フォト

おすすめ本

  • 月刊Will1月号
  • 月刊hanada1月号
  • 月刊正論1月号
  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« FNN世論調査結果 | トップページ | 専守防衛というアホ戦略 »

2018年2月14日 (水)

ノロはどこからやってくる


平昌五輪でのノロウィルス騒動は、
汚染された地下水で食事を作ったのが原因と
いわれている。

調理用の水からは、大便物質などによる汚染から生じる
大腸菌が検出されたという。

また先日は、中国の五つ星ホテルで、
宿泊客が使うコップをトイレブラシで洗っていた
というニュースが話題となった。

こうした情報から得られる教訓は、
特亜からの食品輸入をストップすることのはずだが、
日本は当該国の食品を自由に流通させている。

日本でもよくノロウィルスがニュースとなるが、
その大元の原因食材は明らかにされることはない。

ある店の調理器具からノロウィルスが検出されたとか、
店のスタッフからノロウィルスが検出された
という情報は明かされるが、
それ以上原因を追求することはない。

しかしながら、それを突き止めなければ、
再発防止には繋がらない。

日本のように魚を生で食べる習慣のある国では、
衛生管理が極めて行き届いている。

韓国のようにキッチンとトイレが一緒になっていたり、
チャイナのように廃油から食用油をつくり出す国とは
衛生観念が根本的に違うのだ。

僕は以前から、日本のノロウィルスの原因は
特亜からの輸入食材にあるのではないか
と疑ってきた。

だから僕は特亜の食材をできる限り食べないのだが、
自分が食べないだけではダメで、
ノロウィルスは感染者の嘔吐物や便、
その他、手などの接触からも感染する。

本来、厚生労働省は、こうした国からの輸入食品を
厳しくチェックすべきなのだが、
そのようにしているとはとても思えない。

日本でノロウィルスが問題になるたびに、
僕は「韓国食材を禁輸しろ」と呟くのだが、
そんなことは話題にも上らない。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« FNN世論調査結果 | トップページ | 専守防衛というアホ戦略 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>ある店の調理器具からノロウィルスが検出されたとか、 店のスタッフからノロウィルスが検出された という情報は明かされるが、それ以上原因を追求することはない。

 異常な殺人などの犯罪が騒がれても、その犯人像の追及報道がピタリと止むことがあります。
それと似ています。

日本海側(中、韓、ロ)はロクなことがない。

コメントありがとうございます。控えめに言って、日本における犯罪の半分以上が非日本人によるものだと僕は考えています。控えめに言わなければ、90%以上がそうではないか、とすら思っています。被害者は、ほとんどが日本人です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノロはどこからやってくる:

» 尖閣を固有の領土と学習指導要領改定案今更だが当然の事だ・・・ [母さんによる徒然・・・]
☆今もまだモリカケや相撲問題しかやらな いマスゴミ、何が日本国民の利益なのか意 図的に胡麻化す、第四権力化した反日・売 国・偏向マスゴミは要らない!。。。(# ゚Д゚)!!! http://ryotaroneko.ti-da.net/e10271096.html... [続きを読む]

« FNN世論調査結果 | トップページ | 専守防衛というアホ戦略 »