フォト

おすすめ本

  • 月刊Will1月号
  • 月刊hanada1月号
  • 月刊正論1月号
  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 品格の前にルール知らぬ横綱 | トップページ | 不正はなぜ起こったか »

2017年11月23日 (木)

チャイナ様の日本経団連


『日中経済協会、経団連、日本商工会議所の財界合同訪中団は22日、
北京市のホテルで総括の記者会見を開いた。
経団連の榊原定征会長は「中国が再び日本経済から環境や企業管理などを
学ぼうとする姿勢が出てきたことを歓迎する」と評価。
中国側には、習近平国家主席が提唱する広域経済圏構想「一帯一路」に
日本企業の協力を得たいとの思惑があるが、
透明性があやふやな事業も多く、日本側には慎重論も根強い。(後略)』
(産経新聞 11/23(木) 7:55配信)

経団連の榊原はどこまで馬鹿なのだ。

中国に「日本に学ぼうとする姿勢が出てきた」とすれば、
それが「日本の技術を奪う」や「日本を利用する」を意味することくらい
誰でも分かるだろう。

「歓迎する」などという頓珍漢なことを言っているようでは、
チャイナ様の意向を忖度していると思われても仕方がない。

参加者の中には一帯一路について
「日本企業にも商機」と言った人間もいたようだが、
チャイナのスパイでなければ
「正気?」と聞きたくなる。

チャイナや韓国は日本の技術を奪うことで
ここまで成長した。

しかしながらチャイナは、
民主主義でも自由主義経済でもなく、
一党独裁体勢なのだ。

中国にさらなる投資をしたり、
一帯一路に参加したければ勝手にすればいいが、
一介のサラリーマン社長に歴史ある企業を危険にさらす
資格があるかどうかはよく考えるべきだろう。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 品格の前にルール知らぬ横綱 | トップページ | 不正はなぜ起こったか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャイナ様の日本経団連:

» 無能社長ども歴史ある企業を危険に晒す事なかれ・・・ [母さんによる徒然・・・]
☆経団連の榊原はどこまで馬鹿なのだ。 中国に「日本に学ぼうとする姿勢が出てきた」 とすれば、それが「日本の技術を奪う」や「日 本を利用する」を意味することくらい誰でも分 かるだろう。... [続きを読む]

« 品格の前にルール知らぬ横綱 | トップページ | 不正はなぜ起こったか »