フォト

おすすめ本

  • 日本国紀
  • 馬渕睦夫が読み解く
  • 日本の礼儀作法
  • 日本を破壊する種子法改正

« 日本メディアも蚊帳の外 | トップページ | 国民から見離された民主党 »

2018年5月14日 (月)

性犯罪報道に基準はあるか?

『札幌市白石区のマッサージ店で、女性客の胸を触る
わいせつな行為をしたとして従業員の男が逮捕・送検されました。
井戸和也記者:「五十嵐容疑者が白石署から出てきました。
容疑者は一貫して容疑を否認。"自分は何もやってない"と話しています」
準強制わいせつの疑いで逮捕・送検されたのは、
札幌市白石区の五十嵐秀人容疑者です。
五十嵐容疑者は、今月5日、客として来店した30代女性に
必要なマッサージと誤解させて胸などを触った疑いです。
女性は「リンパが張っていると言われ胸を触られ、
卑猥な言葉も言われたと警察に被害を訴えていました。
警察の調べに対し五十嵐容疑者は「マッサージはしたが胸は触っていない」
と容疑を否認しています。』
(UHB 北海道文化放送5/11(金) 10:30配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00000005-hokkaibunv-hok

僕がこのニュースを取り上げたのは、
胸を触った程度の疑いで、
名前も顔も晒されてしまっているのを
不思議に感じたからだ。

マッサージ店という密室での出来事で、
本人は一貫して容疑を否認している。

警察が、準強制わいせつの疑いで逮捕・送検したということは、
それなりに自信があってのことだと思われるが、
マッサージ室の中には監視カメラはないだろうし、
普通はタオルをかぶせてその上からマッサージするので
肌に直接触らない限り胸に指紋も残らない。

恐らく証拠は、被害者の供述だけではないか?

猥褻行為の前科があるとか、
このマッサージ店でそうした行為が繰り返されていた
というなら話は別だが、
「胸を触った」という疑いだけなら、
今回の報道は行きすぎではないか?

レイプや殺人事件などの凶悪犯罪であっても、
被害者情報ばかりが晒されて、
容疑者の名前や顔写真がなかなか出ないケースもある。

たかだか胸を触った触らないの微罪で、
本人が否認しているにも関わらず、
名前も顔も繰り返し晒してしまって
大丈夫なのだろうか?

こうした犯罪報道の基準がどうなっているのか
知りたいところだ。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。upwardright


« 日本メディアも蚊帳の外 | トップページ | 国民から見離された民主党 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

性犯罪がどんなものであるかの基準と、それを報道する基準ですね。二重構造になっている。
それが二重の曖昧さを包含していて、整理されないまま、有罪無罪が決まっている。
情報発信の利権を持つ者による、恣意的な判断が紛れ込む余地が大きいという現状。
「被害者」を救うのはいったい誰なのか。

コメントありがとうございます。マッサージ店で胸を触った触らない程度の微罪で、メディアが顔と名前を公表するのは普通のことなのか?僕にはわからないけれど、被害者の女性が嘘をついていたら、この容疑者の名誉回復はどうやってはかるつもりなのだろう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/66720074

この記事へのトラックバック一覧です: 性犯罪報道に基準はあるか?:

« 日本メディアも蚊帳の外 | トップページ | 国民から見離された民主党 »