フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 慌て始めた小池知事 | トップページ | 築地市場問題第3の道 »

2017年6月12日 (月)

五輪男女平等の嘘

国際オリンピック委員会(IOC)は9日、
スイス・ローザンヌ(Lausanne)で理事会を行い、
2020年東京五輪で陸上の男女混合4×400メートルリレーなどを採用して
15種目増やすことを決め、五輪における男女平等に
「重要な一歩」を踏み出したと発表した。(後略)
(AFP=時事 6/10(土) 11:19配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170610-00000010-jij_afp-spo

男女平等を言う人は、
なぜ五輪の競技が男女で分かれていることに
疑問を呈さないのだろう?

もし女子だけの競技を無くし、男女が平等に競技すれば、
五輪に参加するのはほとんど男子だけになるだろう。

なぜ女子サッカーがあるのか?
なぜ女子バレーがあるのか?

男女平等を叫ぶ人たちは、
なぜそれを差別だと騒ぎ立てないのだろう?

人は平等ではないし、男女も平等ではない。

人はみな役割を背負って生まれてくるし、
その役割を果たすことで
生きがいや幸せを感じるのだと思う。

経済的な面だけの平等を追求した共産主義は、
一握りの特権階級と大多数の奴隷を生み、
経済的に破綻し、多くが消えていった。

将棋や囲碁に女流名人がいることを、
なぜフェミニストは差別だと騒がないのか?

なぜ給与面や役員の男女比率など、
女性がより多くの利益を得られそうなことのみに
「差別」という言葉を用いるのだろう?

スポーツ競技を始め、男女には圧倒的に
能力差のあるものがたくさんある。

男女の性差、その特長を生かした様々な競技がある現状に
何も問題はないのではないか?

男女混合競技を増やすことが、
なぜ五輪における男女平等に「重要な一歩」を
踏み出すことになるのか、僕にはわからない。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 慌て始めた小池知事 | トップページ | 築地市場問題第3の道 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「男女平等」は、現実を無視したコレクトネスになっていますね。このまま逆戻りしないと、どこまで差別なしが区別なしの没個性になってしまうか知れません。

田嶋センセイだったか、男も出産の苦しみを味わえばいいんだよ!などと咆哮されていたことがありました。この人は、たんに日本を否定したいだけですけど。
男女別のトイレをなくせとか、小学生の体操着に着替えるのを別にする必要はない!とか、滅茶苦茶です。

こんな主張は平等意識を涵養するのではなく、ただの無神経やケジメのなさ自分と他人の区別をなくすだけです。
世界中のフェミニズムがそうなのか知りませんが、そのうち顔も体格も人種もまぜまぜにして没個性の区別のない世界にしろとか言いだしかねません。

田嶋センセイ他の日本のフェミニズムは親韓の人だったりしますし、その韓国は整形大国というのも、偶然とはいえ親和性みたいなのがあるのかなと思います。

コメントありがとうございます。給与や役員比率など女性を有利にする平等を言う人は、女性が不利になる平等にも言及しないと公平ではありません。韓国の整形は、容貌における平等を推進しますが、それでも身長・体重・知性・収入・寿命などなど、様々な不平等は残ります。人間は、どうしたって完全な平等にはならないのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/65403955

この記事へのトラックバック一覧です: 五輪男女平等の嘘:

» 売国連中の女性宮家創設の本音に注意・・・ [母さんによる徒然・・・]
☆しょせん、民進党・共産党は皇室廃絶が目 的なのだから、奴らの主張は一見まともに見 えてもすべてそこに収斂されるのだ。 女性宮家も女系天皇の即位で125代の皇統 を断絶させる目的である。... [続きを読む]

« 慌て始めた小池知事 | トップページ | 築地市場問題第3の道 »