フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 学校史切取りとテロ等準備罪 | トップページ | 左翼で出来た日本社会 »

2017年5月20日 (土)

民主主義知らぬ毎日新聞


最後は「数の力」で押し切った。
「共謀罪」の成立要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する
組織犯罪処罰法改正案を審議した19日の衆院法務委員会。
自民、公明両党と日本維新の会は審議時間が「目安」の30時間に達すると、
大勢の野党議員からのヤジと怒号にひるむことなく、
淡々と採決し、可決した。
深まりや歩み寄りのない議事に、国会の内外では
嘆きや憤りの声が相次いだ。(後略)
(毎日新聞 5/19(金) 22:31配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000119-mai-soci

毎日新聞は不思議な記事を書く。

「最後は多数決で決める」というのが
民主主義の原則だろう。

それを「最後は『数の力』で押し切った」と
まるで誤ったことのように書くのは、
彼らが民主主義などどうでも良いと
考えている証だ。

「深まりや歩み寄りのない議事」というが、
時間稼ぎで廃案狙いの民進党を相手に
そんなことを期待する方が無理だろう。

自民党は審議に参加してもらうために、
悲しくなるほど民進党に譲歩している。

「深まりや歩み寄りのない議事」の責任は、
偏に民進党が負うべきものだ。

まあ、毎日変態新聞に常識を説いても意味はない。

民進・共産・社民・自由の野党4党と、
朝日新聞・毎日新聞などの偏向新聞を無くし、
テレビ地上波の独占的状況を解消しなければ、
日本の民主主義は成熟しない。

国会の審議を「最後は『数の力』で押し切った」
と新聞が書くようでは、
日本人の知的レベルが疑われるだろう。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


« 学校史切取りとテロ等準備罪 | トップページ | 左翼で出来た日本社会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

政治は現実の問題なので、最善を目指して無際限に議論するより、次善の決定で行動するほうがはるかにマシですね。正当な手続きを踏んだ採決です。
民進党議員は、関係のない質問や悪態を投げかけていただけのようで、議論にさえなっていなかったわけですが。
国会の外の、でかい声の反対派も、民主主義がわかっていない人たちなんですね。

>深まりや歩み寄りのない議事に、国会の内外では嘆きや憤りの声が相次いだ。(後略) (毎日新聞 5/19(金) 22:31配信)

これは野党にも重大な責任があるはずなのに、毎日は安倍政権が強硬採決をしたという印象にしています。
昔から、日本の偏向報道は、「決められない政治」と「強引で独裁的な政治」という政治批判のフレーズを狡猾に使い分けます。

民主党政権時には、その独断専行や密室政治や無為無策には無批判だった朝日や毎日。この会社内部では、人治主義や恣意的な手続きが当たり前になっているのではないかと、憶測されます。

コメントありがとうございます。毎日新聞や民進党は、新聞社として、政党として、基本的な能力に欠けるのではないかと感じます。適性試験とかが必要なのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/65306965

この記事へのトラックバック一覧です: 民主主義知らぬ毎日新聞:

» 民主主義知らぬ変態新聞・・・ [母さんによる徒然・・・]
☆現憲法には、自衛隊の自の字も明記され ておらず、だから自衛隊の存在は憲法学者 に言わせれば違憲、または違憲の可能性が あるとしており、ならば、改憲により合憲とす べきだと言うべきなのに、9条の改正は必要 ないとする学者がほとんどなのは理解しがた く、国を守ることより、憲法を守ることの方が 大事だと言いたいのであろうが、まさに専門 外のことには知識がない学者バカとは良く言 ったものである。。。(# ゚Д゚)!!! http://blog.goo.ne.jp/threef...... [続きを読む]

« 学校史切取りとテロ等準備罪 | トップページ | 左翼で出来た日本社会 »