フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 内閣改造の怪しい顔ぶれ | トップページ | 総務相・外相で支持率アップ? »

2017年8月 4日 (金)

内閣改造の毀誉褒貶


昨日指摘したように、やはり内閣改造の注目点は
総務大臣の野田聖子、外務大臣の河野太郎だった。

意見は真っ二つに割れていて、最悪の内閣という人もいれば、
安倍総理の深謀遠慮が窺える組閣であるという人もいる。

前者の意見は説明不要と思われるので、
後者の意見を採り上げると、今日の虎ノ門ニュースで
有本香さんが仰っていたことに収斂されるだろう。
https://www.youtube.com/watch?v=gcnHUKHU0iw

つまり「敵をこそ側に置く」という考え方だ。

総務大臣は放送法を所管する大臣で、
安倍政権の目下最大の敵であるマスメディアを
いかにコントロールするかが最大の課題である。

それを親韓・親中派である野田聖子に
やらせようというのだ。

河野太郎についても、父親の河野洋平が発した河野談話を
どうとらえ、日韓合意を韓国にいかに守らせるか。

そうした難しい課題を、自民党内で安倍政権と対立している
二人の実力者に解決させようというのである。

そもそも岸田外務大臣だって安定感があるとは言われたが、
実際に外交をやっていたのは安倍総理で、
彼がやったことでめぼしいことを探すことすら難しい。

吉と出るか凶と出るかはわからないが、
河野太郎がダメならすぐに引っ込めれば済む話だ。

あの田中真紀子のように。

これ以上「お友達内閣」と揶揄された、
安倍晋三の理念に共鳴する議員の多くを閣僚に
取り立てるのには無理がある。

今回の組閣は冒険ではあるが、
結局安倍内閣というのは「安倍総理ありき」で、
逆に言えばそれ以外には何もない内閣である
とも言えると思います。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


« 内閣改造の怪しい顔ぶれ | トップページ | 総務相・外相で支持率アップ? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/65617392

この記事へのトラックバック一覧です: 内閣改造の毀誉褒貶:

« 内閣改造の怪しい顔ぶれ | トップページ | 総務相・外相で支持率アップ? »