フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 嫌韓ヘイト本というレッテル | トップページ | 平和ボケと経済音痴 »

2017年9月20日 (水)

非核五原則


チャイナが核兵器を持ったとき、
日本で核保有の議論が起こらないことに
世界は驚いたという。

そして今、頭のイカレタ独裁者の近隣国家が、
核兵器を開発し、その威力をどんどん増しているにも関わらず、
日本ではやはり核保有の真剣な議論は起こらない。

非核五原則に支配されているからだ。

核を「作らず」「持たず」「持ち込ませず」という三原則に
「議論させず」「考えさせず」をプラスした非核五原則。

誰に押しつけられたか知らないが、
几帳面な日本人はこの愚かな五原則を、
崇め奉っている。

ご丁寧にもNHKはスペシャル番組で
「沖縄と核 元米兵が衝撃の初告白
沖縄に核兵器1300発が」という番組を放映し、
日本人が間違っても核兵器を持とうなどという邪心を
起こさせないように注意を払っている。

日本を丸裸にして、
いずれ米国が極東から出ていく道を選択すれば、
日本はチャイナの思うがままだ。

日本が言うことを聞かなければ、
北に核兵器を撃ち込ませればいい。

「米国が日本を見離すはずがない」

日本人が平静でいられる
唯一の理由がこれだ。

いま米国は日本を見離さないだろうが、
では10年後は、100年後は、どうだろう?

それが判らないから、
いま日本は核保有を真剣に検討する必要がある。

未来の日本人に、今を生きる日本人は
重大な責任を負っているのだ。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 嫌韓ヘイト本というレッテル | トップページ | 平和ボケと経済音痴 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>誰に押しつけられたか知らないが、

>核を「作らず」「持たず」「持ち込ませず」という三原則に「議論させず」「考えさせず」をプラスした非核五原則。

はい、特あに優位性を持たせるために、もっと具体的に書けば、米ソ英仏に続いて核保有したがっていた中共シナに時間を与えるために、国内のサヨクが大騒ぎしたもんで、佐藤栄作が宣言せざるを得なかったんですね。

今では、パヨクの成果、日本牽制のお宝になっています。国防費1%枠なんてのも長らく、同じように内輪のお約束でしたね。

憲法ほどの強制力はないわけだし、さっさと変えればいいと思います。中川昭一氏を始め先達がたも、お喜びになることでしょうね。

コメントありがとうございます。「日本にだけは核を持たせない」と考えていたのは、日本に核爆弾を落とした米国です。トランプが大統領の間がチャンスなんですけどね。

今のお花畑と左巻き勢力に侵された日本では核保有の議論は起きないでしょう。

そんな事したら一気に倒閣が起こり、また碌でもない内閣が誕生し混乱が助長されてしまいます。
そもそも今の日本の状況では核保有論を出した途端に批判的な報道が連日連夜繰り広げられる事も容易に想像出来ますし、そうしたメディアに躍らされたお花畑や左巻きな勢力が必死に非難して倒閣運動が巻き起こります。

一番現実的で建設的な方法としては核シェアリングが妥当なラインではと思っています。
これなら国際的な批判も最終的には避けられますし現状の非核三原則の要件を見直すだけで済むばかりか、実際に日本が核を開発したり生産したりと言ったコストを削減し時間的にもすぐに配備が出来るというメリットがあります。
また、これは実際に配備する必要は無く、核配備は極秘事項なので配備したかも知れないしまだ配備してないかも知れないという曖昧なスタンスを取る事が可能です。

そうしたスタンスだけのはったり的なものでも十分他国には脅威ですし外交的にも効果があると思います。

勿論これだけでも特に中国や韓国と言った特亜が気が狂った様に騒ぐでしょうが、既にNATOを始め世界中で行われている事なので、日本もそれに順ずるという事ならば理解が得られます。

こうした点を踏まえて国民に訴えかければ、実際にもう日本は核の脅威に晒されているのですから国内世論も同調する可能性はまだあるという事も核シェアリングにはあります。
特に実際にすぐ配備するとか必ず配備するという訳ではなく、いざという時の為に即座に対応する事と更なる高い抑止力の為という名分が効く事でしょう。

恐らく国内世論は真っ二つに割れてそれでも尚、否定的な意見の方が優勢になると思いますが、押し切ってしまえばこちらのものというものです。
日本は国際的にとか欧米ではとか先進国ではという言葉に弱いので、いきなり非核三原則撤廃とか言うよりも余程国内の批判を避けられそうだと考えています。
しかも現実的な方法として実現可能な案ですし、何より今は一刻も早く核で守らなければならない時です。
この差し迫った状況でまだ話し合いをとか抜かしてる阿呆は自分で直接北朝鮮に乗り込んで勝手に話し合ってくればいいのです。
酒でも酌み交わして話し合えば解り合えるとまだ信じているなら即座に拘束されてどうなるか分かりませんが。

韓国の文在寅大統領はこの間のミサイル発射の後に北朝鮮を非難する様な声明を発表しましたが北朝鮮支援は国連が呼び掛ける人道支援の枠なので政治的な影響は受けない等として国会に予算を提出するそうです。
今迄散々その人道支援物資を食い物に外貨に変えて核にミサイル開発をやってきたにも関わらず、です。
本当に北朝鮮の回し者という外ありません。
確実に母子や支援が必要な人の手に渡る様にと言っていますがそんなのあり得ません。

そしてその支援物資とやらもまた核・ミサイル開発に回される事でしょう。


こんな馬鹿な隣国もいる状況ですから、今こそ核シェアリングを議論する時でそれをするだけでも抑止力になります。
また、先述の国際世論も避ける事が出来るという点をもう少し言えば、核拡散防止条約、IAEAにも抵触する事がありませんので、いきなり日本が核保有すると言い出すよりもよっぽど良い案だと言えます。

勿論個人的には核は廃絶して欲しいし廃絶すべきだと思っていますが、今はそんな事を言ってる時ではありません。
何しろ最悪3度目の原爆投下が現実のものになるやならぬやという危機的状況に差し掛かっているのです。
非核三原則やら憲法九条やら防衛費1%枠やらのまやかしに、日本もいい加減目覚めるべき時に来ていると思います。


コメントありがとうございます。もちろん「核を持つ」というのは、当面は核シェアリングのことですが、その議論ができないんですね。普通なら北が核で日本を焦土にすると恫喝しているわけだから、核を持つことで抑止力にしようと思うのは当然なんですが…。

再度、失礼します。

日本は核の傘の下にいる、という事実は、左右両方から出る話しですね。
右は米国の顔色を忖度して核保有に向けた議論をできないし、左はそれを根拠に「日本は独立していない、真の自立を手にしていない、情けない」と、論を米軍の排除の方向につなげて持っていきます。

サヨクがイヤらしいのは、日本が「核の傘」に居ること自体は、腹の底では否定していなくて、傘をさしているのが「米国だから」ネチネチ言うところです。
これが中共シナであればOKだし、それに北朝鮮の核も加われば、彼らは万々歳なんでしょうね。

もし、将来、日本が「中朝の」核の傘という脅威の下に入れば、左翼系の人物は批判的なことは何も言わないと思います。
(アリバイ作りでちょろっと言うかも知れませんが)
現在の北の核に知らんぷりを決め込んでいることは、その傍証になります。

将来、そうなったときに、彼らは「日本は独立国とは言えない、外国の核の支配から脱しよう」などとは言わないはずです。むしろ、「既成事実として受け止めよう、逆らって血を流すことはないじゃないですか」くらいの、ダブスタのなだめすかしを平然と言うことでしょう。

現在、国内に米軍基地を設営させても、日本人が何も言えないように、将来、国内に中国の基地があっても何も言わせない。サヨクは「何が問題ですか?」とシレッと居直ることでしょう。
現在、対米的に経済の不平等があっても、米国債を買い支えてあげても、日本は強く言えないところがありますが、サヨクは「今後、米国が中国に変わって何が悪いの?」と考えています。それに南北朝鮮が間に入る中華体制の肯定が加わります。

そういうビジョンに従って、「彼ら」は中国の核はきれいな核と位置付けて問題視しないし、日本は非核三原則を厳守しろと必死に言うのでしょう。傘の持ち主を米国から中共シナに変えるためです。

彼らは決して、日本の独立や世界の平和のために非核を言うのではありませんね。
この点を我々日本国民はしっかり認識しなければならないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/65813743

この記事へのトラックバック一覧です: 非核五原則:

« 嫌韓ヘイト本というレッテル | トップページ | 平和ボケと経済音痴 »