フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 報ステ無知をさらす | トップページ | フィギュアの不正採点 »

2018年2月10日 (土)

2月10日首相動静


『午前、韓国・平昌にある平昌冬季五輪の選手村で日本選手団を激励。 
午後、平昌のジャパンハウスで日本オリンピック委員会など主催の
レセプションに出席。江陵のジャパンハウスを視察。
江陵の選手村で日本選手団を激励。
アイスホッケー競技会場でアイスホッケー女子の日本対スウェーデン戦を観戦。
政府専用機で襄陽国際空港発。
9時40分、平昌冬季五輪開会式出席など韓国訪問を終え、
政府専用機で羽田空港着。』
(朝日新聞デジタル 2/10(土) 18:04配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180210-00000050-asahi-pol

安倍総理は、平昌五輪開会式出席のため訪問された韓国から、
どうやら無事に帰られたようだ。

なぜ、急遽、平昌五輪開会式に出席することになったのか?
なぜ、韓国に行くことがあれほど危険と騒がれたのか?
今となっては拍子抜けするような感じではあるが、
とにかく何事もなくて良かった。

開会式で平昌の夜空を鮮やかに彩ったプロジェクションマッピングは、
パナソニック製の最新鋭高輝度プロジェクター80台によるものだったそうだが、
こうした裏方の働きは、あまり伝えられなかったのではないか?

なぜサムスンに任せず、日本企業に頼るのか、
などと突っ込みたくもなるが、
高輝度プロジェクターの世界シェアは、
その50%近くをパナソニックが占めているという。

あの開会式の重要な見せ場を日本企業がつくっていたと思えば、
スマホや半導体、テレビなどパクリ技術と円高で
散々煮え湯を飲まされた日本企業も、
近いうちにまた復活するのではとの期待もわく。

まあ、いやらしく、とんでもなく不誠実な国での五輪だけど、
選手は持てる力を存分に発揮して、
笑顔で帰ってきてもらいたいと思います。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 報ステ無知をさらす | トップページ | フィギュアの不正採点 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月10日首相動静:

» 最終的かつ不可逆的合意は両国首脳間の合意である・・・ [母さんによる徒然・・・]
☆最終的、不可逆的に合意した筈の日韓 の慰安婦問題を予想通り文大統領は反故 にしようとした。 日本に再交渉は求めないが、100億円は日 本に返すから慰安婦の気持ちを汲めという。 何のことだか分からない。 文の態度は自己矛盾そのものである。 一国の首長とも思えない。。。(# ゚Д゚)!!! http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-4724.html... [続きを読む]

« 報ステ無知をさらす | トップページ | フィギュアの不正採点 »