フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 教科書の中国読み、韓国読み | トップページ | 鉄面皮の元文科事務次官 »

2017年5月26日 (金)

出会い系バーに行った理由


前川喜平前文部科学事務次官は25日の記者会見で、
「在職中、東京・歌舞伎町の出会い系バーに頻繁に出入りしていた」
と一部で報道されたことについて、「行ったことは事実」と認めた。
前川氏は「女性の貧困を扱ったテレビのドキュメンタリー番組で
出会い系バーを知り、援助交際の相手を見つけたりする人に会って
話を聞きたいと思った」と説明。
食事をしながら話をし、小遣いを渡したこともあったが、
「実地の視察調査という意味があった。
話の中から多くの共通点や教育行政の課題を見いだせた」と話した。
また、前川氏は昨年秋、出会い系バーへの出入りに関し、
「杉田和博官房副長官からご指摘を受けた」とも述べた。 
(時事通信 5/25(木) 22:13配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000152-jij-soci

この文科前事務次官は、
「女性の貧困を扱ったテレビのドキュメンタリー番組で
出会い系バーを知り、援助交際の相手を見つけたりする人に会って
話を聞きたいと思った」と話している。

かなり行動的で暇人のようだが、
それではいじめ自殺があったときとか、
教師の体罰、生徒への猥褻行為など様々な問題に対して、
そうした実地の視察調査を、
業務時間外に行なっていたのだろうか?

そうした事例についてもぜひ話を聞きたいものだ。

「食事をしながら話をし、小遣いを渡したこともあった」
そうだが、ホテルには行かなかったのだろうか?

そこで、どのようなサービスが行なわれているかなど
詳細な実態調査をしたのだろうか?

出会い系バーにはかなり頻繁に出入りしていたようだが、
なぜそんなに何度も行く必要があったのだろう?

この問題にそこまで執着した理由は
何だったのだろう?


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 教科書の中国読み、韓国読み | トップページ | 鉄面皮の元文科事務次官 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

(風営法上かなりグレーだと思われる)出会い系バーを知り、
援助交際の相手を見つけたりする人に会って、話を聞きたいと思った」と話している。

若い子とお話ししてお遊びもできればいいなあ、みたいな助平心が動機です。
文科省の守備範囲でもないのだから、個人的な動機です。
たしかに、仕事にどう生かしたのかも気になるところです。

日本は男尊女卑の国みたいなレッテル貼られる懸念があります。フェミニズムの人がどう評するかも注目ですね。

それにしても、前川氏の家族や知人は、どんな気持ちで一連の発言を聞いたのでしょう。
ばかな奴です。なんで、こんなのが出世したのか。親族が権力者で、東大法学部出身で、学閥の後押しがあったとしか思えません。官僚で社会の荒波にもまれていないダメなパターンですね。

コメントありがとうございます。彼は森友学園の籠池同様、多くのものを失うでしょう。露出すればするほど、その傷は深くなると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/65330111

この記事へのトラックバック一覧です: 出会い系バーに行った理由:

« 教科書の中国読み、韓国読み | トップページ | 鉄面皮の元文科事務次官 »