フォト

おすすめ本

  • 売国議員
  • 日本を破壊する種子法改正
  • 反日中韓を操るのは…

« 国内で火をつけ海外で燃上がる | トップページ | 日本人3人機内で大騒ぎ »

2017年12月10日 (日)

冤罪でも罪を認めろと


報道ステーション(テレビ朝日)に元朝日新聞論説委員の稲垣えみ子が出演し、

稲垣えみ子「大事な問題いっぱいあるのに、この問題で延々と費やされるってことが本当に国家的損失だって気がするんですよね。」

富川悠太アナ「やっぱり一番時間を割いたのが森友・加計学園問題だっていうのは事実ですよね」

稲垣えみ子「そうですね。まっ、これ、なんというか…認めたらいいと思うんですよ。安倍さんが指示してたとか関係してたとか別として、周りの人が勝手に忖度したとしてもそれで実際おかしな方向に色々なことが歪められていることは事実だと思うんですよね。そしたらもう忖度で物事が変なふうに進んでいくっていうこと自体がやっぱり大きな問題。忖度が暴走するっていうのが日本人の弱点。それをちゃんと認めて、二度と起きないようにきちんと検証して改めていったら本当にいいと思うんですよね。」
http://netgeek.biz/archives/108036

「報道ステーション」など、もちろん見てはいないけれど、
今日はこの元朝日新聞論説委員「稲垣えみ子」の発言が、
様々なところで取り上げられていた。

この女性は、テレビに出してはいけないレベルの人ですね。

普通、「モリカケ問題」を追求している人たちは、
これが重大な問題であると認識しているのだが、
彼女はその追求が「国家的損失」だという。

つまり、大事な問題を脇に置いて追求するほどの
ことではないというわけだ。

もちろん多くの国民はそう思っており、普通なら野党に対して
「いつまでモリカケをやっているんだ」という批判になる。

ところが「稲垣えみ子」は、野党に対してではなく、
安倍総理に対して「自分の非を認めてしまえ」
というのである。

冤罪だと分かっている事件で、
追求している側を非難するのではなく、
「冤罪でも罪を認めろ」と言うのだ。

こういう無茶苦茶な発言を、
テレビのコメンテーターがしてはいけないし、
こういういかれた人間を
本当はテレビに出してはいけない。

しかしながら、今のテレビはこういう人間ばかりが、
出鱈目な発言を繰り返している。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 国内で火をつけ海外で燃上がる | トップページ | 日本人3人機内で大騒ぎ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

”元朝日新聞論説委員”という肩書きでテレビに出た人で、卓見どころかまともな発言をする人を見たことがありません。

それまで、どんな仕事してきたかが窺い知れるというものです。

気が狂っているとしか言いようのない
朝日、TBS、関口弘、金平・・・

コメントありがとうございます。いまだに報道ステーションなどを見て、愚かにも信じている日本人がいるということが腹立たしいですね。少しは学習すべきです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/66144788

この記事へのトラックバック一覧です: 冤罪でも罪を認めろと:

« 国内で火をつけ海外で燃上がる | トップページ | 日本人3人機内で大騒ぎ »