フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 恥を知らぬ朝日新聞 | トップページ | 気持ち悪いのはおまえ »

2017年12月26日 (火)

マスコミの異様な感覚


報道陣にねぎらいの言葉をかけるのが
「人としての最低限の礼儀ではないか」――。
貴乃花親方(45)のマスコミ対応に着目した
サンケイスポーツのコラム「甘口辛口」の内容が、
インターネット上で物議を醸している。(後略)
(J-CAST NEWS 12/26(火) 16:10配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000006-jct-soci

マスコミって自分たちがどんなに邪魔な存在か
分かっていないんでしょうね。

「自分たちにねぎらいの言葉をかけるのが
人としての最低限の礼儀」とは、
どの口が言わせるのか?

文芸評論家の小川榮太郞氏に捏造報道を指摘され、
謝罪と賠償を求めて提訴した朝日新聞もそうだが、
マスコミ人の感覚はかなりおかしい。

スキャンダルがあれば、とことん追いかけ回し、
迷惑この上ない存在のくせに、
自分たちにねぎらいの言葉をかけるのが当然とは、
とても日本人の感覚とは思えない。

そう言えば、朝日新聞が捏造報道をしながら
少し非難されただけで謝罪と賠償を求めるところを見ても、
もうマスコミは完全に朝鮮化しているのではないか?

常に上から目線で、自分たちの誤りを、
相手への謝罪要求で逆転させようとするところは
まさに半島の感覚である。

ネットがない時代まではマスコミの天下で、
反論は封殺されていたから分からなかったが、
攻撃され、受け身に回ることで、
マスコミの正体があぶり出されてきた。

サンスポと朝日新聞の事象を見ただけで、
彼らが日本人的でないことはよく分かる。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。


« 恥を知らぬ朝日新聞 | トップページ | 気持ち悪いのはおまえ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マスコミの異様な感覚:

» 自分たちがどんなに邪魔な存在か分かっていないマスゴミ・・・ [母さんによる徒然・・・]
☆常に上から目線で、自分たちの誤りを、 相手への謝罪要求で逆転させようとする ところはまさに半島の感覚である。 [続きを読む]

« 恥を知らぬ朝日新聞 | トップページ | 気持ち悪いのはおまえ »