フォト

おすすめ本

  • 天皇の国史
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020

« 電車の防犯カメラをなぜ批判? | トップページ | しつこく繰り返す »

2018年4月10日 (火)

にわか大谷ファン


日本にいるときの大谷のプレーは、
ほとんど見ていなかったのだけれど、
メジャーリーグでの大谷の活躍は
凄いのひと言ですね。

毎日YouTubeでくり返し
楽しませてもらっています。

3試合連続ホームランに続いて、
今日はあわや完全試合の
痺れるようなピッチング。

これだけの活躍をしても
ケチをつける人はいるもので
張本や江本の大谷批判は
本当に五月蝿いです。

彼らの批判は、「二刀流などやめて
どちらか一本に絞れば、
より素晴らしい成績が残せるだろうに…」
というようなものでしょう。

彼らの価値観は、勝ち星とか、本塁打数とか、
従来の野球選手にとっての価値観に
縛られたものでしかありません。

3試合連続ホームランも、
ルーキーが2試合目であわや完全試合
という快投を見せるのも、
それ自体素晴らしいものではあるけれど
唯一無二のものとまではいえません。

しかしながら、3試合連続ホームランから1試合おいて、
同じ選手があわや完全試合というピッチングを見せたから、
我々はこれまでに無い感動を味わえるのです。

日本では誰よりも速いボールを投げ、
誰よりも遠くへボールを飛ばす選手だったから、
どちらかを選ぶなんてできなかった。

だから、これまで誰も挑戦しようとさえしなかった
二刀流の道を大谷は歩み始めたのです。

自分の狭量な物差しを絶対視し、
自信満々に批判を続ける張本や江本は、
口に栓をすべきでしょうね。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 電車の防犯カメラをなぜ批判? | トップページ | しつこく繰り返す »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にわか大谷ファン:

« 電車の防犯カメラをなぜ批判? | トップページ | しつこく繰り返す »