フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 米国の忍耐はどこまで続く? | トップページ | 東京を、日本を守るために »

2017年6月22日 (木)

「うんこ漢字ドリル」是か非か


「虎ノ門ニュース」をご存じだろうか?

ネットテレビで月~金、8:00~10:00の時間帯に放映。
司会は居島一平氏で、毎日個性豊かなコメンテーターが登場し、
様々なニュースを解説する番組だ。

YouTubeでいつでも見られるので、
僕は月曜日を除いてほぼ毎日見ている。

月曜日は青山繁晴氏で最も人気があるようなのだが、
僕は彼の偉そうで勿体つけた喋り方が生理的にダメなので
見ないようにしている。

今週の水曜日は経済評論家の上念司氏と
気象予報士の半井小絵氏がコメンテーターだったのだが、
番組内の半井氏のコーナーで
「うんこ漢字ドリルYes?No?」というのをやっていた。

彼女はこの漢字ドリルは品がなく、
日本人の民度を下げてしまうという理由でNo!を主張したのだが、
その時の上念氏と司会の居島氏の反応が異常で、
「何が問題なの?」「面白いじゃない」など
完全に馬鹿にしたように反対していた。

最後には半井さんはシャレが分からない人
という風に貶められていたが、
僕も学習ドリルに「うんこ」はないと思う。

子供は「大人がダメ」ということを言うのが好きだ。
子供が「うんこ!」と叫び、それをたしなめたら
「だって漢字ドリルに書いてあるもん」と言ったら
どう答えるのか?

だいたい「うんこ」で興味を引こうというのは、
女性性器の名称を叫んで笑いをとるのに似た
安易で程度が低く、下品なやり方だと思う。

視聴者アンケートでも
「うんこ漢字ドリル」あり35.1%
なし64.9%と、
半井氏大勝利で
「虎ノ門ニュース」の視聴者は健全だった。

興味のある方はこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=b03wPny1_bA
(このコーナーは58分45秒くらいから)


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 米国の忍耐はどこまで続く? | トップページ | 東京を、日本を守るために »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

本屋で、そのドリルが積んであって、お婆さんに連れられた幼児が「うんこ」「うんこちゃん」を連発していました。お婆さんは笑顔でうんうんと同調して、自分まで「うんこ」を連発。本屋ですから、こちらの気分までうんざりです。

子供は秘部も陰部も関係なく、下品も汚物も関係なく、くちにするのですが、マンガとは言え、ドリルの表紙にキャラクタにしてデカデカと載せるのは行き過ぎです。いくらでも、祖父母と孫で一緒に楽しめる内容があるはずです。

”実物”と接する実体験の機会がないせいかも知れません。
これは、カエルや蝶々やミミズやミノムシを見たり触ったりする子供の体験学習の欠落と同根の問題ではないかと、少し心配になりました。

コメントありがとうございます。あんな漢字ドリルが爆発的ベストセラーになるようでは日本も終わりです。子供の頃に覚えた「うんこ」の例文は、一生頭に残るでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/65445173

この記事へのトラックバック一覧です: 「うんこ漢字ドリル」是か非か:

« 米国の忍耐はどこまで続く? | トップページ | 東京を、日本を守るために »