フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 三橋貴明さん逮捕 | トップページ | 防犯カメラは見ている »

2018年1月 8日 (月)

移民国家への道

テレビのニュースを見ていたら、
東京23区の新成人8人に1人が外国人で、
新宿区では新成人の半数を
外国人が占めるという。

安倍政権では移民政策は採らない言いながら、
実態としては移民国家への道を
急速に歩んでいる。

このような国家の重大な問題を
国会で熟議することなく、
実態だけがどんどん進んでいくことは
本当に恐ろしいことだ。

移民問題は、欧米ではもはや解決不可能な
問題として危機的状態を迎えており、
欧米で失敗した道をなぜ日本が周回遅れで
ついていこうとするのか分からない。

しかも日本には、在日朝鮮人問題という
日本独自の移民問題が存在する。

役人か学者か知らないが、
テレビで「日本社会はもう外人なしには成り立たない」
などと脳天気なことを話している人がいた。

それこそが移民問題の深刻な点で、
一旦社会のある仕事を移民が占めるようになると、
日本人はそこでは働かなくなる。

今でもコンビニやファーストフードの深夜労働は、
ほぼ外国人の仕事となりつつある。

本当に東京では、ここ数年で
あっという間に外国人労働者が増えた。

当初は日本語が移民を労働力として受け入れるネックとなっていて、
ホテルのベッドメイクや工場など複雑なコミュニケーションを
必要としない労働が中心だったが、
最近ではコンビニなどでの接客も難なくこなしている。

人種もチャイナや韓国だけでなく多様化し、
肌の浅黒い人や白人など様々な人が
仕事に従事している。

最初のうち移民問題は顕在化しない。

しかしながら彼らの人口が増え、
生活において細かな規則を守らなかったり、
彼らが様々な権利を主張しはじめたときに、
取り返しのつかない問題が発生するだろう。

その時、日本的なものは否定され、
日本人は本当の意味で世界市民になることを
求められるようになるのかも知れない。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 三橋貴明さん逮捕 | トップページ | 防犯カメラは見ている »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>最初のうち移民問題は顕在化しない。

>しかしながら彼らの人口が増え、
生活において細かな規則を守らなかったり、
彼らが様々な権利を主張しはじめたときに、
取り返しのつかない問題が発生するだろう。


まったく、その見通しどおりだと思います。
彼らに悪意がなくても、そうなっちゃいます。

コメントありがとうございます。外人と仲良くしたいとは思いますが、外人と仲良く暮らしたいとは思いません。旅行者は仕方がないにしても、労働者の受け入れや帰化には慎重であって欲しいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/66256531

この記事へのトラックバック一覧です: 移民国家への道:

« 三橋貴明さん逮捕 | トップページ | 防犯カメラは見ている »