フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 基礎知識が欠如した年鑑 | トップページ | 平成の無責任女 »

2017年11月13日 (月)

35分の3

この数字は先進国の多くが加盟しているOECD(経済協力開発機構)
35カ国の中で、電波オークションを導入していない国の数。

詳しくはこちら↓
http://merit-de-merit.com/blog/2017/08/09/post-1398/

導入しているのが、
イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、ベルギー、フィンランド、
スウェーデン、オーストリア、デンマーク、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、
アイルランド、チェコ、ハンガリー、ポーランド、スロヴァキア、エストニア、
スロベニア、ラトビア、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ、オーストラリア、
ニュージーランド、スイス、ノルウェー、トルコ、韓国、チリ、イスラエル
の32カ国。

導入していないのが、
ルクセンブルク、日本、アイスランドの3カ国。

なにやら共謀罪(正確にはテロ等準備罪)の時の193カ国分の11カ国
(国連加盟国)を思い出させるが、
これは反日野党の反対で実現できなかったのではなく、
反対したのが自民党という点が大きく違っている。

民主党政権が電波割り当てから入札制にすることを閣議決定し、
平成24年(2012年)の国会に電波法改正案を提出していたにもかかわらず、
安倍政権になって事実上の廃案にしてしまったのだ。

反日テレビ局は大反対していたはずだと思うが、
お仲間の民主党はなぜ裏切ったのだろう?
財務省のご意向に逆らえなかったのだろうか?

また安倍政権は、なぜこんなチャンスを
逃してしまったのだろう?

電波オークションを実現していれば、
馬鹿げた「モリカケ事件」もなかったかも知れない。

とにかく、これ以上テレビ局を甘やかし、
偏向報道を許してはいけない。

一刻も早く、世界の常識となっている
電波オークションを導入すべきだ。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 基礎知識が欠如した年鑑 | トップページ | 平成の無責任女 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/66040268

この記事へのトラックバック一覧です: 35分の3:

» 電波オークションを導入していない国3国に我が国が・・・ [母さんによる徒然・・・]
☆私達国民は、あなたが売買春系出会い酒 場に、ひんぱんい出入りしていたことを忘れ ません。 [続きを読む]

« 基礎知識が欠如した年鑑 | トップページ | 平成の無責任女 »