フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 非核五原則 | トップページ | 北への制裁日本は十分か? »

2017年9月20日 (水)

平和ボケと経済音痴


民進党の松野頼久国対委員長は20日昼、国会内で記者団に対して
「北朝鮮が15日にミサイルを撃った中で、
消費増税分の使い道を見直すとの争点で選挙するのは、
あまりにも平和ぼけしている」と安倍晋三首相を牽制した。(後略)
(産経新聞 2017.9.20 13:23)
http://www.sankei.com/politics/news/170920/plt1709200022-n1.html

北朝鮮の核やICBM開発が加速する中で、
延々と「もり・かけ」問題をやっていたのは
どこの誰なのだろう?

「あまりにも平和ボケしている」のは民進党だ。

ところで、安倍総理は消費税増税を
決断してしまったようだ。

これで日本の景気はさらに悪くなり、
税収は思ったほど伸びないだろう。

この時期、「消費税増税分を幼児教育など
教育費に振り向ける」との公約で選挙を戦うのは
僕もどうかしていると思う。

「国の借金1,000兆円」という
財務省のありもしない国家破綻プロパガンダに
洗脳された日本国民には、
まともな選挙公約は無理なのだろうか?

確かに「憲法改正」や「自衛隊の国軍化」
「核保有の検討」では公明党は離れていくだろうし、
自民党をまとめることも難しい。

選挙に勝つには、ホンネを言わないことが
必要なのかも知れないけれど。

民進党の前原誠司は「増税で社会保障の充実」
が持論のようで、いずれにしても消費税増税が
前提の選挙になりそうだ。

安倍総理は、教育無償化を掲げる「日本維新の会」を
味方につけることで、
より大きな何かを狙っているのでしょうか?


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 非核五原則 | トップページ | 北への制裁日本は十分か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

松野は解散の話が出てきて、急に「ミサイルが・・・」などと言い始めましたね。
この男、今までの言動、行動から全く信用できません。
「偉そうに言うな、お前、落選しろ」、これにつきます。

でも、こんなのが多くて嫌になります。
選挙は、こんなゴミどもを片付ける好機です。
その点で、選挙には大いに大義があります。

いつも更新、お疲れ様です。
楽しみに拝読しております。

>ところで、安倍総理は消費税増税を決断してしまったようだ。

これは、ほんとうでしょうか。「国の借金」解消が一大事で、プライマリーバランスがうんぬんが独り歩きしていますので、景気対策や福祉がどうとかよりも、財務省に後ろから撃たれないように、また党内の財務省よりの議員対策なのでしょうね。

安倍さんも内外に配慮しながら匍匐前進しなければならないので大変ですね。おっしゃるように、日本国民の深い理解が必要だと思います。

民進は、政局ばかりです。自分たち主導の政局ネタで長引かせて、自分たちの政治家生命を延命します。
さんざんミサイル実験やられてきたのに、選挙の声が聞こえてくると、北の開発やICBMの位置付けが一瞬で180度も変わるのです。国民不在の呆れた政党です。

全くその通りだと思います。
そしてこの解散報道には若干驚きましたが、恐らくタイミング的にはこれ以上無い程に絶妙だったと思います。

何しろ国際情勢を見ると、米国はまだ政治体制が整いきれてませんし、中国は秋の党大会前、EUは英国の離脱と小国の経済状況が芳しくない上に、ごたごたが続いている様ですし、韓国は相変わらず政治も経済も混乱していて北朝鮮の核・ミサイル問題はどうやら長引きそう…という感じです。
そうなれば凡そ1年半程しか無い衆議院の解散も任期が迫れば外も内も倒閣の流れが起きて情勢不安に陥る可能性がある…。(この辺はあまり参考にならないかも知れませんが韓国の大統領が1期5年の任期だけという政治体制が様々な問題を起こし悲劇的な結末を迎えている事を考えると、日本であろうと他の国だろうと程度の差こそあれ任期末期は権力闘争の餌食になる事は明らかです)
安倍総理はその辺の事も考慮して解散総選挙に打って出たのだと思います。
勿論国内の情勢や色々な状況も勘案してる事だろうと思っていますが、似非識者のお歴々は皆挙って国内情勢の、特に支持率や民進党を始めとする野党の動きばかりを理由に挙げていますが、そんなものばかりではないというのが個人的な感想です。


そして経済に関してですが、私は消費税または所得減税と共に財政出動が景気回復の起爆剤になると確信しています。
今の所そうした動きは全くと言っていい程無く、消費税増税の口実がまた一人歩きしてる様に思いますが、もし増税されればまたデフレに戻る事は必至です。
(主に財務省が)倒閣の工作を種々様々な所で行っている事を考えると、これ迄ものらりくらりと(増税は)かわしてきた様に思いますが、これからもそうしていくのか、それとも予定通り来年10月に増税するのか分かりませんけど本当に慎重に考えて欲しいです。


いつもお読みいただきありがとうございます。
読者様
日本新党出身の政治家に碌な人間はいません。大掃除、できればいいですね。
ゆ様
増税、嘘であって欲しいですね。「10%の増税で日本経済は完全に終わります」とノーベル経済学賞のクルーグマンが言ってましたっけ。
玉藻前様
応援している政党に「増税」を公約されると、本当に複雑です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/65817130

この記事へのトラックバック一覧です: 平和ボケと経済音痴:

» 「国の借金1,000兆円」というありもしない国家破綻プロパガンダに洗脳された日本国民・・・ [母さんによる徒然・・・]
☆皇居、駅、など公共機関のハングル文字 は撤去願います。 外国人向けであれば英語だけで十分です。 ハングル文字と中国語は撤去して禁止願い ます。英語と日本語のみ表示の方がスッキ リして気持ちがいいです。宜しくお願いしま す。。。〇┐ http://www.e-gov.go.jp/... [続きを読む]

« 非核五原則 | トップページ | 北への制裁日本は十分か? »