で
「民進党・東京都2区総支部長」であること。

こうした背景が見えてくると、
辻本学園問題など民進党に都合の悪い発言をする
山口氏を陥れようとしたのではないか
という憶測も生まれてくる。

事の真偽は分からない。

しかしながら不起訴処分となったことに納得できずに、
「私の知り得ない上のパワーがあったと思っています」とか、
「今国会において共謀罪の審議が優先され、先送りになっている
強姦罪の改正案がきちんと取りあげられるべき」とまで主張したのは、
ちょっと拙かったのではないでしょうか…。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 安倍総理と国連食い違いなし | トップページ | どうでもいい話 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

前川こついて、歌舞伎町では20年位前から、台湾クラブがあって
飲食代10.000円
ホテルに連れ込むショート30.000円
泊まり40.000円と言う売春クラブが数軒有ったのです。
そんな売春クラブは、日本の女性は働いて無く
大抵はは台湾女性もしくはコロンビア女性です。

詩織という人は、もう間違いなく「代理人」の代理で共謀罪反対と安倍の周辺は怪しいというために露出してきていますね。
これで成果があがれば、お仕事にありつけるのでしょう(笑)

「安倍の指示があった」と言い出すのでしょう。

素朴な疑問
顔を出して、姓を言わないのは何故?
ジャーナリストと自称するが、仕事の実績はなし。

怪しい話です。

コメントありがとうございます。米国のトランプ政権同様、安倍政権に対する左翼の動きは異常としかいいようがありません。まあ日本人も学習しているので、こんなことで政権が倒れることはないでしょう。それにしても民進党の馬鹿さ加減は幼稚園児並みですね。いい加減にしてもらいたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/65348866

この記事へのトラックバック一覧です: 前川喜平と山口敬之:

« 安倍総理と国連食い違いなし | トップページ | どうでもいい話 »