フォト

おすすめ本

  • 天皇の国史
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020

« 複雑な選挙結果 | トップページ | 五輪4日間CO2排出量ゼロ »

2017年10月23日 (月)

衆院全議席が確定

『衆院新勢力、自民284、立憲55、希望50、公明29、共産12、
維新11、社民2、こころ0、諸派0、無所属22』
(朝日新聞デジタル10/23(月) 17:21 掲載)
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6258522

「自民単独で最大300超も」という毎日変態新聞の大見出しが
有権者の「自民党を勝たせすぎてはいけない」という意識に
影響を与えるのではないかと心配したが、
選挙結果はほぼ産経新聞等の事前予測通りになった。

考えてみれば、「自民党」が「公明党」の支援を受け、
野党第1党の「民進党」が「希望の党」と「立憲民主党」に分裂したのだから、
小選挙区で「自民党」が圧勝したのは当然ともいえる。

それにしても「立憲民主党」の大躍進は不可解だ。

比例区の東海ブロックで「立憲民主党」の比例名簿の候補が足りなくなり、
本来獲得できた議席を「自民党」に譲るというオマケまでついて、
今回の選挙が「立憲民主党」の幹部さえ予想できないほどの
大勝利だったことが窺える。

この国の有権者は極めて情緒的だ。

「希望の党」へ「民進党」が合流する際に発した
小池百合子の「全員受け入れる気はさらさらない」「一人一人選別する」
という言葉がターニングポイントになったと思われるが、
言い方はともかく、全員受け入れていれば
「民進党が看板を掛け替えただけ」と非難されることになり、
小池百合子としては選別せざるを得なかったのである。

そもそも小池百合子という人は極めて尊大で、
人から好かれるタイプではないらしい。

これは都知事選の前から著名なブロガーが発言していたし、
今回自民党から当選した杉田水脈氏がたった一度
小池百合子に挨拶したときも、非常に愛想が悪かったという。

そうした地金が見えてきたということだろうか?
もちろん都政での失態も大きい。

何はともあれ「自民党」の大勝利はめでたいし、
「立憲民主党」の大躍進は今後の議会運営の障害となる。

「自民党」としては「希望の党」や「日本維新の会」を
いかに味方につけるかが重要になるだろう。

「立憲民主党」「共産党」「社民党」には、どれだけ下手に出ても、
安倍政権の提案にはすべて反対してくるに決まっている。

それにテレビ・新聞といった「反日メディア」が絡んでくると、
日本の政治状況は一向に好転しない可能性もある。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 複雑な選挙結果 | トップページ | 五輪4日間CO2排出量ゼロ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>「立憲民主党」の大躍進は今後の議会運営の障害となる。

そうです。これがあるから、自民勝利と喜ぶことができません。議論できないんですから。
特に気になるのは、有権者の情緒的な投票行動です。いわゆる空気に左右される点です。
沖縄や岩手の有権者の空気が理解しがたいです。まだ、わからないのですか、と言いたくなります。

せめて、経済政策を考えてほしいものです。共産、社民がダメなのは、政治もだけど、経済がさっぱりダメなんですよ。
立憲民主は民主党のゾンビですから、同じように経済政策はダメ。円高デフレマンセーです。庶民にキャッシュばら撒き程度の、甘いワナでつるくらいのことしかできません。財源なしです。

そして、これからも、国会でもりかけばかり連呼するわけです。うんざりですね。

レンホウまでもが枝野一派を応援するとか・・・
政界になど来なくていいから水着アイドルでもしてろや。

コメントありがとうございます。国民の多くが政策ではなく、イメージで投票していることがよく判ります。何をどうすれば日本が良くなるか、ということにまったく興味のない人間にも投票権を与えるのが民主主義という制度です。まさに日本人の民度がそこに現われるわけですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衆院全議席が確定:

« 複雑な選挙結果 | トップページ | 五輪4日間CO2排出量ゼロ »