フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 35分の3 | トップページ | 日馬富士事件の謎 »

2017年11月14日 (火)

平成の無責任女


都政を投げ出して総理大臣になろうとした
小池百合子が、今度は自らがつくった
「希望の党」を投げ出したそうだ。

葛飾区の区議会議員選挙では、
定数40人のところに5人しか候補者を擁立できず、
当選したのはなんと1人だった。

そのことを聞かれると、
『それは「都民ファーストの会」の問題』
とまるで自分には関係ないとでも
言わんばかりだった。

都政の透明化と言いながら
都政をブラックボックス化し、
安全な豊洲市場を、
安全はあるが安心がないと言い、
都政を混乱の極みに陥れ、
今度はその都政に専念するという。

本当にちゃんとやれるんなら
都政に専念しても良い。

でも、どうせできないんだから、
都政も投げ出してくれ!


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 35分の3 | トップページ | 日馬富士事件の謎 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

小池の頭の中がブラックボックスです。透明化しろ。

バカなレンホウよりはマシかと思ったけど…
ケンカする相手間違えたな…
マスコミ(カメラ)使うのが上手い女だ。

コメントありがとうございます。小池ほど行政能力のない知事はいません。新しいことを言って目立つことで風を起こしてきましたが、逆風が吹き始めても同じことをやっています。「知事に専念せよ」との天の声が、「豊洲移転問題を何とかせよ」を意味することが分からないのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/66044190

この記事へのトラックバック一覧です: 平成の無責任女:

« 35分の3 | トップページ | 日馬富士事件の謎 »