フォト

おすすめ本

  • 売国議員
  • 日本を破壊する種子法改正
  • 反日中韓を操るのは…

« スマホ自転車致死事件 | トップページ | 補助金100億何が悪い? »

2017年12月16日 (土)

立憲主義と民主主義

12月14日(木)の虎ノ門ニュースで
竹田恒泰さんが「立憲主義」と「民主主義」は対立概念である
ということを説明されていた。
https://www.youtube.com/watch?v=fFt7I8PZHw4&list=PLdoANlSaeHve-kT14L4OaVhBd8m4KVMYt
(21分くらいから)

立憲主義とは憲法を軸にする、という意味だから
「死んだ人たちが決めたこと」に従うことになる。

ところが民主主義というのは今を生きている人たちが
さまざまなことを議論して決めるという制度で、
立憲主義とは逆の立場を意味するわけだ。

つまり「死んだ人たちによる統治」と「今を生きている人たちの統治」
という全く正反対の概念なのである。

さらに言えば、その「死んだ人たちが決めたこと」というのは、
私たちの先人が決めたものではない。

私たちの憲法は、占領軍である米国が、日本を二度と地域大国にしない、
つまり一人前の国家にしないためにつくったものだ。

つまり、日本における立憲主義とは、
「日本を二度と地域大国にしないために米国が作った憲法に従う」
ということを意味するわけである。

となれば、左翼の憲法学者が言っている立憲主義というのが
いかにおかしなものか判るだろう。

立憲主義を強調する人たちは、「日本を一人前の国家にするな」
と主張しているということになるのである。

私たちは「立憲主義=民主主義」
のように立憲主義を語っているが、少し見方を変えるだけで、
それがいかにおかしな考え方であるかが理解できる。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« スマホ自転車致死事件 | トップページ | 補助金100億何が悪い? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/66165469

この記事へのトラックバック一覧です: 立憲主義と民主主義:

» 敵国と見なしている国に居座り・物乞いする恥の国いと哀れ・・・ [母さんによる徒然・・・]
☆立憲主義とは憲法を軸にする、という 意味だから「死んだ人たちが決めたこと」 に従うことになる。 [続きを読む]

« スマホ自転車致死事件 | トップページ | 補助金100億何が悪い? »