フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 石破茂を証人喚問せよ | トップページ | 公訴時効と黙秘権 »

2017年7月18日 (火)

蓮舫はなぜ議員辞職しない?

民進党の蓮舫代表の日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題で、
市民団体「愛国女性のつどい花時計」の岡真樹子代表らが28日午後、
国籍を選択する義務を怠り、参院選で虚偽の事実を公表したとする
国籍法違反と公職選挙法違反の罪で、蓮舫氏に対する告発状を東京地検に
提出することが分かった。
この問題で蓮舫氏に対する告発が明らかになるのは初めて。
告発状によると、蓮舫氏は17歳だった昭和60年1月に日本国籍を取得。
国籍法に基づき、22歳になった平成元年11月28日までに日本国籍か
台湾籍のいずれかを選択する義務があったにもかかわらず、
選択の宣言をした今月7日まで怠った。
また、16年7月の参院選(東京選挙区)に立候補する際、
国籍選択の義務を果たしていないにもかかわらず、選挙公報に「1985年、
台湾籍から帰化」と記載して虚偽の事実を公表したとしている。
岡代表らは告発状で「本来であればこの事実(蓮舫氏の二重国籍)を知った
有権者の投票による当選はなかった可能性が十分あり、
当時の選挙管理委員会と有権者を欺いた」と主張している。
(産経ニュース 2016.10.28 13:42)
http://www.sankei.com/politics/news/161028/plt1610280024-n1.html

上記は2016年10月28日付「産経ニュース」の記事だが、
この後の経過については岡真樹子代表が下記ブログにまとめられている。
http://blog.livedoor.jp/hanadokei2010/archives/4810390.html

要約すると、「愛国女性のつどい花時計」の岡真樹子代表らは、
国籍法違反と公職選挙法違反の罪で蓮舫を告発したが、
国籍法には罰則がないため罪に問えず、
公職選挙法違反については、選挙公報に自らの経歴として
「1985年、台湾籍から帰化」と書いたことから
最初に参院選挙に出馬した平成16年6月当時には
違反が成立していると判断されたが、公訴時効が成立しており、
これも罪に問えなかったようだ。

つまり、蓮舫は公職選挙法違反だったと東京地検が
判断しているのである。

蓮舫は毎回言うことがくるくる変わり、まさに詐欺師のようだが、
今回、国籍法違反と公職選挙法違反に当たる証拠を出したにもかかわらず、
なぜ民進党代表や参議院議員を辞職しないのだろう?

公職選挙法違反を働いて当選した議員が、
公党の代表に収まり、議員辞職もしないなどということが
まかり通るのだろうか?

蓮舫の記者会見において、記者は誰も蓮舫の議員辞職について
質問しなかったのだろうか?


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 石破茂を証人喚問せよ | トップページ | 公訴時効と黙秘権 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

メディアがあまり報道しないので辞める事は無いと思います。(少なくともしつこく批判したりはしないでしょう)

安倍総理関連は毎日嫌という程散々報道しまくって早数ヶ月が経ちますが、国籍関連の報道はしないかしてもさらっと流して終わりですから当然です。

寧ろ、これだけ連日連夜安倍総理のバッシング報道がずっと続いているからこそ今国籍問題を片付けたのは間違いない事だと思います。
つまりタイミングを見計らっていたという訳ですね。

民進党は「都議選の結果を受け、代表の国籍問題を綺麗にしないと理解(支持)を得られない」といった旨の弁解をしましたが真っ赤な嘘です。
元々民進党の支持率は低く、何をやってもさっぱり上がりませんでした。
これは様々な問題があるからに他なりませんが、何も蓮舫氏の国籍問題が1番の要因だった訳ではありません。

勿論前提として、代表から疑惑を晴らさない様な党は信用出来ないといった声はありますが、あくまで前提条件としてトップが信用出来ないから党全体も信用出来ないという事であって、それが全てではありません。

審議拒否に決議妨害、醜く口汚い野次に次々と明らかになった数々の疑惑に全く誠意や誠実さも無い対応等、あらゆる事を総合しての低支持率だという事をあまり理解していない様です。

元々初めて与党になった時の代表(元総理)自身が風見鶏な人間で、特亜諸国の言いなりになった経緯も辞めた後も現在に至る迄、そこだけは一貫して文字通り身も心も彼の国の下僕と成り果てた様な人間が中心メンバーの1人として作った様ないい加減な党です。
勿論人材もそういう方向の人ばかりです。
何も鳩山由紀夫だけが特別でもおかしい訳でもありません。

蓮舫氏も当然例外ではなく日本人から見て完全におかしいです。

ネットを中心に批判が更に高まり、メディアも無視出来ない程になれば自己保身に走って党内で責められる形で辞めるという可能性はありますが、厚顔無恥が無意識レベルで党是となっている民進党に期待をしてはいけません。

というか、個人的には辞めて欲しくありません。
このまま代表に居座り続け、衆参両院(の選挙)で大敗し解党になる迄やって貰いたい程です。

元々民進党は大した人材がいない党で、代表もずっと同じメンツが当番制の様に持ち回りでぐるぐると回っているだけの党です。

いい加減税金の無駄遣いを止める為にこれ迄通り厚顔無恥なまま我が道を行って欲しいですね。

ここで変に世論を意識して見せ掛けだけの代表交代や人事等や上辺だけの改革なんかやったら、また騙される人が彼らに投票してしまいます。

只でさえ反日勢力が権勢を振っている様な今の日本の状況が悪化しない様、腐った根は早めに摘み取りたいものです。


R4は、この「説明」を持って、自身の国籍問題は解決したと思い、取り巻きの野田も同様でしょう。これで代表続投への意欲はさらに強くなります。

しかし、民進党内でR4ー野田体制に不満を持つ連中にとって、国籍問題はR4引き下ろしの口実だったわけですから、不満は何も解消しません。

更に民進党内の暗闘が続くわけです。
すなわち自爆路線まっしぐらに変わりはありません。

問題は自爆までの時間をどれだけ早くするかです。
彼らは何一つ日本の政治に貢献はしません。害を及ぼすだけですから。
民進党内の混乱を拡大させるように煽りましょう。

コメントありがとうございます。民進党はいずれは崩壊するでしょうが、僕は日本のメディア・社会・政治状況のレベルの低さが気になります。これが今の日本ではあるんですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/65551995

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮舫はなぜ議員辞職しない?:

« 石破茂を証人喚問せよ | トップページ | 公訴時効と黙秘権 »