フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 桜の木が切断される | トップページ | 内閣支持率の不思議 »

2018年4月 2日 (月)

コーヒーの発がん性警告

『米ロサンゼルスの裁判所は30日までに、
米コーヒーチェーン大手スターバックスなど販売業者に対し、
コーヒーに発がん性成分が含まれているとの警告を
表示すべきとの判断を下した。(後略)』
(産経ニュース 2018.3.31 08:01)
https://www.sankei.com/economy/news/180331/ecn1803310024-n1.html

原告の非営利団体は、発がん性が指摘される化学物質「アクリルアミド」が、
コーヒー豆の焙煎で生じるとして、この化学物質を取り除くか、
警告表示をするかのいずれかを求めているという。

判決では「原告側はコーヒーの消費で胎児から大人まで危険性が増す
との証拠を示した。一方で被告側の医療専門家の証言は、
因果関係に基づかない意見だった」としているが、
コーヒーをどの程度飲めば、どの程度ガンになる確率が高まるか
ということには触れていない。

農林水産省のホームページを見ると、「アクリルアミド」について、
「ヒトにおける健康影響は明確でないが、動物実験の結果及び日本人の
推定摂取量に基づき、公衆衛生上の観点から懸念がないとは言えない
と判断している」とのことだ。

しかしながら、「アクリルアミド」という化学物質は、
ポテトチップスをはじめ様々な加工食品に含まれており、
穀類や野菜などを120度以上で加熱することによっても
生まれるものであるらしい。

コーヒーの焙煎によって、
非常に大量の「アクリルアミド」が生成されるならともかく、
発がん性の警告というのは、
ちょっと行きすぎのような気もする。

もし、コーヒー製品に発がん性の警告を載せるのなら、
ポテトチップスなど「アクリルアミド」が含まれる
その他の食品にも警告が必要だろう。

そもそも、こうした警告表示が必要か否かを、
裁判官に判断する能力があるのだろうか?


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 桜の木が切断される | トップページ | 内閣支持率の不思議 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーの発がん性警告:

« 桜の木が切断される | トップページ | 内閣支持率の不思議 »