フォト

おすすめ本

  • 日本国紀
  • 馬渕睦夫が読み解く
  • 日本の礼儀作法
  • 日本を破壊する種子法改正

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

韓国産加工肉にご用心

『韓国農林畜産食品部と食品医薬品安全処は27日、
韓国産の熱処理済み加工肉製品を日本に輸出するための
対日検疫交渉を終えたと明らかにした。
今回の交渉により、26日付で日本政府に登録された
韓国の3カ所の作業場で生産されたハム・ソーセージ・
冷凍参鶏湯(サムゲタン、鶏スープの料理)など70度で
1分以上加熱した加工製品の輸出が可能になった。(後略)
(ソウル聯合ニュース 2018/02/27 12:19)
http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2018022701340

これって事実なんでしょうか。

もし事実だとすれば、外食でハムやソーセージが
食べられなくなりますね。

サムゲタンなどという気持ちの悪いスープは
絶対に飲まないのでいいのですが、
ハムやソーセージを断つのは結構難しい。

「スーパーで買わなければ良い」
というわけには行かないんですね。

すでに韓国からは様々な食品が輸入されており、
たとえば韓国産の海苔は普通に売られている。

コンビニのおにぎりや手巻き寿司、あの阿呆巻きなどに
使われてはいないのだろうか?

立ち食いそばには、
サービスでワカメが気前よく入っていたりするが、
あのワカメはどこ産なのだろう?

一旦、輸入してしまえば
「安ければ良し」の外食チェーンに
一気に広がってしまう。

なぜ安心な日本の食品を輸出し、
危険な外国の食品を日本人に
食べさせようとするのか?

せめて選べる工夫をしてもらいたいのだが、
そうすると外国食品が売れなくなるので、
絶対に選べない方法で
私たちの口にねじ込んでくる。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

強制不妊手術の真相

『旧優生保護法(1948~96年)に基づき障害者への強制的な不妊手術が
行われていた問題で、救済のあり方などを議論する超党派のメンバーが27日、
国会内で勉強会を開いた。
3月6日に議員連盟を設立するのに先立ち、同様の法律があった
ドイツとスウェーデンの救済の実態などについて、
国立国会図書館の職員から説明を受けた。』
(毎日新聞 2/27(火) 18:57配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000078-mai-pol

この問題は強制的な不妊手術を行なった
国の責任を問うものとなっているが、
今日の「虎ノ門ニュース」でコラムニストの髙山正之さんが、
問題の背景について語っておられた。
https://www.youtube.com/watch?v=bG28pexkVrk

この法律は、1920年代、貧民街での産児調節を啓蒙する
マーガレットサンガに共鳴した加藤シヅエ(後に社会党から衆議院議員に当選)
がスタートさせた運動に端を発する。

戦後GHQの後押しを受け、社会党の代議士となった加藤シヅエが中心となり、
1948年に人工妊娠中絶と強制的不妊手術を合法化する「優生保護法」が成立。

前年には日本を破壊するための「日本国憲法」、
国民と国家を闘わせる「国家賠償法」が相次いでできている。

つまり、この法律は、日本を人口の少ない弱小国家にするために
GHQの指示を受けた日本社会党が推進したものだという。

髙山正之さんは、この問題を「国が悪い、国が悪い」と騒ぐのではなく、
戦後70年を振り返り、大きな歴史の流れの中で考えるべきことである
と問題提起されている。

上記の議員連盟の事務局長には、
社会党の流れを汲む社民党の福島瑞穂が就任する予定らしいが、
これも長い歴史を背景とした
壮大なブーメランといえるのではないだろうか。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


2018年2月26日 (月)

バッハって馬鹿なの?


IOC会長が、社交辞令として開催地を
賞賛することはあるだろう。

しかしながら、「選手村と競技施設に満足していない
という人は誰一人として見ていない」というのは、
言い過ぎというより、虚偽ではないか?
http://gogotsu.com/archives/37578

スノボ女子SSや男子スキークロスで
転倒する選手が続出し、多くのけが人が出たのだ。

ノロウィルスの問題もあった。

「選手村と競技施設に満足しない」選手は
多数に上るのではないか?

平昌五輪のネガティブな評価について、
選手たちは声を上げないかも知れない。

しかしながら客観的事実だけを見ても、
選手村と競技施設には
さまざまな問題があったのだ。

あの厳しい寒さと強風の競技施設で、
これからパラリンピックが行なわれるという。

重大な事故が起こらないように、
慎重な運営を望みたい。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

2018年2月25日 (日)

五輪は成功だったか?


最悪の地に最高の選手たちが集った平昌五輪。

終盤では、女子団体追い抜きで素晴らしいチームワークを見せた
メンバーの一人「高木菜那」が、
女子マススタートでも最後のコーナーで見事に抜け出し、
金メダルを獲得。

最高の笑顔で大会を締めくくった。

一方、マススタートで銀メダルを獲得した韓国のキム・ボルムは、
レース後、観客席に向けて土下座し、許しを請うたという。

女子団体追い抜きで1人の選手を置き去りにしてゴールし、
遅れた選手を嘲笑したことで、バッシングを受けていたらしい。

国も国なら、選手も選手、国民も国民である。

大統領は突然北朝鮮との合同チームなるものを言い出し、
五輪をとことん政治利用。

強風によりケガ人が続出する競技もあり、
五輪の舞台としての適格性も問われた。

さらにはノロウィルス、キム・ボルムの土下座や、
男子パラレル大回転での韓国選手有利の不正判定も囁かれ、
五輪の歴史にドロを塗る結果となった。

4年に一度の夢舞台だから、選手は全力で闘っただろうが、
彼らが気持ちよく競技を終えられたかどうかは
甚だ疑問だと思う。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

パラレル大回転の不公平


「男子パラレル大回転で韓国が謎の勝利」という記事が
まとめサイトのあちこちに掲載されている。
http://hosyusokuhou.jp/archives/48811610.html

僕はテレビで見ていて「ほう、韓国もなかなかやるな」
と思った程度で、勝敗はあまり気にならなかったのだが、
それ以上にコースによる不公平の方がよほど気になった。

この競技は二人が赤・青のコースに分かれて勝負を競うのだが、
赤のコースを滑った方が9割近く勝っていたように思う。

日本女子の竹内智香選手も青のコースを滑り、
ベスト4に残れず敗退した。

成績上位の者がコースを選べるのだが、
ほとんどが赤のコースを選び、そして勝った。

解説者は勝った方をベタ褒めするのだが、
コースによる有利不利にはほとんど触れなかった。

これほど勝敗に偏りがあるコース設定だと、
コースを選んだ時点で概ね勝負は決している。

自然が相手だから完全な公平性は望めないだろうが、
せめて6:4か、悪くても7:3くらいの比率でないと
競技として成立しないのではないか。

カーリングで盛り上がっている平昌五輪だが、
いろいろと不手際が目につきますね。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

2018年2月24日 (土)

事件・事故の背後に


『政府は23日午前の閣議で、左翼過激派の日本革命的共産主義者同盟
革命的マルクス主義派(革マル派)に関し
「全日本鉄道労働組合総連合会(JR総連)および東日本旅客鉄道労働組合
(JR東労組)内には、影響力を行使し得る立場に革マル派活動家が
相当浸透していると認識している」とする答弁書を決定した。
民進党の川合孝典参院議員の質問主意書に答えた。』
(産経新聞 018.2.23 11:20)
http://www.sankei.com/politics/news/180223/plt1802230017-n1.html

JRで頻発する架線切断や火災などの事故の原因は
外的要因もあるだろうが、
内部からの問題も当然予想できた。

それが、やっと表に出てきたということだろうか?

JRだけでなく、すべての企業における不祥事の原因が
似たようなところにあるのではと僕は想像する。

戦後70年の長きにわたって、
日本のあらゆる企業に反日勢力が、様々な手段を使って入り込み、
不祥事を起こしてはメディアがそれを叩いてきた。

さらには反日ブラック企業が労働環境を悪化させ、
過労死などの問題を生み出し、
それがまるで一般企業の問題であるかのように、
労働者の権利ばかりが強化されてきた。

これから、不良社員により企業は疲弊し、
些細なことで訴えられて巨額な賠償を
払わせられることになるのではないか?

ただでさえ財務省の増税・緊縮政策で
日本の成長は抑えられ、
企業は厳しい戦いを強いられている。

不良社員と社員に有利な法律、
利益をかすめ取る外国株主と国のデフレ政策…
これが日本弱体化政策の肝ではないだろうか。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


2018年2月23日 (金)

意味分からぬ競技

『2018年2月20日、環球網は、平昌五輪スピードスケート・ショートトラック
の女子3000メートルリレー決勝で、中国が反則を取られて失格になったことについて、
「韓国開催の五輪は意味が分からない」と強い怒りを示した。(中略)
記事によると、審判の裁定結果を見た中国の李[王炎](リー・イエン)監督は
信じられないといった様子で頭を抱え、その後「審判のジャッジは一貫性を
保つべきだ」として正式に抗議を行った。
選手からは「ショートトラックという競技がますますわからなくなった」
という声も出ているという。(後略) 』
(レコードチャイナ 2018年2月21日(水) 10時40分)
http://www.recordchina.co.jp/b571111-s0-c50.html

僕も以前から、ショートトラックというのは
よく分からない競技だと思っていた。

競技の性格上、反則の起こる可能性が極めて高い。

20日に行われた男子500メートル予選で、
北朝鮮のチョン・グァンボムが
日本の渡辺啓太選手のブレードをつかみに行った行ないは
とてもオリンピックとは思えない醜いシーンだった。
http://www.sankei.com/pyeongchang2018/news/180222/pye1802220038-n1.html

見ていても、どこまでがOKで
どこからが反則なのかがよく分からない。

「ショートトラックという競技がますますわからなくなった」
という選手の声はもっともだし、
「韓国開催の五輪は意味が分からない」という意見は、
世界が感じているところだろう。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


2018年2月21日 (水)

もう次から次へと…


『韓国料理をベースにしたフュージョン料理「チーズタッカルビ」
がヒットしている――。(中略)
チーズタッカルビは、東京・新大久保コリアン街にある「市場タッカルビ」
という店が開発した創作料理だ。
インスタ映えすると話題になり、10~20代の女性の間で爆発的な人気となった。
今やコリアン街のほぼ全ての店が、こぞってチーズタッカルビをメニュー化し、
看板にチーズタッカルビ提供店であることをアピールするようになっている。
チーズタッカルビの起爆力にけん引されて、一時期閑古鳥が鳴いていた
コリアン街がよみがえり、「TWICE」(トゥワイス)のような新しいK-POP
アイドルや、韓国の化粧品も見直されるようになった。(後略)』
(ITメディアビジネスオンライン 2/20(火) 6:40配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000007-zdn_mkt-bus_all

現代日本人のバカッ舌には、マヨかチーズをかければ、
だいたい「旨い!」となる。

それにしても韓国は、どうしても日本人を
韓国化したいらしい。

「2月20日、農業振興になぜキムチ?」のエントリーでも言及したが、
牛丼屋をはじめ最近のファーストフード店やファミレスで
韓国メニューのない店はほとんどない。

僕は行かないけれど、ラーメンの日高屋にも「チゲ味噌ラーメン」
という気持ち悪い食べ物があるという。

この「チーズタッカルビ」も牛丼チェーンの「松屋」や
ファミレスの「デニーズ」、コンビニの「ファミリーマート」で
提供されているらしい。

まあ、食べたい人は食べればいい。

しかしながら、こうしたブームづくりが
韓国の画策する日本への文化侵略の一環であることは
理解しておくべきだ。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


2018年2月20日 (火)

アホテレビはほどほどに


『五輪2大会連続銀メダルのスノーボード男子ハーフパイプ・平野歩夢(19)
=木下グループ=が20日、生出演予定だったフジテレビ系「めざましテレビ」
(月~金曜・前5時25分)と日テレ系「スッキリ」(月~金曜・前8時)
を欠席した。番組冒頭で体調不良と説明された。(後略)』
(スポーツ報知 2/20(火) 8:33配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000062-sph-ent

メダルの余韻に浸る間もなく、
何度も何度も同じことを聞かれては
メダリストもたまったものではない。

競技が終わって、インタビューがあって、
メダル授与があって、インタビューがあって、
さらに現地の報道ブースでインタビューがあって、
もう十分だろう。

何度、話を聞けば、気が済むのだ。

カメラの前では、
彼らだって不機嫌な顔はできない。

でも本人以上に興奮して、
何が聞きたいのかよく分からない聞き手を相手に、
的確な答えをするのは疲れるだろう。

平野は『競技後は十分な睡眠が取れず「鼻水交じり。
自分の部屋でゆっくりしたい」と話していた』という。

アホテレビのお祭り騒ぎはほどほどにして、
ゆっくりさせてあげて欲しい。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

農業振興になぜキムチ?

『農業への関心を高めようと、宮城県石巻市で、
市民らを対象にしたキムチづくりを体験する教室が開かれました。
この体験教室は、石巻市を拠点に農業の担い手育成などに取り組んでいる
一般社団法人が開いたもので、市民や学生らが参加しました。
参加者はキムチづくりに挑戦し、
初めにニンジンやネギなどの材料を千切りにしました。
このあと、もち米で炊いたおかゆや野菜などの材料に粉唐辛子を入れて混ぜ、
最後にあらかじめ塩付けにしていたハクサイを加えてキムチを完成させました。
主催した一般社団法人では、「今後もこのような体験教室を通じ、
農業に関心を持つ人を増やしていきたい」と話していました。』
(TBC東北放送 2/18(日) 7:12配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000002-tbcv-l04

なぜ日本人の農業への関心を高めるために
キムチづくりを体験しなければならないのか?

主催したのは一般社団法人とあるが、
なぜ具体名を出さないのか?

僕はキムチをはじめ韓国料理は一切食べないが、
牛丼屋をはじめ最近のファーストフード店やファミレスで
韓国メニューのない店はないのではないか?

僕は思うのだが、これほどすべての店に
韓国メニューがあるということは、
置いてない店に対し「なぜ韓国料理を置かないのか?」
というようなクレームが入るのではないだろうか?

焼き肉はともかく、日本人がそれほど
韓国メニューを好きとは思えない。

話が脱線したが、日本人の農業への関心を高めるのに
キムチづくりはないだろう。

宮城県石巻市と聞くと、
震災で甚大な被害を受けた土地だけに
おかしな組織が入り込み、
復興を妨げているのではないかと心配になる。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


2018年2月18日 (日)

羽生すごい、日本すごくない


『羽生君すごい、宇野君すごい、
日本、別に凄くない、
総理大臣、関係ない。』

こんなツイートが話題になっているという。

不思議なのは、羽生や宇野の活躍で、
誰が「日本は凄いだろう」と
自慢しているというのか?

日本人の感覚としては、
羽生に関しては「ケガを乗り越えてよく頑張った」、
宇野に関しては「初めての五輪でよく実力を出し切った」
というようなところだろう。

しかしながら、日本人の活躍に対して異様な嫉妬心を
感じる民族がいるようなのだ。

韓国には、「いとこが田畑を買えばお腹が痛い」
という諺があるという。

他人をうらやむ気持ちは日本人にもあるが、
この「お腹が痛くなる」ほどの激しい嫉妬心は、
日本人には理解できない。

そして、韓国人の日本に対する憎悪の根底には、
この「お腹が痛くなる」ほどの嫉妬心があるようだ。

別に韓国に対して自慢する気は全くなくても、
日本に何かいいことがあれば、
嫉妬し、貶めようとするのだから始末が悪い。

あのメンタリティが変わらなければ
国際社会で生きていくことなどできないのだが、
変えることはできないんでしょうね。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

採点競技への不信感

僕にはスノーボードのハーフパイプという
競技のことはよく分からない。

しかしながら、今回の平昌五輪で、
平野歩夢とショーン・ホワイトの演技を見比べたときに、
なんとなく平野の方が上ではないかと感じた。

それは、非常になめらかな演技と、ちょっとザラついた感じ
という感覚的な違いでしかなかったのだけれど、
なんとなく不審に思って後でググって調べてみた。

すると日本人の有名な競技者だったと思うが、
二人の演技を比較して、
平野は後ろ回転ばかりで単調な演技構成だったけれど、
ショーン・ホワイトは前回転も加えて演技のバリエーションで
勝っていたと、確かそんな解説をしていたように記憶する。

それで、その時は「ああ、そういうものなのか」と思って、
納得したのだった。

しかしながら、最近目にした記事によると、
あの判定は明らかに誤審で、
平野が勝っていたというのである。
http://pyeongchang.yahoo.co.jp/column/detail/201802140008-spnavi

その決定的なシーンは次のように説明されている。

『しかし、ショーンのキャブダブルコーク1440はグラブをしていなかったんです。
これはスローで見れば分かります。誰が見ても分かります。
板ではなく、ブーツを触っているだけでした。
1つ前のランでミスをした技なので、修正しようという気持ちが
何かしらの影響を与えたのでしょう。要は届かなかったのです。』

そのミスが得点に反映されていれば、
平野が勝っていただろうというのだ。

これはひとつの意見であって、
必ずしも今回の採点を誤審と決めつけることは
できないかも知れない。

しかしながら、浅田真央とキムヨナの
八百長判定を見せつけられてきたものにとっては、
「またか」という感じがしないでもないのである。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

2018年2月17日 (土)

韓国に五輪はムリ PART2

平昌五輪のカーリング女子は15日、1次リーグが行われ、
世界ランク6位の日本(LS北見)は同8位の韓国に
1点を追う終盤の第9エンドに逆転し、7―5で開幕3連勝。
3連勝は男女を通じて五輪では日本史上初の快進撃で首位に立った。
(中略)
▼吉田知那美 (韓国への声援について)失敗して“イェーイ”
って言われるのはすがすがしい。
絶対にミスしないって気持ちの強さになった。
盛り上がってくれれば何でもいい。
(スポニチ 2/15(木) 22:55配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000130-spnannex-spo

フィギュアでの羽生の活躍を見ていると、
平昌でやっていることをつい忘れてしまうが、
やっぱりここで五輪をやるべきではなかった
という出来事があちこちで起こっている。

カーリングの日韓戦もそのひとつ。

相手チームのミスに“イェーイ”と喜びを表わす応援の仕方は、
他国ではなかなか見られないものだろう。

ジャンプのラージヒルの予選は、もはや風任せの状態で、
ほとんどの選手がとんだ後首をひねっていた。

ショートトラックでは、韓国選手を失格にする結果となったカナダ選手が
SNSで殺害脅迫され、表彰台で泣いてしまった。

スイスのフリースケールスキーヤー2人はノロウイルスに感染するし、
江陵オリンピックパークでは強風が吹きすさび、
関連施設が吹き飛ばされたという。

屋外競技はすべからく風の影響を受けるものではあるけれど、
世界最高の大会が、なぜ強風で公平さを著しく欠く舞台で
行なわれなければならなかったのか。

この点についてIOCのバッハ会長に
詳しく聞いてみたいところだ。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


2018年2月15日 (木)

専守防衛というアホ戦略

『衆院予算委員会は14日午前、安倍晋三首相と関係閣僚出席の下、
外交・安全保障問題などに関する集中審議を行った。
首相は日本の安全保障政策の基本である専守防衛について、
堅持する考えを示しつつ「純粋に防衛戦略として考えれば大変厳しい。
相手からの第一撃を事実上甘受し、
国土が戦場になりかねないものだ」と述べた。
自民党の江渡聡徳氏への答弁。(後略)』
(jiji.com 2018/02/14-12:39)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018021400194&g=pol

日本には「平和憲法」や「非核三原則」「専守防衛」
といった、深く考えることなく、思考停止状態で
正しいと考えられている言葉がある。

憲法が交戦権すら否定した馬鹿げたものであることで、
それが故にチャイナに侵略されたとすると、
「平和」憲法によって日本は「地獄」と化すわけである。

唯一の被爆国である日本だけが、なぜ自ら核を持つことを
否定しなければいけないのか?

報復を恐れて、米国が「日本にだけは核兵器を持たせない」
と考えることは理解できる。

しかしながら日本が率先して核保有を否定することは、
日本への3発目の核爆弾投下を容易にする。

西部劇で、早撃ちの名手が、相手が拳銃に手をかけたところで
素速くガン抜き、拳銃を持った相手の手を撃ち抜く。

これも、「相手が撃った後でなければ撃つことができない」
という縛りがあれば、どれだけ早撃ちの技術を磨いても、
一発目はくらわざるを得ない。

運が悪ければ死んでしまう。

これが専守防衛なのだ。

安倍総理は、専守防衛を堅持するとしながら
「純粋に防衛戦略として考えれば大変厳しい」という
当たり前のことを述べたわけだが、
本来なら専守防衛という馬鹿げた防衛戦略そのものを
見直すべきなのだ。

普通に考えて、日本に対する第一撃は、
あなたやあなたの大切な家族の命を
奪うかも知れない。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


2018年2月14日 (水)

ノロはどこからやってくる


平昌五輪でのノロウィルス騒動は、
汚染された地下水で食事を作ったのが原因と
いわれている。

調理用の水からは、大便物質などによる汚染から生じる
大腸菌が検出されたという。

また先日は、中国の五つ星ホテルで、
宿泊客が使うコップをトイレブラシで洗っていた
というニュースが話題となった。

こうした情報から得られる教訓は、
特亜からの食品輸入をストップすることのはずだが、
日本は当該国の食品を自由に流通させている。

日本でもよくノロウィルスがニュースとなるが、
その大元の原因食材は明らかにされることはない。

ある店の調理器具からノロウィルスが検出されたとか、
店のスタッフからノロウィルスが検出された
という情報は明かされるが、
それ以上原因を追求することはない。

しかしながら、それを突き止めなければ、
再発防止には繋がらない。

日本のように魚を生で食べる習慣のある国では、
衛生管理が極めて行き届いている。

韓国のようにキッチンとトイレが一緒になっていたり、
チャイナのように廃油から食用油をつくり出す国とは
衛生観念が根本的に違うのだ。

僕は以前から、日本のノロウィルスの原因は
特亜からの輸入食材にあるのではないか
と疑ってきた。

だから僕は特亜の食材をできる限り食べないのだが、
自分が食べないだけではダメで、
ノロウィルスは感染者の嘔吐物や便、
その他、手などの接触からも感染する。

本来、厚生労働省は、こうした国からの輸入食品を
厳しくチェックすべきなのだが、
そのようにしているとはとても思えない。

日本でノロウィルスが問題になるたびに、
僕は「韓国食材を禁輸しろ」と呟くのだが、
そんなことは話題にも上らない。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

FNN世論調査結果

産経新聞とFNNが合同世論調査の結果を発表した。
https://www.fnn-news.com/yoron/inquiry180213.html

安倍内閣を支持はしているが(支持する51%、支持しない39%)、
景気・経済政策はあまり評価しない(評価する40.2%、評価しない50.4%)
という結果には僕も賛同する。

消費税増税と緊縮財政さえ行なわなければ、
今頃日本は世界がうらやむ経済成長を
実現していただろう。

財務省の力に抗しきれなかったとはいえ、
安倍政権の経済政策は、
決して褒められたものではない。

安倍総理が9日に訪韓したのは良かった(76.9%)
というのは、いささか安直な気もするが、
それでも保守系の人たちが声を揃えて大反対するほどには
間違っていなかったような気もする。

注目すべきは、憲法改正に関して「各政党は党の思想や理念、
考えを反映した憲法草案をつくり、
国民に示すべきだと思うか」という質問に対し、
「思う」と答えた人が83.9%と圧倒的多数を占めたこと。

議論すら拒否している「立憲民主党」に
聞かせたい結果だ。

しかしながら、「9条への自衛隊明記の仕方」については、
「2項を維持して明記27.5%」「2項を削除して明記28.8%」
「9条を変える必要はない40.6%」と9条を礼賛する人が
多数を占める厳しい結果となった。

日本人はいまだに「日本が軍隊を持つと間違いを犯す」
とでも思っているのだろうか?

9条は悠久の歴史を誇る日本国や
未来の日本人に対する単なる無責任に過ぎないことを、
いつになったら気づくのだろう。

チャイナや半島のような残虐な民族に
侵略されてからでは遅いのだ。

本当に日本人は、いつになったら
目覚めるのでしょう?


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

2018年2月12日 (月)

選手には最悪の平昌五輪

『平昌冬季五輪は12日、スノーボード女子スロープスタイル決勝が行われ、
激しい風が吹き荒れる危険なコンディションで多くの選手が転倒する中、
米国のジェイミー・アンダーソン(Jamie Anderson)が混乱を乗り切り、
2大会連続の金メダルを獲得した。
予選が中止になった前日に続き、この日も強風でスタートが1時間以上遅れた。
しかし、フェニックススノー競技場(Phoenix Snow Park)で行われた決勝では、
激しい風の影響でアンダーソンを含むほぼすべての選手が転倒。
大けがをした選手はいなかったようにみえたが、
相次ぐ転倒は競技続行にも疑問符が付くものだった。(後略)』
(時事通信 2/12(月) 17:25配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00000026-jij_afp-spo

ほぼ全員が転倒するコースコンディションの中、
競技を強行した大会関係者には多くの非難が浴びせられるだろう。

いや、それ以上に平昌という五輪に相応しくない地を
開催場所に選んだIOCこそが責めを負うべきだ。

スノボ女子SSでは競技中の転倒事故だけでなく、
練習中に多くのけが人を出している。

予想外の突発的なことが起こったわけではない。

平昌が競技を行なうには雪が少なく、寒すぎ、風が強すぎることは、
開催前から言われていたことだ。

男子ジャンプ個人ノーマルヒルでは、
秒速5メートルを超える強風と寒さで選手が悲鳴を上げる中、
ジャンプ人気の高い欧州のテレビ視聴時間に合わせて、
午後9時半頃から日付が変わる午前0時20分頃まで
競技は行なわれた。

そこには夢舞台を目指して厳しいトレーニングを積んできた
選手に対する敬意は微塵も払われていない。

商業主義に突っ走り続ける五輪は
根本から考え直さなければいけないが、
その最悪の見本として
平昌は長く記憶されることになるだろう。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

2018年2月11日 (日)

フィギュアの不正採点

『平昌冬季五輪のフィギュアスケート団体女子ショートプログラム
(SP)で4位に終わった宮原知子(関大)の点数の低さに、
海外のフィギュアスケートファンからも、疑問の声が上がっている。
ツイッター上には「ミヤハラの演技は68点以上だ! 
少なくとも2位のイタリア選手よりは確実に良かった」
「サトコ・ミヤハラに正義を!」などと、
宮原演技に対する判定に疑問を投げかける英語の投稿が相次いでいる。
宮原自身も11日の演技に手応えを感じていたようで、
「68.95点」と発表された際は茫然(ぼうぜん)とスコアボードを眺めていた。
演技後のインタビューでも「点数的には少し悔しい」
と納得のいかない様子だった。(後略)』
(産経ニュース 2018.2.11 19:17)
http://www.sankei.com/pyeongchang2018/news/180211/pye1802110067-n1.html

僕にはフィギュアの採点を評価する知識はないが、
採点が出た後で宮原のように呆然とした表情をすることは
珍しいのではないか?

浅田真央のときはもっと酷かったわけだが、
日本スケート連盟はこうした事態に際して
抗議してこなかった。

というよりも日本スケート連盟自体が
浅田真央に対する不正採点を主導していたのでは
という疑いすらあったのである。

キムヨナが五輪で金メダルを獲ってから、
フィギュアの採点には信頼性が失われてしまったが、
こうしたことを続けていると、
国際大会において採点競技が成立するのか
という疑問さえわいてくる。

いまテレビではモーグル女子をやっているが、
採点要素がターン、エア、タイムと言われても、
複雑すぎて素人にはさっぱり分からない。

五輪から恣意的な評価を排するためにも、
競技種目は「より速く、より高く、より強く」の基本に
立ち返るべきではないだろうか?


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。[E:upwardright

2018年2月10日 (土)

2月10日首相動静


『午前、韓国・平昌にある平昌冬季五輪の選手村で日本選手団を激励。 
午後、平昌のジャパンハウスで日本オリンピック委員会など主催の
レセプションに出席。江陵のジャパンハウスを視察。
江陵の選手村で日本選手団を激励。
アイスホッケー競技会場でアイスホッケー女子の日本対スウェーデン戦を観戦。
政府専用機で襄陽国際空港発。
9時40分、平昌冬季五輪開会式出席など韓国訪問を終え、
政府専用機で羽田空港着。』
(朝日新聞デジタル 2/10(土) 18:04配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180210-00000050-asahi-pol

安倍総理は、平昌五輪開会式出席のため訪問された韓国から、
どうやら無事に帰られたようだ。

なぜ、急遽、平昌五輪開会式に出席することになったのか?
なぜ、韓国に行くことがあれほど危険と騒がれたのか?
今となっては拍子抜けするような感じではあるが、
とにかく何事もなくて良かった。

開会式で平昌の夜空を鮮やかに彩ったプロジェクションマッピングは、
パナソニック製の最新鋭高輝度プロジェクター80台によるものだったそうだが、
こうした裏方の働きは、あまり伝えられなかったのではないか?

なぜサムスンに任せず、日本企業に頼るのか、
などと突っ込みたくもなるが、
高輝度プロジェクターの世界シェアは、
その50%近くをパナソニックが占めているという。

あの開会式の重要な見せ場を日本企業がつくっていたと思えば、
スマホや半導体、テレビなどパクリ技術と円高で
散々煮え湯を飲まされた日本企業も、
近いうちにまた復活するのではとの期待もわく。

まあ、いやらしく、とんでもなく不誠実な国での五輪だけど、
選手は持てる力を存分に発揮して、
笑顔で帰ってきてもらいたいと思います。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

2018年2月 9日 (金)

報ステ無知をさらす

『テレビ朝日の「報道ステーション」が、
記録的な大雪に見舞われている福井県での自衛隊の除雪について、
除雪できた距離は「わずか1.5km」と伝えたことに
批判が殺到している。(後略)』
(2月9日(金)13時12分 BIGLOBEニュース編集部)
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0209/blnews_180209_2126360451.html

耳かき一杯ほどの脳みそしか持たないような顔をした
報ステの富川悠太が、
原稿を読んだのか、自分でコメントしたのかは知らないが、
福井県での自衛隊の除雪について、
除雪できた距離は「わずか1.5km」と伝えたことに
批判が殺到しているという。

ネット社会は、テレビ報道の無知を
一瞬にして浮かび上がらせる。

地元の住民や雪国出身者からのコメント、
「人の手で1日であの高さの積雪を1.5kmもする事がどれだけ大変か…
現場のリポーターにスコップ渡して1mでもやらせてみろ」

富川君および報ステのスタッフ、
もう少し社会勉強してから
現場に出ましょうね。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

2018年2月 8日 (木)

韓国に五輪はムリ

『(前略)五輪に向けて建設された選手村は15階建てのビル8棟が並ぶ。
全部屋に韓国では一般的な床暖房を備えるが、
5日に到着した葛西は「部屋に入ったら暖房が壊れていた。
ちょっときつかった」と苦笑いした。
寒さが厳しいだけにシャワーではなく湯船につかりたい
日本選手が多いようだが、公開された6人部屋に浴槽は一つ。
「順番を待たなければいけない」などと不満の声も聞こえた。(後略)』
(サンケイスポーツ 2018.2.6 18:50)
http://www.sanspo.com/pyeongchang2018/news/20180206/pye18020618500020-n1.html

早くも日本選手の部屋の暖房が壊れる
という明らかな嫌がらせが発覚した。

これから日本選手をターゲットとした
さらに酷い嫌がらせが続くだろう。

ノロウィルスの問題や、
メインプレスセンター前に設置された
男根のような謎のオブジェなど、
信じがたいような出来事が次々起こる。

明日から始まる平昌五輪では、
あり得ない出来事が次々発生し、
競技どころではないのではないか。

日本選手はとりあえず
無事に帰ってきて欲しい。

「夢の舞台」が
「悪夢の舞台」にならないように
祈るばかりだ。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

2018年2月 7日 (水)

売国奴を支持する国


北朝鮮に韓国を売り渡そうとする文在寅を
70%超の高い支持率で応援してきた韓国国民。

さすがに最近は50%台に落ちてきたようだが、
韓国国民とは本当になんと馬鹿な国民なのか、
と思っていたら、この光景、既視感がある。

何かと思えば、日本の民主党政権であった。

あの頃、世界の人々に日本は
どのように見えていただろう?

それはおそらく今の韓国と
同じだったのではないか。

そして、それは過去のことではない。

安倍自民党が国政選挙を連勝しているとは言っても、
半数に近い国民は野党系に投票しており、
さらに自民党の中にも多数の売国奴が存在する。

売国奴は一掃されていないのだ。

お隣の国を見ていれば、
売国奴を応援することの愚かさが
分かるだろう。

平和の祭典であるはずの五輪も、
売国奴が跋扈して北に乗っ取られてしまった
印象すらある。

人の振り見て我が振り直せ。

売国奴を支持する国「韓国」は
日本にとって格好の反面教師なのである。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

部品交換したら墜落


『佐賀県神埼(かんざき)市の住宅に陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが
墜落した事故で、機体の部品が広範囲に散乱していることが6日分かった。
メインローター(主回転翼)が上空でばらばらになったとみられる。
飛行前に4枚の羽根をつなぐ部品メインローターヘッドを初めて交換しており、
陸自は整備不良が原因となった可能性もあるとみて、点検の経緯を詳しく調べる。
機体下の遺体を機長の操縦士斉藤謙一2等陸佐(43)と確認、
死亡者は2人となった。(後略)』
(産経ニュース 2018.2.6 20:36)
http://www.sankei.com/west/news/180206/wst1802060102-n1.html

おかしな事件である。

経年劣化した部品を交換したのに、
それが原因でメインローターが上空でバラバラになり
陸自のヘリが墜落してしまった。

折しも米軍のヘリ不時着事件が相次ぎ、
軍用機への不安が高まっている矢先だった。

事故は起こるものではあるが、これだけ続くと、
仕組まれたものとの疑いも生まれてくる。

そして、もし仕組まれたものだとして、
それがまったく見抜けないという現実が、
ますます我々を不安にさせる。

僕には、国会でいまだにやっているモリカケも、
スパコン詐欺やリニアの受注調整事件も、
頻発する軍用機の事故も、
すべて繋がっているように思える。

朝日新聞並みに「エビデンス?ねーよそんなもん」
なのであるが、すべては特亜が喜ぶということで
共通している。

彼らは追い込まれているだけに、
やることが荒っぽくなっているのだ。

繰り返すが、そんな彼らの策略を
見抜けないことは問題だ。

政治や官僚は言うに及ばず、
警察や自衛隊にも特亜の工作員は
入り込んでいる。

エビデンス?ねーよそんなもん。
しつこいけど…。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

2018年2月 5日 (月)

正しい判断は正しい情報から


沖縄・名護市長選は、世代間で投票行動が
真っ二つに分かれたようだ。

沖縄テレビ放送の期日前の出口調査では、

10代 稲嶺37% 渡具知63%
20代 稲嶺38% 渡具知62%
30代 稲嶺39% 渡具知61%
40代 稲嶺41% 渡具知59%
50代 稲嶺38% 渡具知62%
――――――――――
60代 稲嶺65% 渡具知35%
70代 稲嶺68% 渡具知32%
80代 稲嶺67% 渡具知33%
90代 稲嶺86% 渡具知14%
http://hosyusokuhou.jp/archives/48810466.html

と、10代~50代は圧倒的に渡具知支持、
60代~90代は圧倒的に稲嶺支持と、
まったく逆の結果となった。

これは情報を旧来のメディアのみから得ているか、
ネットで多様な情報に触れているかの差だと思う。

正しい判断は正しい情報からしか生まれない
ということを端的に示した事例と言える。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

2018年2月 4日 (日)

卑劣な脅迫を許すな!


衆議院議員の杉田水脈氏に対して、
ツイッターで脅迫したものがいるようだ。

『杉田水脈さん。明日にでも国会議員をやめて頂けないでしょうか?
平和と平等を重んじる多くの市民がそれを望んでいます。
貴方の存在が隣国と仲良くしたいと思っている市民にとっては迷惑なのです。
今のままヘイト議員を続けていくと、何れ報復措置として
貴方の娘さんに被害が被るかも知れませんよ。』
https://mobile.twitter.com/endoutarou/status/959545828472848384

この脅迫に対して、警察が動き出しているというが、
ぜひとも逮捕して、こうしたことが
安易に行なわれないようにしてもらいたい。

左翼の脅迫行為は軽く扱われ、
警察はスルーすることが多い。

沖縄では基地反対派の左翼が、
警察に対して「お前達の家も妻子も分かるんだぞ」と
露骨な脅迫を行なっているが、
彼らはよほどの暴力行為や妨害行為を起こさなければ、
逮捕されることはない。

だから今回のような政治家に対する脅迫も、
軽い気持ちで起こした可能性が高い。

脅迫が重大な犯罪であることを
もっと明確に周知すべきなのだ。

そして「左翼は何をやっても許される」という
誤った政治風土を根本から変えないと、
こうした犯罪が頻発することになる。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

平昌五輪25%売れ残り

『国際オリンピック委員会(IOC)は3日、9日に開幕する平昌冬季五輪
の観戦チケットの売り上げが75%にとどまっていると明らかにした。
25万枚以上が売れ残っていることになる。
大会組織委員会が1月に公表したデータによると、アルペンスキーや
スピードスケートのショートトラックなどの売れ行きが好調な一方、
ノルディックスキー複合やスケルトン、閉会式などの売り上げが伸び悩んでいる。』
(JIJI.COM 2/3(土) 21:29配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180203-00000088-jij-spo

「平昌五輪は絶対にない」
とあちこちで言いまくっていたのだが、
ついに開幕まで1週間を切ってしまった。

さすがにここまで来たら、中止の目はないようだが、
何が起こるか分からない半島のことだけに
まだまだ予断を許さない。

自民党の佐藤正久さんによれば
先週、体感温度が零下30度を超えた日も
あったと言うから開会式は命がけだ。
https://twitter.com/SatoMasahisa/status/959714090523402240

上記の時事通信の記事では、
チケットの25%が売れ残っているとのことだが、
「えっ、75%も売れたの?」
というのが一般的な感想ではないか?

ホテル、交通機関、観戦環境ともに劣悪で、
先日もボランティア2,400人が辞めるという
ニュースがあったばかり。

別に観客などいなくても、
選手が力を発揮できる舞台さえ用意されれば、
テレビ観戦の僕にとっては問題ない。

メダル候補の高梨沙羅選手が
いろんな理由をつけて叩かれているようだが、
反日マスコミとすれば日本のメダルを減らしたいだろうから、
浅田真央現象に似たものと考えれば良いのではないか?

基本的にマスコミから叩かれる人間は
応援した方がいい。

反日国家「韓国」で行なわれる五輪だけに
日本選手に不利な判定等がなされないことを
祈るばかりです。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


2018年2月 2日 (金)

東京地検特捜部の不当捜査


『リニア中央新幹線をめぐる談合事件で、
東京地検特捜部から1日に家宅捜索を受けた大手ゼネコン「大成建設」が、
捜査は不当だったとして抗議文を提出しました。
「大成建設」が提出した4枚の抗議文。宛先は東京地検特捜部の検察官です。
「不当な捜査に対して、厳重に抗議します」
きっかけは、リニア中央新幹線をめぐる談合事件で特捜部が1日、
大成建設に2度目の家宅捜索を行ったこと。
大成建設は捜査が不当だったとして異例の抗議文を提出したのです。
抗議文などによりますと、大成建設の弁護士らは弁護活動として、
特捜部の事情聴取を受けた社員らの説明をまとめた文書を作成していましたが、
特捜部はこの文書を押収したほか、弁護士のパソコンまで押収したというのです。
さらに捜索の際、特捜部の検察官が社長室で社長を前に社員らの事情聴取を行い、
「『社長の前でもうそをつくのか。ふざけるな』などと怒鳴りつけた」として、
黙秘権の侵害にあたると主張しています。』
(TBS NEWS 2/2(金) 12:49配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180202-00000062-jnn-soci

まず、この事件は談合事件ではありません。

談合とは、「国や地方自治体の公共事業などの入札の際に、
入札業者同士で事前に話し合って落札させたい業者を決め、
その業者が落札できるように入札内容を調整すること」で、
リニア新幹線はJR東海という民間企業が発注元であるため、
談合事件と呼ぶのは間違いです。

そもそも民間企業の経済活動で、
発注元のJR東海が何ら不利益を被ったと感じていないのに、
東京地検特捜部が出しゃばってくること自体が、
非常におかしなことなのです。

しかも、かなり強引な捜査をやっているようですね。

「弁護士が特捜部の事情聴取を受けた社員らの説明をまとめた文書や、
弁護士のパソコンまで押収する」というのは明らかに行き過ぎです。

東京地検特捜部は、なぜこんなに必死になっているのでしょう?

いったい誰に脅されているのでしょう?

スーパーゼネコンが本気で対決姿勢を示せば、
検察も無傷では済みません。

この事件はどこかの段階で、検察の不当捜査事件に
転換するのではないでしょうか。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

2018年2月 1日 (木)

受信料を払わないために

『NHKは1日、今年度の新規契約数が
1月末時点で61万9000件に達する見込みだと発表した。
昨年11月までの8カ月間は46万件で、
その後の2カ月間で15万9000件増えた。
うち視聴者からの自発的な契約申し出が昨年12月以降、
8万件超と半数以上を占め、受信料制度を「合憲」とした
最高裁大法廷の初判断の影響があったと見ている。(後略)』
(2018年02月01日 18時44分 毎日新聞)
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12159-0202m040046/

最高裁が受信料制度を合憲と判断したことで、
受信料は払わざるを得ないと考えた人が多かったのか、
NHKによると「自発的な契約申し出が急増」しているらしい。
(フェイクニュースかも知れません)

しかしながら、あの判決はNHK側の勝訴でも何でもなく、
そもそも最高裁が受信料制度を「違憲」と判断することなど
あり得ないことだった。

もし違憲と判断すれば、誰も受信料を払わなくなるし、
これまで払った受信料の返還訴訟が起こって
とんでもない混乱になる。

そうしたことを考えれば、
最高裁が受信料制度を違憲とすることは
考えられないことだったのだ。

だからといって、NHKが主張する
「受信料契約は、契約の申込書がNHKからテレビの設置者に
届いた時点で成立する」ということも
認められなかったのである。

つまり、受信契約を拒む人と受信契約を結ぼうと思えば、
NHKはひとつひとつ裁判に訴えるしか方法がない。

さらに言えば、以上の判決が有効となるのは、
私たちが、テレビ受像器を持っていることを
認めた場合に限られる。

つまり「テレビは持っていない」のひと言で、
NHKは何の手も打てなくなる。

インターホン越しに「テレビは持っていない」
といえば、それで済むのだ。

NHKは証拠を見せろと家に乗り込むことは
できない。

敵は日本の公共放送でありながら、特亜出身の社員を多数抱え、
特亜の指示通りに反日番組を作り続けているのだから、
こうした嘘に良心の呵責を覚える必要はまったくない。

反日番組でこれ以上日本人を洗脳させないために
受信料を払わないことこそが正義なのである。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »