フォト

おすすめ本

  • 月刊Will1月号
  • 月刊hanada1月号
  • 月刊正論1月号
  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 大切な年金データが中国へ | トップページ | 一般競争入札が諸悪の根源 »

2018年3月20日 (火)

SAY企画のせいなのか?


『日本年金機構から委託されたおよそ500万人分の年金受給者の
データ入力を中国の業者に再委託していた東京 豊島区の情報処理会社
「SAY企画」の切田精一社長は、20日、NHKなどの取材に応じ、
「関係者の方にご迷惑をおかけして深くおわび申し上げます。
今後については、日本年金機構の指示を仰ぎながら対応していきたい」
と述べて謝罪しました。
切田社長の説明によりますと、再委託したのは中国・大連にある
データ入力会社で、切田社長みずからが設立に関わり、
現在も役員を務めているということです。
このため、グループ会社という感覚があり、再委託したという認識が
薄かったとしています。
そのうえで、中国の会社に再委託したのは年金受給者の氏名の入力だけだと説明し、
「個人情報の流出にはあたらないのでないか」などと話しています。』
(NHK NEWS WEB 3月20日 11時28分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180320/k10011372011000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

昨日のエントリーの続き。

日本年金機構が500万人分の年金受給者のデータ入力を
依頼していたのはSAY企画という会社だった。

今このSAY企画のホームページを見ようとしても
「ただいまメンテナンス中」の表示が出る。
http://www.say-p.co.jp/

日本年金機構という巨大で重要なデータを扱う機関が
データ入力を依頼する企業として、
ちょっとお粗末過ぎはしないだろうか。

社長の切田精一氏の説明によると、
チャイナの会社に依頼したのは年金受給者の氏名だけで、
マイナンバーなどのデータは渡していないという。

切田社長の言うことなど、とても信じられないが、
今回の事件はSAY企画だけの責任ではない。

こんなところに大切な個人情報を流出させた
日本年金機構の責任である。

今回の事件の責任者を明らかにし、
厳正に処分してもらいたい。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 大切な年金データが中国へ | トップページ | 一般競争入札が諸悪の根源 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

氏名だけを入力させるために、外部に委託するとは思えません。まして簡易体にしてしまって、漢字が日本とまったく違うシナの大連の企業に。

個人情報保護法違反で、刑法違反の厳罰に処するべきです。

もちろん、指摘のとおり、委託した年金機構の責任も重いです。
これも、長年の自治労連のサボりと業務改善の妨害を続けてきたひずみの影響です。彼らは、権利は主張しても責任を取りませんから性質が悪い。

コメントありがとうございます。私たちの大切な年金を扱っている機関とはとても思えませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SAY企画のせいなのか?:

« 大切な年金データが中国へ | トップページ | 一般競争入札が諸悪の根源 »