フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 議論すべき日本の問題 | トップページ | 詐欺師だった愛国教育者 »

2017年7月30日 (日)

稲田防衛大臣の風評

今日の産経新聞で、曽野綾子さんが「稲田朋美氏は防衛大臣に適しておらず、
安倍総理がなぜ彼女を防衛大臣に選んだか理解に苦しむ」
というような内容のことを書かれている。

僕は防衛問題に詳しくはないが、ネットか何かの情報で
「防衛機密がチャイナに筒抜けになっていた」というようなことを
何度か耳にしたことがある。

これは民主党政権の影響もあろうし、
自民党の中にも親中派の議員は多数存在する。

今回の安倍政権の支持率低下で、突如として安倍批判を強めた
石破茂も中谷元も元防衛大臣だ。

だから安倍総理としては、自分が本当に信じられる人間を
防衛大臣に据えたいということがまずあっただろう。

彼女に対する過度な期待もあったかも知れない。

しかしながら、彼女が防衛大臣になってからの
野党やメディアの異常な攻撃を見れば、
彼女が防衛機密のチャイナ流出を止めるなど、
防衛大臣としての職務を期待通りに果たしていた
とも言えるのではないか。

今回の日報問題については、文科省の前川のような人物が
防衛省にもいたということだろう。

もちろんTPOに合わせた格好とか、
都議会議員選挙の「防衛省・自衛隊としてもお願いしたい」
といった不適切な発言もあったけれど…。

曾野綾子さんが仰るように、
僕も稲田朋美氏が防衛大臣に適しているとは思わない。

しかしながら、それは安倍総理が真に信頼できる人材が、
自民党の中にいかに少ないかというところに
問題があるのではないだろうか。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 議論すべき日本の問題 | トップページ | 詐欺師だった愛国教育者 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/65601415

この記事へのトラックバック一覧です: 稲田防衛大臣の風評:

» ゴミの暴走そろそろ・・・ [母さんによる徒然・・・]
☆朝日新聞は、安倍内閣を批判するなら、公 約違反をしまくっていること、国民を欺いて移 民受け入れを急拡大させていること、弊害の 多いカジノ実現に向けて暴走していること、慰 安婦合意などを反故にしている韓国に対して も弱腰外交を展開していること、経済政策に ついても有効な成長戦略を施さずに逆に増 税や外国人労働者の受け入れ拡大など成長 にマイナスとなる政策ばかり行われているこ となどを批判するべきだ。(詳細記事:第2次 安倍政権の主な公約破りやヘタレ外交)。。!!! h...... [続きを読む]

« 議論すべき日本の問題 | トップページ | 詐欺師だった愛国教育者 »