フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 安倍総理改憲案の矛盾 | トップページ | 国民の意識を責める小沢一郎 »

2017年5月 5日 (金)

小池百合子はどこへゆく

都知事選で投票したので今さら言いにくいのだが、
この人はもうダメだ。

共産党と組み、公明党と組み、民進党の議員を抱え、
怪しげな生活者ネットワークとも共闘するという。

そもそも自民党議員であったのに、
極左とも何とでも組むという節操の無さ。

これが小池百合子という人間だ。

日本新党→新進党→自由党→保守党→保守クラブ
→自由民主党と政党を渡り歩き、
一時はあの小沢一郎の側近だったことも、
これで納得がいく。

彼女が何をしたいのかはよく分からない。

しかしながら、彼女の勝手にさせては
拙いことになるということは分かる。

豊洲は危険だと言い、築地も危険だと分かると、
コンクリートで遮蔽されていると言い、
それなら豊洲も安全だろうと突っ込まれても
涼しい顔をしている。

体の不自由な元都知事を議会に引っ張り出し、
情け容赦もなく集団リンチをする。

都政は停滞し、築地の仲卸業者らへの賠償金は膨らみ、
環状二号線の五輪優先道路はもう間に合わない。

彼女を都知事の座から引きずり下ろすかどうかは
先の話になるのだろうが、
「小池ファーストの会」に議会まで握られれば、
都政は彼女の思うがままだ。

それだけは、させてはならないと思う。

共産党と組んだ段階で、
小池百合子は終わっていたのだ。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 安倍総理改憲案の矛盾 | トップページ | 国民の意識を責める小沢一郎 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

小池都知事は、明らかに親分小沢流に染まっているようです。将来に影響する重要な案件を、有権者に単純な2者択一にして、片方(豊洲)を悪玉に仕立てようとしていると思います。一種の劇場化です。これはまずいでしょう。
豊洲をアリババに売却したい腹といった噂も、まんざら嘘に聞こえませんし。

都知事選は、消去法でいくと小池しかいなかったでしょうね。桜井誠に期待して他県から応戦していましたが、実務的に無理ですから。

コメントありがとうございます。舛添要一に絶望したあとだったので、小池百合子が輝いて見えたのですね。都議会自民党が酷すぎた。「小池ファーストの会」が過半数を占めたら、何を始めるか分かりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/65240046

この記事へのトラックバック一覧です: 小池百合子はどこへゆく:

« 安倍総理改憲案の矛盾 | トップページ | 国民の意識を責める小沢一郎 »