フォト

おすすめ本

  • 月刊will9月号
  • 月刊hanada9月号
  • 月刊正論9月号
  • 日本人よ強かなれ
  • 疫病2020
  • 地上最強の男
  • 習近平が隠蔽したコロナの正体

« 罪なき行為で裁かれる恐怖 | トップページ | アメフト騒動の素朴な疑問2 »

2018年5月22日 (火)

愛媛知事・中村時広の怪文書

『(前略)獣医学部新設を巡っては、今月10日の衆参予算委員会に参考人として
出席した柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)が15年4月2日、
首相官邸で学園関係者と面会したと認め、
愛媛県や同県今治市の関係者が同席していた可能性も認めている。
文書は、面会直前の15年3月、愛媛県職員が加計学園関係者らと交わした
やりとりを記録したもの。
学園関係者が県に、学園の加計孝太郎理事長が安倍首相と15年2月25日に
15分程度、面会したと報告したと記されていた。
同じ内容は今治市長にも伝えられたとの記述もあった。
公表された文書はほかにもあった。
文書には、4月2日の面会時の柳瀬氏の発言を詳しくまとめたとする
「概要メモ」もあり、柳瀬氏が「獣医学部新設の話は総理案件になっている。
なんとか実現を、と考えている」と語ったと記述。
概要メモにはさらに、学園側が柳瀬氏との面会で話した内容として、
「懸案として、安倍総理が文科省からの宿題を返せていないという話があり、
そのことを心配されていたと聞いたが」との記載もあった。』
(毎日新聞 5/21(月) 21:46配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00000097-mai-soci

この記事を読んで、すぐにおかしいと気づくのは、
これまで「首相案件」と書かれていたものが
「総理案件」に変わっていることだ。

柳瀬氏が国会で「首相」という言い方はしない、
という発言に対応したのだろうが、
これは3年も前のメモなのである。

「首相」と言わないから「総理」に変わったのは、
今変えたとしか思えないではないか。

しかも、15年2月25日に加計孝太郎理事長と安倍首相が
面談したということも、分刻みで首相のスケジュールが
書き残されている当時の「首相動静」をみても、
確認できないという。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052101153&g=pol

反日グループの時事通信は「密会」の可能性を臭わせているが、
一日中多くの記者に見張られている安倍総理が、
誰にも見つからずに人と会うことは困難だし、
友人の話を聞くくらいのことで
なぜ「密会」しなければならないのか?

今回の怪文書を公表した、
あの青白い顔をした不気味な愛媛県知事・中村時広は、
国会議員時代は「日本新党→新進党」という
ヤバイ政治家が辿る黄金コースを歩んでおり、
今は麻生財務相や安倍総理の責任を声高に叫ぶ
自民党の村上誠一郎に近い人物だという。

そんな人物が出した怪しげな文書が、
何の証拠になるのだろう?

今回の件で追い込まれるのは安倍総理ではなく、
愛媛県知事・中村時広ではないか。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。


« 罪なき行為で裁かれる恐怖 | トップページ | アメフト騒動の素朴な疑問2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そうですね。怪しいのは愛媛県としか思えません。そして、一斉に報道した機関のどこかです。

>15年2月25日 (当時の愛媛県知事は中村氏)
各新聞社には首相番がいて、首相に張り付いていて、新聞に首相動向を逐一載せています。
当該日付の安倍首相の動向は、各社の首相動向記録は一致しており、どこにも安倍首相が知人と密会したらしき記述はないそうです。

天下の朝日新聞もそうでしたが、この点をネットなどで指摘されてから、その日付の記録だけが削除されたそうです。
なんでかな~?

策士、策に溺れる・・・。いや、詐欺師、詐欺に溺れるというべきかな。

コメントありがとうございます。この怪文書、急速に消えつつありますね。その日のうちに嘘がバレ、今度はまた籠池が保釈されて、森友に戻るんでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛知事・中村時広の怪文書:

« 罪なき行為で裁かれる恐怖 | トップページ | アメフト騒動の素朴な疑問2 »