フォト

おすすめ本

  • 月刊Will1月号
  • 月刊hanada1月号
  • 月刊正論1月号
  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 五輪4日間CO2排出量ゼロ | トップページ | 小池百合子が左派を分断? »

2017年10月26日 (木)

メディアの再編は起こるか?

朝日新聞をはじめとする反日メディアが、
「安倍政権は信任されたわけではない」
としきりに言っている。

それは「当社の世論調査の結果と違っている」とか
「小選挙区制による虚構の多数である」とか、
ほとんど理由にもならない理由によってである。

これまで反日野党と反日メディアがスクラムを組んで、
あれだけ「モリカケ」問題で安倍政権の評判を落としてきたのに、
選挙ではまた安倍自民が圧勝してしまった。

悔しくて仕方がないのだろう。

こうした反日メディアの論調に、
いい加減に日本国民は不信感を持つべきだ。

日本国民がメディアをまったく信用しなくなれば、
彼らは存在意義を無くす。

そこで、ようやくメディアの再編が起こるのだ。

テレビはあまり見ないので、実態はよく判らないが、
ネットにアップされたニュースを見る限り、
反日新聞や反日テレビのコメンテーターが言っていることは
もはや無茶苦茶である。

あれをボーッと見て信じているようでは
どうしようもない。

幸か不幸か、世界は日本より
遙かに速いスピードで動いている。

その世界で起こるさまざまな事象に、
日本は対応していくしかない。

それを任せられるのは安倍政権以外にないと断じたのが、
今回の選挙だったのではないだろうか。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 五輪4日間CO2排出量ゼロ | トップページ | 小池百合子が左派を分断? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

朝日やTBS、NHKは新華社の東京支店だからな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メディアの再編は起こるか?:

« 五輪4日間CO2排出量ゼロ | トップページ | 小池百合子が左派を分断? »