フォト

おすすめ本

  • 馬渕睦夫が読み解く
  • 日本の礼儀作法
  • 日本を破壊する種子法改正

« 愛媛知事・中村時広の怪文書 | トップページ | 日本は法治国家では無い »

2018年5月23日 (水)

アメフト騒動の素朴な疑問2


『(前略)悪質タックルについては「あのぐらいラフプレーにならない」
と答えた上で、「宮川はよくやったと思いますよ」と評価していた。
さらには関学の鳥内秀晃監督の「あれ(悪質タックル)で試合を壊された」
とのコメントを聞かされ、こう言い放っている。
「よく言うよ、何年か前の関学が一番汚いでしょ」(後略)』
(週刊文春オンライン 5/23(水) 16:00配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180523-00007477-bunshun-spo

上記は5月24日発売の週刊文春に掲載される
日大アメフト部・内田監督のコメントである。

今やサンドバッグ状態の日大・内田監督だが、
僕は今回の騒動に何か釈然としないものを感じて
5月20日に「アメフト騒動の素朴な疑問」
という記事を書いた。
http://otto-kanata.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-8431.html

要約すると、アメフトではラフプレーは常識のようで、
だから監督やコーチはそれを指示し、もちろん注意せず、
審判も一発退場にはせず、関学大も猛抗議しなかった
というものだ。

上記の文春の記事は、それを裏付けている。

今日の記者会見という名の人民裁判では、
もう内田監督もコーチもきれいごとしか言えず、
おかしな話になってしまっているが、
本音は週刊文春の記事通りだろう。

今回のラフプレーが大事件になったのは、
衝撃的な映像が撮れてしまったからだ。

パスをした後のQBに対して
宮川選手がタックルに行ったのは意図的なものだが、
パスをした後、そのパスが狙い通りにならず、
関学のQBが天を仰ぐような姿勢をとることは、
誰も予想できなかった。

普通なら、パスした後であっても、
後ろから誰かがタックルを仕掛けてきたら、
足音や気配で何となく分かるのではないか?

しかしながら天を仰いで完全に脱力したところに
強烈なタックルが入ってしまった。

そのシーンがテレビで何度も何度も
繰り返し映し出された。

そして、宮川選手から監督やコーチの指示が明かされ、
内田監督・日大アメフト部・そして日大本体の
悪魔化がはかられていく。

今日の記者会見などは、
STAP細胞の小保方さんの時にも感じたが、
まさに人民裁判そのもので、
ふだん人権を最も優先されるべきと主張している人々が
なぜ黙っているのだろうと不思議に感じる。

そもそも監督やコーチにばかり批判が集中しているが、
ルールを守らせるべき審判は何をしていたのか?

プレー外のところで起こったことにしても、
アメフトの審判は複数で行なっているのだから、
最初のラフプレーで退場の判断が
なされなかったことに問題はないのか?

宮川選手はヘルメットを殴る暴力行為によって、
やっと退場処分になったのである。

何度も書くが、最初の反則プレーを
日大側も、関学側も、そして審判さえもが、
それほど重大視していなかった証拠ではないか?

僕は日大出身でもなければ、日大関係者でもなく、
日大を庇う理由は何もないのだが、
今回のアメフト騒動には
何か政治的な臭いを感じてしまうのである。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright

« 愛媛知事・中村時広の怪文書 | トップページ | 日本は法治国家では無い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ラグビーやアメフトもあんなもん。
相撲協会と変わらない。
おぼちゃん可愛いそう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/66752455

この記事へのトラックバック一覧です: アメフト騒動の素朴な疑問2:

« 愛媛知事・中村時広の怪文書 | トップページ | 日本は法治国家では無い »