フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 内閣支持率の不思議 | トップページ | 拉致国家の東京五輪参加 »

2018年4月 3日 (火)

森友のち陸自日報


『政府が「存在しない」としていた陸上自衛隊の日報がまた見つかった。
防衛省が2日、陸自内での保管を明らかにしたイラク派遣時の日報。
事実上の「戦地派遣」と言われたイラクでの活動を記した日報が
公表されてこなかったことに、野党は反発を強めている。(後略)』
(毎日新聞 4/3(火) 0:00配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00000000-mai-soci

「次の追及の手がない。
新たな問題が出ないか、マスコミに期待している」
という立憲民主党議員の声に呼応するかのように、
唐突に陸自日報問題が蒸し返された。

マスコミはいくつかの政治ネタをプールしていて、
安倍政権を揺さぶる最適のネタを最適のタイミングで
発表しようと待ち構えているのだろう。

そもそも陸自日報問題は、憲法にこそ問題がある。

日本のような大国が、国際的な平和維持活動に
人的貢献を全くしなくてもいいのかどうか
ということが問われているのだ。

「日本は金だけ出して人は出すな」
ということなら仕方がないが、
「人的貢献もすべき」となれば、
憲法に手をつけざるを得ない。

平和が保たれていれば協力するが、
戦闘状態になれば逃げ帰る軍隊など、
国際的に通用しない。

安倍政権がその憲法改正を現実化しようとしたから、
こんなに安倍下ろしの動きが強まっている。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 内閣支持率の不思議 | トップページ | 拉致国家の東京五輪参加 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森友のち陸自日報:

» 偏向教育を糺せるのは国民・県民・市民が選んだ議員しかいない・・・ [母さんによる徒然・・・]
☆朝日新聞は、「政治家が賄賂を受け取っ た」「具体的に役所に口利きをした」という条 件を、「総理の友人だ」「役人が勝手に忖度 した」ということに置き換えているのです。 これは朝日新聞による恣意的な法律の改ざ んです。... [続きを読む]

« 内閣支持率の不思議 | トップページ | 拉致国家の東京五輪参加 »